クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 3-4 車両保険は免責を付けるのが得

カテゴリ : 保険編 / 日時: 2007年08月09日

 

【ここがポイント】
免責をつけても自腹を切る必要のないケースが意外と多い

車両保険をかけたいが、掛け金が高くて二の足を踏んでいる人も多いだろう。そこでおオススメしたいのが免責を付けることだ。それも1回目から10万円の免責を付けてしまおう。これなら保険料は半額近くまで安くなる。

いくら安くなっても免責があっては意味がない、という人も多いだろうが、ここで確認したいのが、どんなケースが免責になるかということ。多くの人はここを勘違いしている。

免責10万円といえば、保険を使うときは必ず10万円が差し引かれる、とほとんどの人が考えるだろうが、実はそうではない。まず分かりやすい全損の場合。驚くかもしれないが、全損の場合は免責は関係ない。100万円の車両保険がかけてある自動車が事故で全損になれば、たとえ免責10万円であっても、関係なく100万円が支払われるのだ。

つぎに分損の場合。分損では確かに車両保険から出る金額は免責分を引いた金額になるが、相手にも過失がある事故では、相手からの支払いから、最初に免責分が充当されるので、実質的には免責はないのと同じになる。分かりにくいので例を挙げて説明しよう。

過失割合が3:7の事故でこちらの修理費が100万円の場合、相手から払って貰えるのが70万円、こちらが30万円になる。こういった場合、車両保険からは30万円ではなく、修理費100万円から免責を引いた90万円が支払われ、10万円は形の上ではいったん自己負担になる。示談成立後、相手から70万円の支払いがあると、そこからまず、自己負担した10万円が返却され、残り60万円が保険会社に回収される。つまり、自己負担はゼロになるのだ。もちろん、追突など相手の過失のない事故では自己負担が発生するし、相手の過失割合が非常に小さい場合は、相手の支払いから免責分を全額充当できないケースもある。しかし、そういったケースはあまり多くないだろう。

ちょっと説明がややこしくなったが、要するに免責分を差し引かれるのは『分損で、かつ相手に過失割合のない事故』または『自損事故』だけなのだ。だから、免責を付けてもそれほど保証内容が悪くなるわけではなく、その割に保険料は非常に安くなる。

【これが結論】
車両保険は免責を付けたほうが圧倒的に得!


<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1047

サーラカーズジャパン

京阪地区のプジョー中古車正規販売店 ユーロモータース株式会社

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 車両保険は免責を付けるのが得