クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 2-13 事情が許せば個人売買でさばく

カテゴリ : クルマ購入編 / 日時: 2007年06月21日

 

【ここがポイント】
一番高く売れる方法が個人売買。買い取りや下取りよりずっと得。

買い換えなどで愛車を処分する場合、下取りや買い取り専門店よりもはるかに高額で処分する方法がある。いうまでもなく個人売買で売ることだ。

個人売買というと買う方から考える人が多いが、実は買うよりも売る方がずっとうま味があるのが個人売買だ。買う場合は故障車や程度の悪い車両を掴まされるなど、ある程度のリスクがあるが、売る側のリスクはほとんどない。名義変更が確実に行われるようにすることだけ気を付ければ、トラブルになることは無いといっていいだろう。それでいて、金額的なメリットは大きく、下取りや買い取りより数十万円も高く売れることも珍しくない。また、下取りでは値が付かず、逆に処分料を請求されるような車両でも、ネットオークションならある程度の値段で売れる可能性がある。

もちろん、デメリットもある。個人売買ではいつ売れるか分からないので、買い換えの場合でも、新しく買う自動車とタイミングよく入れ替えることはできない。新しい自動車が納車してから売りに出せば、一時的に2台所有することになり、置き場所などに困るし、それを見越して早めに売りに出すと、今度はあっという間に売れてしまう可能性もある。また、ネットオークションに出品するには、写真を撮影したり、入札者の質問や現車確認に対応したりと、下取りに出すのとは比べものにならないほど手間がかかることも覚悟しなければならない。

【これが結論】
売る方にはリスクはあまり無い。手間をかけてもやる価値は高い。

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1005

サーラカーズジャパン

サンヨーオートセンター グループ

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 事情が許せば個人売買でさばく