クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 2-15 残価設定ローンは得か損か?

カテゴリ : クルマ購入編 / 日時: 2007年07月05日

 

【ここがポイント】
残存価値が保証されるかどうかが重要

リースと並んで新車購入の選択肢の一つとなっているのが残価設定ローンだ。これは、3年後にその自動車を販売店に売却することを前提に、その買い取り額、つまり残存価値を差し引いた金額でローンを組むというシステム。リースと似てはいるが、やはり別物で、自動車税などの維持費も自分で支払う。また、3年後は必ず売却しなければならないわけではなく、残存価値分の金額を新たに支払って、自動車に乗り続けることも可能だ。

残価設定ローンのメリットはローンを組む金額が少なくなり、毎月の支払額が少なくなること、と一般的に言われている。それはウソではないが、現在では一般のマイカーローンでも5年以上の長期ローンが一般化しており、そういった長期のローンと比較して本当に毎月の支払いが安くなるといえるのか、疑問が残る。つまり、残価設定ローンで購入して3年後に売却するのと、6年くらいの長期ローンで購入して3年後に売却し、そのお金でローン残債を一括返済するのとは、結局同じことではないか、ということだ。

上記の比較の場合、長期ローンでは、3年後に売却しても、そのときの金額が予想外に下がっていると、ローン残債を一括返済できず、思わぬ損をすることがあり得る。したがって、残価設定ローンの本当のメリットは、3年後の残存価値が確定しているので、愛車の中古相場が予想外に下がってしまうリスクを避けられる点だといえる。逆にデメリットとしては、購入、売却時に自由度が少ないことが挙げられるだろう。購入時のローンは販売店で組まなければならず、たくさんの銀行を比較して金利の安いマイカーローンを選ぶといったことはできない。もし販売店の金利が高ければ、残価設定ローンのメリットも吹き飛んでしまいかねないのだ。また、売却時もその販売店に売却するわけだから、多くの買い取り店を回って一番高いところに売るとか、個人売買で高く売るといったことがやりにくくなる(絶対にできないわけではない)。

それと、これがもっとも重要なポイントなのだが、残価設定ローンを利用するなら、その内容をよく見極めること。ひとくちに残価設定ローンといってもその内容は販売店によってさまざま。もっとも注意すべき点は、3年後の残存価値が保証されているかどうかだ。保証されていいれば前述のように愛車の中古相場が予想外に下がってしまうリスクを避けられるが、保証されていない場合、相場が下がれば買い取り価格も下がり、思わぬ追い金が必要になる。

【これが結論】
残価が保証されており、ローン金利も安ければメリットがある。残価が保証されていないなら手を出さない方がいい。

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1021

サーラカーズジャパン

私立大学医学部受験を決めたら 私立大学医学部に入ろう!ドットコム

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 残価設定ローンは得か損か?