クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 5-7 各種割引が乱立するETCの割引きを使いこなす

カテゴリ : カーライフ編 / 日時: 2008年01月03日

 

【ここがポイント】
ETCの割引きは気を付けていないと効率よく利用できない

ETCの普及促進のために始まった各種の割引が乱立状態になっている。これを利用しない手はない。

ETC割引といえば主役はマイレージサービスだ。申し込み手続きさえしておけば、とくに注意しなくても割引を受けられるが、注意点もある。重要なのは、ポイントを大量に貯めないと割引率が低いこと、それに、ポイントが2年で消えてしまうことだ。それを考えると、例えば夫婦で別々のETCカードを持っているとしても、高速道路の利用が少ないなら、1枚のカードを二人で使った方がいい。

たとえば、2年間で夫が4万円使って800ポイント獲得し、妻が1万円使って200ポイント獲得した場合で考えてみよう。別々のカードだと夫の800ポイントは、600ポイントが2500円還元、200ポイントは500円還元となる。一方、妻の200ポイントは500円の還元なので、夫婦の合計では3500円の還元になる。しかし、1枚のカードで支払っていれば、1000ポイント獲得となり、なんと8000円の還元になるのだ。同じポイントでも還元額は2倍以上も違ってしまうのである。

ETCではマイレージサービスのほかに大きな割引として、通勤、深夜、早朝夜間の各時間帯割引がある。それぞれ適用される時間が決まっている訳だが、いくつもの高速道路を乗り継いで遠出するときなど、いつ出発すれば割安になるのか分かりにくい。そこで利用したいのがインターネット上のサービス、ハイウェイナビゲータ(http://www.hinavi.jp)だ(※編集部注)。

ハイウェイナビゲータは目的地までの有料道路の利用料金や所要時間を調べるためのサービスだが、出発時間の設定を変えることで、いつ出発すれば効率的に時間帯割引を利用できるかがすぐに分かる。時間帯割引は割引率が非常に大きいだけに、5分違いで利用できなかった、などといったことは絶対に避けたい。

【これが結論】
マイレージサービスきのポイントのため、1枚のETCカードを家族で使い回すのが得

※編集部注
高速道路の料金検索サービス「ハイウェイナビゲータ」は現在サービスを終了しています。
高速道路の料金検索は下記WebSiteをご利用ください。
NEXCO西日本
NEXCO中日本(高速日和)
NEXCO東日本(ドラぷら)

ETCマイレージサービスの概要(NEXCO管轄道路)
ポイント:料金50円ごとに1ポイント獲得
ポイント還元:
ポイント 還元額 割引率
100 200円 4%
200 500円 5%
600 2500円 8.3%
1000 8000円 16%

ポイント有効期間:最大2年。今年度(4月~翌3月に獲得したポイントは翌年度末で消失。

<次回に続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1221

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 各種割引が乱立するETCの割引きを使いこなす