クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 4-1 車検&メンテ編 -序章-

カテゴリ : 車検&メンテ編 / 日時: 2007年09月13日

 

車検について正しく理解すべし

車検とは、自動車に安全に関わるような故障、不具合がないかを検査する制度で、一般的な乗用車なら最初の車検は新車から3年、以降は2年ごとに受けなければならない。このくらいのことは、誰でも知っているだろう。しかし、それでも車検の内容については多くの誤解がある。例えば、車検に必要な費用はいくらかというと、厳密に「車検費用」といえるのは1400円程度でしかない。一般的に車検といえば10万円前後の費用がかかるが、それは車検に際して必要になる重量税、自賠責保険料、点検整備費用、車検を代行してもらう手数料などを合計した金額だ。

重量税や自賠責保険料は節約のしようがないが、点検整備費用や代行費用についてはよく考える必要がある。

車検前に行う24ヶ月点検とは

車検はあくまで検査をするだけで、整備は含まれていないが、車検と同じように法律で義務づけられている整備として24ヶ月点検がある。この点検と、それに伴う整備は車検の前後いずれかに行わなければならない。車検の前にやっておくのが一般的だ。

車検が安いとか高いとかよくいわれるが、その価格の差のほとんどは、実は車検そのものではなく、24ヶ月点検の内容による。ディーラーの車検では、トラブル防止のために整備の時点では問題ない部品まで交換し、高額な料金になってしまうこともあるし、逆にユーザー車検代行のように、実質的にはほとんど何の整備もしない場合もある。

整備をしなければ安くなるのは当たり前だが、それでは安心できない。かといって、あまりに過剰な整備も無駄だ。

日頃のメンテナンスは必要?

現代の自動車はほとんどメンテナンスフリーで、日頃の点検、整備に気を遣う必要はない。また、維持費の節約という意味でも、お金のかかるメンテナンスはしたくない。ただし、節約したいからこそメンテナンスが必要になることもある。

例えば、車検を安く済ませるために最低限の整備しかしなかったのなら、日頃の点検、整備はそれなりに必要だ。日頃も何もしない、車検でも何もしない、ではいくら信頼性の高い日本車でも壊れる。定期的な点検は必要ないにしても、不調を感じたら早めにプロにチェックしてもらうとか、そういった気遣いが必要になる。

また、エンジンのエアフィルター、タイヤの空気圧は、こまめに点検や調整をしなくても致命傷になることはほとんどないが、そのかわりに確実に燃費悪化を招く。このふたつだけはそれなりのメンテナンスを心がけたほうがいいだろう。

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1090

サンヨーオートセンター グループ

京阪地区のプジョー中古車正規販売店 ユーロモータース株式会社

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 車検&メンテ編 -序章-