クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 4-2 ユーザー車検がもっとも安上がり

カテゴリ : 車検&メンテ編 / 日時: 2007年09月20日

 

【ここがポイント】
車検と整備は別物。整備は難しいが車検は誰でもできる。

車検をもっとも安く済ませる方法、それがユーザー車検だ。業者にやって貰えば、整備を別にしても車検を代行してもらう手数料だけで最低1万円程度はかかるが、自分でやればその分を節約できる。ユーザー車検は平日の昼間しかできないことがネックだが、時間は意外と短く済み、午前中だけで終わらせることも可能。これならなんとか都合のつく人も多いだろう。

ユーザー車検は、普通車なら最寄りの陸運局陸運支局、軽自動車なら軽自動車検査協会の事務所に自動車を持ち込んで行う。やり方は簡単だし、分からなければ検査をする陸運局などで聞けば、親切に教えてくれる。ただし、24ヶ月点検は別途行わなければならない。

法的にはユーザー自身が24ヶ月点検を行っても構わないし、その際には整備士免許などは必要ない。とはいっても、さすがにこれは誰でもできるものではないから、現実的には24ヶ月点検だけを業者にやってもらうことになるだろう。車検を引き受けてくれる整備工場やディーラーなら、24ヶ月点検だけでもやってもらえるはずだ。

24ヶ月点検を業者に依頼すれば、車検代行手数料は節約できるが、トータルの費用は後で説明するユーザー車検代行よりも高くなってしまうだろう。しかし、整備する内容から見れば確実に割安で、合理的なやり方といえる。なお、機械いじりが得意な人なら、少し勉強すれば24ヶ月点検を自分でやることもそれほど難しくはない。その場合は金銭的なメリットは最も大きくなる。

【これが結論】
整備だけ業者に頼み、車検は自分でやって代行手数料を節約。

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1118

モトスクエア名古屋イースト / 名古屋ウエスト- Moto Square

大阪府においてプジョー正規ディーラーを3拠点、シトロエン正規ディーラーを1拠点を運営するユーロモータース株式会社

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > ユーザー車検がもっとも安上がり