クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 4-3 ユーザー車検代行とは

カテゴリ : 車検&メンテ編 / 日時: 2007年09月27日

 

【ここがポイント】
安いのは整備をしないから

その名の通り、ユーザーの代わりにユーザー車検をしてくれるのがユーザー車検代行だ。価格が非常に安いため、急速に普及してきた。

一口にユーザー車検代行といっても実はいろいろあるのだが、一般的にユーザー車検といえば、点検整備は必要最低限、あるいはそれ以下。安いといっても内容は安いなり、ということだ。ただ、だからといってユーザー車検代行がよくないわけではない。

繰り返しの説明になるが、車検は点検整備とそのほかの部分に分けて考える必要がある。整備以外の部分は重量税、自賠責保険料など、決まった金額の部分が多く、業者の取り分は1~2万円程度の代行手数料しかない。一方、点検整備費用は、全くやらなければ0円となりうるし、しっかりやれば10万円以上もかかる。ユーザー車検代行ではこの点検整備の部分がほとんど無いので安くて当たり前だが、そのことを理解して利用するならメリットは大きいのだ。「理解して利用する」とは、省略した点検整備はいずれ別の機会にやらなければならないということ。いつもユーザー車検代行で車検を通し、それ以外の点検整備も一切しないなら、確実に自動車は壊れる。

自動車にある程度の知識のある人なら、車検時にいろんな部分を一斉に点検整備しなくても、簡単な点検は日常的に自分でやるとか、不具合が発生したらそれを初期段階で察知して、その都度整備に出すということは可能だ。そういったことができる人なら、ユーザー車検代行は大いに利用するべきといえる。しかし、そういった知識がないならそれなりに注意が必要。日本車は信頼性が高いので、新車から初回の車検とか、走行距離が少ない自動車ならユーザー車検代行でもあまり問題ないが、それでも、そのつぎの車検は点検整備をしっかりするべき。また、ユーザー車検代行といってもユーザーの要望に応じて点検整備をする業者もあるので、よく説明を聞いて利用することも必要だ。

【これが結論】
整備無しの車検であることを理解してうまく利用すべし

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1138

サーラカーズジャパン

私立大学医学部受験を決めたら 私立大学医学部に入ろう!ドットコム

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > ユーザー車検代行とは