クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 5-8 ハイオク仕様にレギュラーを入れるとどうなる?

カテゴリ : カーライフ編 / 日時: 2008年01月10日

 

【ここがポイント】
レギュラーを入れても壊れることはない

ガソリンがこれだけ高くなってくると、ハイオク仕様のクルマでも、ついレギュラーを入れたくなる。実際にこれをやるとどうなるのか? よく知られていることだが、エンジンが壊れるとか不調になる、あるいは燃費が急激に悪化するというような、あからさまな不具合はない。

そもそも、ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価の違いであり、オクタン価とはアンチノック性を示す。これではなんのことか分からないので簡単に言うと、オクタン価が高いほど、火がつきにくいガソリンだということだ。

ガソリンエンジンはガソリンと空気を混ぜた混合気を圧縮してから火を付け、その爆発力がパワーの源となる。パワーや効率を追求するには、圧縮するときにより小さく圧縮する、つまり高い圧縮比にした方がいい。しかし、そうすると圧縮する過程で混合気が高温になり、点火プラグで火を付ける前に自然発火してしまう。これがノッキングという現象で、エンジンにとってはもっとも避けなければならない最悪の状態だ。

ハイオク、つまりアンチノック性が高いということは、勝手に自然発火しない、火がつきにくいガソリンだということ。だから、ハイオクガソリンの使用を前提にエンジンを設計すると、圧縮比を上げることができてハイパワーにしやすい。

話を元に戻すと、ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを入れれば、当然ながらノッキングが起きやすくなる。しかし、最近の市販車であれば間違いなくノッキングを防止する装置が付いているので、実際にはノッキングは起きない。ただ、ノッキングを抑える制御をすることによって、そのときのパワーは落ちることになる。

なお、チューニングカーや古いクルマでノッキングを防止する装置がついていない場合は、ハイオク仕様のクルマにレギュラーを入れることは絶対にしてはいけない。エンジンが致命的なダメージを受けてしまう可能性がある。

【これが結論】
ハイオク仕様にレギュラーを入れても問題ない。ただし、継続的に入れるなら、そもそもハイオク仕様のクルマを買ったことが無駄といえる。

<おわり>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1222

サンヨーオートセンター グループ

サーラカーズジャパン

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > ハイオク仕様にレギュラーを入れるとどうなる?