クルマの購入費や維持費のこと、保険のこと、税金のこと…。 クルマに関するおトクな情報、知らなかった新常識を網羅! お金を節約するためのテクニックを、どうぞお見逃しなく!

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)


快適カーライフ実践アドバイス 2-2 未走行車(新古車)は得なのか?

カテゴリ : クルマ購入編 / 日時: 2007年04月05日

 

【ここがポイント】
車両そのものは新車と同じ
車両価格、諸費用とも安くなり納車も早い

 最近よく見かけるようになった未走行車。これはどんな商品なのか?

 まず未走行車、あるいは未使用車、それに新古車という言葉の違いだが、意味は同じだ。もともと新古車といわれていたが、この言葉は誤解を招くとして使用が禁止されているので、未走行車とか未使用車といわれるようになった。ここでは未走行車で統一する。

 未走行車とは、登録してナンバーを取得してある、つまり、書類上は中古車だが、車両自体は全く使用していない新車の状態にある車両のこと。なぜこのような車両があるかというと、もともとは新車の販売競争の副産物といえる。販売店が厳しい販売ノルマを達成するため、自社で新車を購入してノルマを達成。あとでその車両を未使用のまま販売するのだ。だから書類上は、一度販売店に購入された中古車だが、実質的に新車ということになる。

 最近になって未走行車をよく見かけるようになったのは、販売ノルマとは関係なく積極的に未使用車を作り出す販売店が出現してきたため。新車は注文してから納車までに時間がかかり、人気車だと半年待ちということもある。そこに目を付けた販売店が、自社で新車を購入し、未走行車として販売するようになった。未走行車なら車両はすでにあるので、数日で納車できるのだ。

 未走行車はこのように納車が早いというメリットのほか、新車より割安になっていることが多く、さらに書類上は中古車なので取得税などの税金が安く、価格的なメリットもある。反面、すでにそこにある車両を買う訳なので、希望の車種、グレードが販売されているとは限らないボディカラーを選んだり、メーカーオプションを取り付けることができないといったデメリットがある。

 結論として、ボディカラー、グレード、装備などが自分の希望通りの未走行車が運良く見つかれば、メリットは大きいといえる。ただし、新車の納車待ちが半年以上になるような人気車だと、あえて新車より割高に販売しているケースもある。納車が早いメリットを取るならそれもいいが、価格重視なら注意が必要。見積もりを取ってよく検討しよう。

【これが結論】
運良く希望通りの車種、グレードが見つかれば買い! そうでなければ価格メリットと妥協点を熟考すべし

<次回へ続く>

著者:山田正昭(Masaaki Yamada)
著者ブログ:http://y2garage.sblo.jp/

 
Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/812

サンヨーオートセンター グループ

私立大学医学部受験を決めたら 私立大学医学部に入ろう!ドットコム

 

現在の位置:ホーム > 快適カーライフ実践アドバイス > 未走行車(新古車)は得なのか?