DSRCを活用した携帯電話向け情報提供サービス社会実験

カテゴリ:社会実験・各種検証 / 2007年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

総務省東海総合通信局が開催する「ITSスマートモール検討会」では、2007年3月に豊田市・名古屋市にてITSを活用した社会実験を実施する。これは、ITSスマートモール検討会が行った平成17年度の検討結果に基づき、その内容をより発展させ実用化に近づけたもの。
社会実験は全部で3つを予定しており、それぞれの社会実験は以下の通り。

【1】DSRCを活用した携帯電話向け情報提供サービス社会実験
【2】視覚障害者のための携帯電話を活用した公共トイレ案内社会実験
【3】MCA無線を活用した情報掲示板の展示

それぞれの内容について、順次お伝えしていく予定。まずは「DSRC(※1)を活用した携帯電話向け情報提供サービス社会実験」の詳細を以下に掲載する。


【1】DSRC(※1)を活用した携帯電話向け情報提供サービス社会実験

●実験概要:
 公共駐車場にDSRC路側機を設置し、ETC車載機搭載車両(利用者)が駐車場に進入する際、DSRCでETCの機器コードを読み取る。あらかじめ登録された利用者の携帯電話メールアドレス向けに地域情報を提供する。

●実施時期:
平成19年3月1日(木)~平成19年3月14日(水)

●実施場所:
愛知県豊田市若宮町1-1 TM若宮パーキング

■実験への参加方法:
(1) ETC車載器を搭載した車両と、メール機能を利用できる携帯電話が必要です。
(2) 登録後は、駐車場を利用するたびに駐車場周辺の地域情報が、登録した携帯電話にメールとして届きます。
(3) 参加者には簡単なアンケートへの協力を依頼する予定です。
(4) 登録方法:TM若宮パーキングにクルマを入庫後、受付カウンターに申し出てください。係員がETC車載機コードと情報を送信する携帯電話のメールアドレスを確認します。

■登録受付
受付日時:2月25日(日)~3月14日(水) 午前10時~午後4時(最終日は12時まで)
受付場所:TM若宮パーキング1階(豊田市ITS情報センター「みちナビとよた」受付カウンター)
○登録作業は10分程度で終了の予定


※1
DSRCとは・・・
Dedicated Short Range Communicationの略。「専用狭域通信」という。すでに実用化されている例としてETC(ノンストップ自動料金支払いシステム)がある。その他、ガソリンスタンドや駐車場の決済などでも一部実用化が始まっている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/762

 

現在の位置:ホーム > ITS DAYS > DSRCを活用した携帯電話向け情報提供サービス社会実験