愛知県ITS推進協議会・講演会/平成22年度総会

カテゴリ:講演・セミナー / 2010年07月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
100723-1.jpg
広島大学大学院国際協力研究科 教授 藤原章正 氏

7月23日(金)、名古屋市中区・名古屋ガーデンパレスにて、愛知県ITS推進協議会の平成22年度総会が開催された。開催に先立ち、広島大学大学院国際協力研究科・藤原章正教授による講演が開催された。講演テーマは「安全なモビリティ社会の実現に向けた取り組み状況と今後の展開」。

2008年度に実施された広島地区におけるITS公道実証実験の概要が説明された。実験には藤原教授の広島大学をはじめ(社)新交通管理システム協会(UTMS協会)、マツダ(株)、NEXCO西日本、国交省広島国道事務所、といった組織が参加。広島市内各所において、追突防止支援システムや出会い頭衝突防止システム、速度超過注意喚起システム等を使った実証実験を同時に行う、という大規模な取り組みの模様が紹介された。

講演終了後は、愛知県ITS推進協議会の平成22年度総会が開催された。愛知県・片桐正博副知事はじめ警察省、総務省、経済産業省、国交省、ITSジャパンの各代表が列席する中、平成21年度事業報告と、平成22年度活動方針が満場一致で承認された。

また、平成21年度事業報告の中で、早稲田大学環境総合研究センター・石太郎氏より「あいちITS大学セミナー」の具体的な活動報告が行われた。このセミナーは、ITSを推進する各界のキーパーソンを講師に迎えて行われるもので、セミナーを受講した学生を対象にしたアンケート調査結果も紹介された。
中部地区において、過去5年の間に愛知県内学生の運転免許保有率は減少しているとは言えない、とする分析結果が示されるなど、東京都市部と地方との意識の違いを感じさせる興味深い内容だった。

愛知県ITS推進協議会では、今後も引き続き大学セミナー開催等を通じたITS啓蒙活動に取り組んでいく予定だ。また2年後に開催が予定されている「あいちITSワールド2011」も、実施に向けた具体的な活動が現在進められている。
全国が注目する日本の“ITS推進エンジン”として、愛知県ITS推進協議会の活躍に今後も期待していきたい。

【安原武志(DAYS Inc.)】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1466

 

現在の位置:ホーム > ITS DAYS > 愛知県ITS推進協議会・講演会/平成22年度総会