愛知県ITS推進協議会/平成26年度講演会・総会

カテゴリ:講演・セミナー / 2014年07月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

名古屋市中区・名古屋ガーデンパレスにて、愛知県ITS推進協議会の平成26年度講演会&総会が開催された。日本大学理工学部交通システム工学科・轟朝幸教授による講演が行われ、テーマは「公共交通維持活性化のための情報インフラ整備 -交通ビッグデータの活用-」。

日本大学理工学部交通システム工学科・轟朝幸 氏将来に渡る日本の課題である地域活性化や高齢化社会への対応、低酸素社会への対応として、ITSを駆使した先進モビリティが果たす役割は大きい。特に地域活性化について、その鍵となるのは、過度のクルマ依存を是正し、公共交通の利便性を高めて利用者数を増やすこと、とする見解が紹介された。

また講演では、お隣の韓国が実施した公共交通サービス向上施策が映像で紹介された。自治体(ソウル市)が主体となり、日本では考えられないほどドラスティックな改革を断行した成果が紹介されており、その手法を単純に真似ることはできないものの、たいへん参考になるケースのひとつと言えるだろう。

最後に、いわゆるビッグデータの利活用における検討課題も挙げられた。ビッグデータは個人情報の集積であり、その取り扱いには十分な注意が必要であるだけでなく、一部の大企業を除いて、ビッグデータ分析技術もまだまだ成熟しているとは言い難い状況にある。こうした状況を踏まえ、ビッグデータ利活用に挑戦する自治体等を適切に調整、あるいはエスコートできる「アドバイザー」の役割を持った存在が重要である、と語っている。

中部地区のみならず日本のITSを牽引してきた愛知県ITS推進協議会は今年で創設18年目を迎えるが、ITSが果たすべき役割はまだまだ多く残されている。特に昨年、閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」中にある「交通事故による死亡者数を2018年までに2,500人以下に抑える」という挑戦的な目標は、必ず達成しなければならない重要な課題のひとつだ。ITSのさらなる挑戦と技術革新を続けることで、きっとそれは可能になるはずだ。

【安原武志(DAYS Inc.)】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1769

 

現在の位置:ホーム > ITS DAYS > 愛知県ITS推進協議会/平成26年度講演会・総会