愛知県ITS推進協議会・第61回セミナー開催

カテゴリ:講演・セミナー / 2012年11月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

11月30日、名古屋市中村区の名古屋国際センター5階第一会議室で、愛知県ITS推進協議会の第61回セミナーが開催された。


hattori.jpg
上智大学理工学部情報理工学科客員教授 服部 武 氏



suzuki.jpg
株式会社KDDI研究所 スマートワイヤレスグループGL 鈴木信雄 氏

この日の講演は「ITSの内外の動向とスマートフォンを用いたITSの期待と課題」と「無線LANとクルマの新しい関係」の二本。ITSはスマートフォンを中心とした世界へ一気になだれ込んでいる感があるが、今回もその方向性の講演となった。

まず上智大学理工学部情報理工学科客員教授の服部武氏が、ITSに関わる国際動向、我国の政府の政策動向やITSに関するタスクフォースの動向、携帯通信の高度化とスマーフォン市場動向、スマートフォン向けテレマテックスITSサービスの動向、実現に向けた制度的技術的課題と今後の方向性、と現状の大枠を講演。

特にHTML5とITSに関しては、スマートフォンがPCとは異なりHTML5に標準で対応しており、iPhoneとアンドロイド端末の差もないため、スマホ利用のITSはHTML5にとっては格好の題材となるとした。

次に「無線LANとクルマの新しい関係」というテーマで、KDDIスマートワイヤレスグループグループリーダー、鈴木信雄氏が講演。公衆無線LANの利用が拡大していく中で、スマートフォンをつなげる無線LANの様々な可能性に言及した。

290Mbpsから6.9Gbpsの速度を出せる『IEEE802.11ac』、移動しながらアクセスポイントへ100ミリ秒という一瞬でつながり、多くのユーザーが繋げられる『IEEE802.11ai』、アンドロイドやWindows8に標準サポートされ、アクセスポイントなしでWi-Fi同士が接続できる『Wi-Fi Direct』、Wi-Fi間で動画像を転送する規格『Miracast』、3GとLTE間のローミングも可能なWi-Fi相互接続を効率的にする規格『Passpoint』を紹介。

さらにクルマとの新しい関係として、クルマの機器電源をON/OFFする『Wake-up無線』、クルマへ動画をストリーミング配信する『Wi-Fiマルチキャスト』、本人認証や決済をNFCで行い、情報配信はWi-Fiが行う『NFC×Wi-Fi連携』といった技術が紹介された。

クルマの中でも高速で公衆無線LANにつながる世界の実現は、素晴らしいこと。今後の技術進化が期待される。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motordays.com/days/adm_tools/mt/mt-tb.cgi/1595

 

現在の位置:ホーム > ITS DAYS > 愛知県ITS推進協議会・第61回セミナー開催