Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ポルシェ 911 カレラ S (991型)

新車試乗記 第676回 ポルシェ 911 カレラ S (991型) Porsche 911 Carrera S (Type 991)

(3.8L 水平対向6気筒・7速DCT・1454万円)

初代誕生から約半世紀。
997から991へ
劇的進化した911に試乗!

    

2012年11月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

概要&ラインナップ

水冷化以来、最大のモデルチェンジ


新型ポルシェ 911(991型)。東京モーターショー 2011にて

ポルシェを代表する高性能スポーツモデル「911」シリーズ。今回取り上げるのは、2011年に登場した最新型、通称991型。伝統のファストバックスタイル、水平対向6気筒エンジン、RR(リアエンジン・リア駆動)といった点は従来通りながら、約90%のコンポーネンツを一新。ホイールベースを100mm延長したほか、先代997型の3.6リッターから3.4リッターにダウンサイジングした新型エンジン(カレラ)や量産車初の7速MTを新採用。1998年の水冷化以来、最大のモデルチェンジとなっている。

日本では2011年11月に受注を開始し、12月の東京モーターショーでジャパンプレミアを果たした。

カレラとカレラ Sの2本立て。カブリオレ、4WDもあり

エンジンはカレラが3.4リッター(3436cc)で、最高出力350ps(257kW)、最大トルク390Nm(39.8kgm)を発揮。カレラ Sは3.8リッター(3799cc)で、最高出力400ps(294kW)、最大トルク440Nm(44.9kgm)を発揮する。PDKでは左右ハンドルを選べるが、MTは今のところ左ハンドルのみ。

また、2012年8月からは電子制御フルタイム4WD、ポルシェ言うところのPTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)を採用した「911 カレラ 4」と「911 カレラ 4S」、および各カブリオレの受注もスタートした。エンジン等はRRモデルと共通だが、リアフェンダーは左右合わせて44mm拡大される。ちなみに先代997後期型では911全体の34%を、この4WDモデルが占めたとのこと。

 

2012年11月現在の価格は、以下の通り。

■911 カレラ     1115万円(MT)/1190万円(PDK)
■911 カレラ S    1379万円(MT)/1454万円(PDK) ★今回の試乗車
■911 カレラ カブリオレ   1359万円(PDK)
■911 カレラ S カブリオレ  1639万円(PDK)

■911 カレラ 4     1265万円(MT)/1340万円(PDK)
■911 カレラ 4S    1534万円(MT)/1609万円(PDK)
■911 カレラ 4 カブリオレ   1484万円(PDK)
■911 カレラ 4S カブリオレ  1774万円(PDK)

デザイン&パッケージング

全長は65mm、ホイールベースは100mm長くなった


新型911のボンネット、フロントフェンダー、ドア、フロアの一部はアルミ製

新しい991型のボディサイズ(先代比)は、全長4500mm(+65)×全幅1810mm(同)×全高1295mm(-5)。先代より少し長くなり、ホイールベースは一気に100mm延長され、2450mmになった。結果、従来モデルにあったオーバーハングの長い感じが薄まり、良くも悪くも、RRを感じさせないスタイリングになった。

 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm)
ポルシェ 911 カレラ2(964型) 4245 1660 1310 2270
先代ポルシェ 911 カレラ(997後期型) 4435 1810 1300-1310 2350
新型ポルシェ 911 カレラ(991型)) 4500 1810 1295-1305 2450
新型ポルシェ ボクスター(981型) 4375 1800 1280 2475
 

デザイン一新。電動パーキングブレーキを採用


ステアリングはチルト/テレスコが可能。試乗車は電動だった。パドルシフトはオプションだが、操作しやすい

インテリアは約50%のパーツを共有する新型ボクスター(981型)同様に、デザインを一新。センターコンソールはカレラGT風になり、電動パーキングブレーキも新採用された。また先代997でも高かった質感には、さらに磨きが掛かっている。とはいえ、価格は試乗したカレラ S(PDK仕様)で1454万円もするのだから、当然と言えば当然のレベルだが。

ホイールベースは100mm延長されたが、室内長はほとんど変わらず。よって後席の空間は相変わらず+2レベルだが、乗り心地や静粛性は悪くないので、子供ならチャイルドシートで快適に過ごせるかも。実際には人を乗せるというより、手荷物を載せるのに重宝するもので、911が長年支持されてきた理由もそこにある。

 

トランクの形状はボクスターと同様だが、容量は15リッター少ない135リッター

センター部分に小物入れは備わったが、後席の居住性は従来と大差ない
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記