Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スズキ アルト ターボRS

新車試乗記 第757回 スズキ アルト ターボRS Suzuki Alto Turbo RS

(660cc 直3ターボ・5速セミAT・129万3840円~)

ターボ&AGSで
軽の可能性を体感せよ!

2015年04月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

ターボエンジン&5速セミATを採用


東京オートサロンに出展された「アルト ターボRS コンセプト」

2015年1月の東京オートサロンでコンセプトモデルを発表。同年3月11日に発売された「アルト ターボRS」(以下ターボRS)は、前年末に発売された8代目アルトがベースの高性能モデル。

アルトとしては15年ぶりにターボエンジンを搭載し、トランスミッションには5AGS(オートギヤシフト)」こと5速セミATを採用。車体に関してもボディ剛性アップや専用サスペンションの採用など、本格的に手が入ったモデルになっている。

目指したのは「心躍らせる、気持ちの良い本格的な走り」。広告キャッチコピーは「この走り、衝撃だ!」で、40代以上の方には往年の軽ホットハッチ「アルトワークス」(1987~2000年)の再来にも見える。

アルトの実用性や安全装備はそのまま

 

軽スポーツと言えば、最近はダイハツ コペンやホンダ S660といった2シーターオープンが話題を集めているが、ターボRSはあくまでも4ドアの4人乗りであり、型式名(DBA-HA36S)もベース車と同じ。つまりアルト譲りの室内空間や実用性はそのままであり、衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」をはじめとする充実した安全・快適装備もセールスポイントになっている。

月販目標は500台。ベース車の7000台と合わせて、アルトシリーズ全体では月販7500台が目標。

 

■参考記事
新車試乗記>8代目スズキ アルト (2015年2月掲載)

■外部リンク
スズキ>プレスリリース>新型「アルト ターボRS」を発売(2015年3月発表)

 

価格帯&グレード展開

FFが129万3840円。4WDが140万5080円


ターボRS専用色のパールホワイトは2万1600円高
(photo:スズキ)

基本的にはモノグレードで、FF(129万3840円)と4WD(140万5080円)を用意。4WDはワゴンRやハスラーと同じビスカスカップリング式になる。ミッションは5速AGSのみ。

また、1万0800円高でバックアイカメラ装着車を用意。これは別途、対応するナビゲーションシステムとバックアイカメラ用コントロールキットを装着することにより、普通の広角映像と、画像処理によって真上から撮ったように見える映像(車両周囲360度ではなく、後方のみ)の2パターンを表示できるものになる。

ボディカラーはベース車の8色に対して、ターボRSは専用色のパールホワイト、ベース車にもあるピュアレッドとブルーイッシュブラックパールの3色のみ。

快適・安全装備は全部のせ


ピュアレッドはベース車と共通
(photo:スズキ)

装備は驚くほど充実していて、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、ESP、ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロー)、オートライトシステム、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、本革巻ステアリング、運転席シートヒーター、15インチアルミホイール、イモビライザー&セキュリティアラームシステムは全車標準になる。4WD車に至っては、助手席ヒーターやPTCヒーター(電気式ヒーター)まで標準装備される。

 

ブルーイッシュブラックパールもベース車に設定がある
(photo:スズキ)

ただしオーディオ(ヘッドユニット)はオプションなので、標準装備のステアリングオーディオスイッチが使えるタイプを販売店オプション等から選ぶことになる。

なお、ベース車のアルト(全て自然吸気エンジン)は、アルトバンの5AGSが77万7600円~。乗用モデルの5AGSが84万7800円~、CVTが89万4240円~、最上級グレード「X」が113万4000円~。Xとの価格差は20万円弱だ。

 

パッケージング&スタイル

赤のストライプや専用アルミホイール等が目印

ベース車との違いでまず目立つのが、ボディの周囲に入ったストライプ。ボディカラーが白の場合は、いかにも和製アバルトという感じ。ドアミラーはボディカラーに限らず全て赤になる。

ターボRS専用ヘッドランプはプロジェクター式のディスチャージ。左右ヘッドライトをつなぐ「メガネガーニッシュ」はメッキ仕上げになる。また、フロントバンパーにはマルチリフレクター式のフォグランプが埋め込まれ、ベース車では縦4本だった通風スリットは、メッキで縁取りされた横3本に変更される。フロントバンパー下部の赤いチンスポイラー(懐かしい)が、いい感じ。

 

タイヤサイズはベース車の最上級グレード「X」と同じ165/55R15。15インチアルミホイールも基本的にはXと共通のエンケイ製だが、ターボRS用は切削加工とブラック塗装が施される。タイヤは専用開発のブリヂストン ポテンザRE050Aになる。

 

ターボRS専用のプロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロー)は標準装備

アルトのホイールベースは今やスイフトより30mmも長い2460mm
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
スズキ アルト(2014~) 3395 1475 1475~1500 2460 4.2~4.6
スズキ アルト ターボRS (2014~) 3395 1475 1500 2460 4.6
スズキ ハスラー (2014~) 3395 1475 1665 2425 4.6
アバルト 500 (2009~) 3655 1625 1515 2300 5.6
スズキ スイフト スポーツ (2011~) 3890 1695 1510 2430 5.2
 

インテリア&ラゲッジスペース

黒基調に赤のアクセント


ステアリングスイッチは全車標準。写真のナビはディーラーオプション

内装カラーはスポーツモデルで定番の黒基調で、アクセントとしてはエクステリア同様に赤が、吹き出し口のベゼル、本革巻ステアリングとシフトノブのステッチ、シート生地などにあしらわれる。また、空調パネルやドアスイッチ周辺をピアノブラック調とし、インナードアハンドルをメッキ仕上げにするなど、質感のアップも行われている。

ステアリングにはパドルシフトを装備。また、メーターはベース車の速度計+液晶ディスプレイから、タコメーター付の3眼風になり(右端は液晶ディスプレイ)、赤い指針と目盛りのスポーティな意匠になる。

 

パドルシフトはステアリングと一緒に回るタイプ。舵角が大きい時は見失いがち

タコメーター右下のインジケーターは通常はブルーで、エコドライブ中やアイドリングストップ中はグリーンになる
 

広さや荷室はベース車と変わらず


運転席シートリフターとチルトステアリングは標準装備。ただしテレスコはない

フロントシートはベース車と同じヘッドレスト一体型のハイバックシートだが、ターボRS用はサイドサポートが高く、クッションが硬めの専用品になる。ちなみに助手席の背もたれ背後にあるシートバックポケットもターボRS専用品。

その他、室内空間や小物入れ、荷室の使い勝手などは、ベース車と基本的に同じ。ワゴンRなどと違って凝ったシートアレンジ機能などはなく、シンプルな作りになっている。

 

荷室の作りは極めてシンプルかつベーシック。後席は左右一体型で、前後スライド機能もない

ターボRSは後席ヘッドレストを標準装備(普通のアルトでは上位グレードのCVT車にしか装備されない)
 

荷室の拡大は、背もたれをパタンと倒すだけのシングルフォールディングで行う

床下はパンク修理キット、ジャッキ、小物入れ
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

スズキ 最新の試乗記10件

最近の試乗記