Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > トヨタ オーリス 120T

新車試乗記 第771回 トヨタ オーリス 120T Toyota Auris 120T

(1.2L 直4ターボ・CVT・259万0037円)

1.2ターボを搭載!
最小排気量の
最上級オーリスに試乗!

2015年10月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

トヨタブランド初のダウンサイジングターボ搭載車


トヨタ オーリス 120T (2015年)
(photo:トヨタ自動車)

2006年に登場したオーリスは、欧州市場を主なターゲットとしたCセグメントのハッチバック車。2012年にフルモデルチェンジで2代目になり、2015年4月6日にはマイナーチェンジで、いわゆる後期型へ移行している。

今回試乗したのは、そのマイナーチェンジを機に追加された新グレード「120T」。トヨタブランド車で初の小排気量ダウンサイジングエンジンである1.2L 直噴ターボエンジン「8NR-FTS」を搭載。トヨタ全体としてはレクサス NX200t (2014年7月発売)に初搭載された2.0L直噴ターボ「8AR-FTS」に続く、ダウンサイジングエンジンの第2弾になる。

 

1.3Lの「1NR」とボアピッチが共通であるため「NR」を名乗るが、実際にはすべて新設計

オーリスはこのクラスのリーダーであるVW ゴルフに対抗するモデルだが、120Tではそれが特に意識されている。排気量は現行ゴルフ(ゴルフ7)の1.2 TSIエンジン(105ps、175Nm)と同じで、最高出力は116ps、最大トルクは185Nm(18.9kgm)と、それぞれゴルフの数値を上回る。JC08モード燃費はゴルフの21.0km/Lに迫る、19.4km/Lを達成している。

国内の月販目標は1000台。世界では年間16万台


製品企画本部 チーフエンジニアの安井慎一氏

生産は海外でも行われるが、国内向けは愛知県豊田市の高岡工場で行われる。また、ターボエンジンは同県みよし市の下山工場で生産される。

販売チャンネルはネッツ店で、月販目標は初代(2006年)は3000台、2代目デビュー時(2012年)は2000台だったが、今回は1000台。120Tは、そのうちの1割ほどを見込むという。

 

一方、グローバルでの販売は欧州市場を中心に年間16万台と国内の13倍以上を目指す。また、これとは別に米国ではサイオン(Scion)ブランドの「iM」(1.8L自然吸気エンジンを搭載)として販売がスタートしている(Scion>iM )

 
外部リンク 参考記事
 

価格帯&グレード展開

最小排気量が、最上級グレード


左端が1.8L・6MTの「RS」、中央が「120T」、右が「150X」。ボディカラーは全7色

欧州向けにはハイブリッド車、ディーゼル車、そしてステーションワゴンの「ツーリング」もあるが、日本向けはガソリン車のハッチバックのみ。

ラインナップは、
・自然吸気1.5L(1NZ-FE)のCVT仕様「150X」
・自然吸気1.8L(2ZR-FAE)のCVT仕様「180S」
・自然吸気1.8L(2ZR-FAE)の6MT仕様「RS」
・1.2Lターボ(8NR-FTS)のCVT仕様「120T」
と、大きくわけて4種類。排気量が一番小さい120Tが最上級グレードという珍しいパターンになる。価格は以下の通り。

 

自然吸気1.8Lエンジン(ハイオク仕様)に6MTを組み合わせたオーリス RS
(photo:トヨタ自動車)
  • 150X(CVT) 178万9855円~(FF)
  • 150X(CVT) 198万4255円~(4WD)
  • 180S(CVT) 237万6000円(FF)
  • RS(6MT)   246万0437円(FF)
  • 120T(CVT)  259万0037円(FF)

ちなみにゴルフ7の1.2Lモデルは264万円からなので、120Tとの価格差は約5万円。排気量や価格を揃えて、あえて同じ土俵で勝負している。

 

先代オーリスに続き、新型オーリスをベースにしたカスタマイズカー「シャア専用オーリス II」も10月1日に発売された。コンプリートカーは300台限定で、321万6437円~。120Tベース(写真)は370万9310円~。
(©創通・サンライズ©TOYOTA)

なお、レーザーレーダーと単眼カメラを使った普及型の先進安全装備「Toyota Safety Sense C(TSSC)」は上位グレードの「180S」「RS」「120T」に標準装備。「150X」にもオプションで装着できる。

 

パッケージング&スタイル

主にフロントまわりを変更


全長はマイチェン前より55mm伸びて、4330mmになった

ターボエンジンに注目が集まる今回のマイナーチェンジだが、お約束通りフェイスリフトも実施。フロントグリルのメッキモール、標準グレード以外はハイ・ロー共にLEDのヘッドランプ、ライン発光するLEDイルミネーションランプなどを採用し、さらにフロントのロアグリルを左右に拡げて、従来モデルよりワイド感を強めている。

 

こちらはマイナーチェンジ前の2代目オーリス(RS)

ただ、120Tでちょっと物足りないのは、オーリスの最上級&看板モデルでもあるのに、専用の意匠やグレードエンブレムが一切ないこと。つまり外観だけで120Tと見破るのはほぼ不可能。発表会でその点を開発陣に質すと「そうですね……」と苦笑い。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
VW ゴルフ 7(2013~) 4265 1800 1460 2635 5.2
2代目・前期型トヨタ オーリス(2012~2015) 4275 1760 1460~1480 2600 5.2~5.4
レクサス CT200h(2011~) 4320~4350 1765 1450~1460 2600 5.0~5.2
2代目・後期型トヨタ オーリス(2015~) 4330 1760 1480~1500 2600 5.2~5.4
ボルボ V40 (2013~) 4370 1800 1440 2645 5.2~5.7
トヨタ プリウス (2009~2015) 4460 1745 1490 2700 5.3
マツダ アクセラ スポーツ(2013~) 4460 1795 1470 2700 5.3
 

インテリア&ラゲッジスペース

120Tでは木目調パネルや専用シート表皮を採用


木目調パネルが特徴的な120Tのインパネ

オーリスと言えば、今でも初代の「橋」のような形状の奇抜なセンターコンソールを思い出してしまうが、2代目の内装はオーソドクスで、後期型でもそれはおおむね踏襲。ただし各部の質感アップは図られている。

120Tについては、東レのウルトラスエード、本革、合成皮革を組み合わせた専用シート表皮や、木目調インパネ加飾が採用されている。自然吸気1.8L・6MTのRSはスポーティに、小排気量ターボの120Tは上質に、という方向でキャラ分けされたようだ。

 

120T専用シートは本革、合皮、東レのウルトラスエードの組み合わせという凝ったもの。座り心地はドイツ車っぽく硬めだが、なかなか良い

欧州戦略車らしい手堅いパッケージングは従来通り。後席や荷室の広さはCセグメントのスタンダードと言えるものだし、シートや荷室のアレンジ方法もセオリー通り。

なお、細かいことだが、試乗中に気付いたのはパワーウインドウの作動音がやけに静かなこと。モーターのウィーンという音や開閉しきった時の停止音がほとんどしない。多少音がした方が安全上は好ましいと思うのだが。

 

アジャスタブルボードが上段ならフラットな床が広がる

後席足元にセンタートンネルはなく、ほぼフラット
 

アジャスタブルボードが下段の状態。前輪を外したスポーツ自転車の縦積み時などに便利

床下にはパンク修理キット。オプションで応急用スペアタイヤ(1万0800円)に変更できる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記