Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > マツダ アクセラ スポーツ XD

新車試乗記 第722回 マツダ アクセラ スポーツ XD Mazda Axela Sport XD

(2.2L 直4ターボディーゼル・6AT・298万2000円)

ディーゼル、ディーゼル♪
ト~ルクが太いのね。
そうよ、走りもす~ごいのよー。

2014年03月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

CX-5やアテンザと同じディーゼルエンジンを搭載


東京モーターショー 2013にて

マツダ アクセラ(海外名Mazda3)は、ファミリア(海外名Mazda 323)の後継として2003年6月にデビュー。これまで世界約120ヶ国以上の国と地域で販売され、累計生産台数は400万台超(2014年1月22日時点)。マツダにとっては販売台数で約3割を占める基幹モデルだ。

2013年11月21日に発売された3代目は、ガソリン車、マツダ初のハイブリッド車(日本市場のみ)、そしてディーゼルエンジン車と、3種類のパワートレインを用意しているが、今回試乗したのは、ディーゼルエンジン車の「アクセラ スポーツ XD(クロスディー)」。CX-5やアテンザで高い評価を得ている2.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載したもので、こちらは年明けの2014年1月に発売された。

 

■過去の新車試乗記(マツダ スカイアクティブ-D関連)
マツダ アテンザ XD (2013年2月)
マツダ CX-5 XD (2012年5月)

■過去の新車試乗記(マツダ アクセラ関連)
マツダ アクセラ ハイブリッド (2013年12月)
マツダ アクセラ スポーツ 20S i-stop (2009年8月)
マツダスピード アクセラ(2006年9月)
マツダ アクセラ (2003年11月)

 

価格帯&グレード展開

トップモデルのXDは298万2000円


試乗したアクセラ スポーツ XD

3代目アクセラは、ガソリンエンジン車(1.5と2.0)、ハイブリッド車(2.0ガソリン+モーター)、XDと呼ばれるディーゼルエンジン車(2.2ターボ)の3種類。変速機は2リッターガソリンだと6ATしかないが、XDでは6MTも選べる。国産車で、これだけちゃんとマニュアル車を用意するメーカーは珍しい。なお、アテンザのXD(FFのみ)にも6MTはあるが、CX-5のXD(FFと4WDがある)は6ATのみになる。

 

XDには電動サンルーフも標準装備。これぞ最上級グレードの証?

XDの価格は、6MT・6AT共に298万2000円で、ガソリン車はもちろん、ハイブリッド車と比べても飛び抜けて高い。ディーゼルエンジンは一般的に高コストだが、XDは馬力もトルクもアクセラの中で最強となり、「ディーゼル=トップモデル」という位置づけ。専用コンビシートや電動サンルーフが標準装備になるなど、装備も充実している。

 

アクセラスポーツ
(photo:Mazda)

■アクセラスポーツ(5ドアハッチバック)
【1.5リッター直4+6AT/6MT】  171万1500円~
最高出力111ps 最大トルク14.7kgm
JC08モード燃費17.8~19.4km/L

【2.0リッター直4+6AT】   220万5000円~
最高出力155ps 最大トルク20.0kgm
JC08モード燃費18.4~19.0km/L

【2.2リッター直4ディーゼルターボ+6AT/6MT】  298万2000円 ※今回の試乗車
最高出力175ps 最大トルク42.8kgm
JC08モード燃費19.6km/L(6AT)

-----------------

 

アクセラセダン
(photo:Mazda)

■アクセラセダン(4ドアセダン)
【1.5リッター直4+6AT/6MT】  171万1500円~
最高出力111ps 最大トルク14.7kgm
JC08モード燃費17.8~19.6km/L

-----------------

■アクセラハイブリッド(4ドアセダン)
【2.0リッター直4+モーター】  237万3000円~
システム最高出力136ps
JC08モード燃費30.8km/L

 

パッケージング&スタイル

ディーゼルは5ドアハッチバックのみ


ボディカラーは全8色。試乗車はアルミニウムメタリック
車両協力:東海マツダ販売株式会社

アクセラには4ドアセダンもあるが、XDは「スポーツ」と呼ばれる5ドアハッチバックのみ。アクセラハイブリッド試乗記でも触れたように、セダンとハッチバックは、リアドアまでデザインは共通で、どちらもデザインテーマ「魂動」に基づくダイナミックなスタイリングが特徴。深くえぐられたベルトライン、フロントフェンダーとリアフェンダー上のショルダーラインなど、見どころは多い。同クラスでは、ゴルフ7やボルボ V40などと並んで、秀逸なデザインでは。

アクセラの場合、赤いラインがディーゼルの証


後ろ姿はアルファのブレラ似? リアオーバーハングはセダンより120mm短い

CX-5やアテンザではディーゼルかどうかを見分けるのが難しかったが(エンジン音を聞いた方が手っ取り早い)、アクセラではディーゼル車のフロントグリルに赤いラインを追加。「GTI」 っぽいのはちょっと何だが、識別は簡単になった。

その他、XDの目印は、18インチアルミホイールが高輝度塗装タイプになること、電動サンルーフが標準装備になること、フロントフォグランプがLEDになること、リアバンパー下部の黒い部分がディフューザー形状&ピアノブラック塗装になることくらい。

 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
VW ゴルフ 7(2013~) 4265 1800 1460 2635 5.2
レクサス CT200h(2011~) 4320 1765 1450~1460 2600 5.0~5.2
トヨタ プリウス (2009~) 4460 1745 1490 2700 5.3
マツダ アクセラ スポーツ(2013~) 4460 1795 1470 2700 5.3
マツダ アクセラ セダン(2013~) 4580 1795 1455 2700 5.3
BMW 3シリーズ セダン(2012~) 4625 1800 1440 2810 5.4
 

インテリア&ラゲッジスペース

秀逸なインパネデザイン、ピタリと決まるドラポジ


タブレット風の7インチディスプレイ、一眼メーター、シンプルな水平基調のダッシュが特徴

新型アクセラに試乗するのは2度目だが、インパネを見てあらためて思ったのは質感が高いこと。デザインや素材に統一感があり、ゴテゴテしておらず、クリーンでスマート。ゴルフ7ほどの図抜けた高級感はないが、デザインの新しさ、スポーティさ、マツダ独自のITインターフェイス「マツダコネクト」による先進性ではアクセラが優れる。エクステリア同様、インテリアのデザインも秀逸。

XD専用の人工スエード&レザーシートを採用


手元のコントラーラーでナビ等を遠隔操作できる「マツダコネクト(Mazda Connect)」を採用

視界の良さも特筆できる。ダッシュボードのカウルやベルトラインが低く、Aピラーが後方に立つため、死角が少ない。Aピラーが視界を遮る新型車が多い昨今、アクセラはそれらとは逆だ。

また、「人馬一体」を目指したドライビングポジションも、先回のフィエスタ同様、ピタリと決まる。アクセルペダルは、ハイブリッドではプリウスと同じ吊り下げ式だっただが、ガソリンやディーゼルの純エンジン車ではオルガン式とするなど、ドイツ車を仮想敵とするマツダのこだわりが感じられる。

 

後席はサイドウインドウが小さく、ルーフの絞り込みも強いが、ゴルフ7よりゆったり座れる

XD(ディーゼル)には、ラックススエードとレザーのコンビシート(運転席は電動)が標準。ラックススエードはセーレン株式会社の商標で、東レのアルカンターラと同様の人工スエード

コマンダーコントロールは少々慣れが必要。スマホと連携すればインターネットラジオの利用や、TwitterやFacebookの音声読み上げも可能
 

スポーツ XDのトランク容量は364Lで、ゴルフ7(360L)と同等

後席の畳み方はシングルフォールディングだが、ほぼフラットになる。斜めになればギリギリ足を伸ばして寝れた

床下にはパンク修理キットと小物入れスペース。その下に吸音材が敷かれている
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記