Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スズキ バレーノ

新車試乗記 第788回 スズキ バレーノ Suzuki Baleno

(1.2L+CVT/1.0Lターボ+6AT・141万48000円~)

Bセグなのに3ナンバー!
おまけにACCも標準装備!
インドからの「閃光」に瞠目せよ!

2016年05月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

インドで生産される上級Bセグコンパクト


スズキ バレーノ(東京モーターショー2015)

スズキの新型車「バレーノ」は、同社のインド子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産されるBセグメントのコンパクトカー。2015年3月にジュネーブショーでコンセプトカー「iK-2」として登場した後、同年秋に「バレーノ」の名でインドでの生産・販売が始まった。車名はイタリア語で「閃光」の意。

日本では2015年秋の東京モーターショーで参考出品車として発表され、2016年3月9日に発売された。国産メーカーのインド製4輪車が日本で量販されるのは今回が初。日本に続き、すでに欧州でも販売が始まっている。プレスリリースには「デザイン、居住性、走行性能、安全性能など、コンパクトカーに求められる要素を高次元で調和させ」、「スズキが考える理想のコンパクトハッチバックを追求した」と謳う。

新世代Bセグモデルの第一弾

バレーノで初めて採用された新世代プラットフォームは、今後登場してくるBセグメントカーの土台となるもの。また、日本仕様車には1.2L 4気筒・自然吸気エンジン+副変速機付CVT(無段変速機)に加えて、新開発の1.0L 3気筒ターボエンジン+6AT(こちらは5月13日に発売)が搭載されている。

140万~160万円台の価格帯でありながら、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII(RBSII)」やアダプティブクルーズコントロール(ACC)を標準装備するのも画期的な点。

 

なお、開発は日本国内で、走行テストは欧州で行われ、生産はインドのマネサール工場で行われる。また、出荷前の品質チェック(PDI作業)に関しては、輸出を行うムンドラ港と、日本の湖西工場の2回にわけて実施される。品質は日本製と変わらないというのがスズキの主張。インドでは2015年に始まった高級販売チャンネル「NEXA(ネクサ)」で、SX4 Sクロスと共に販売される。

販売目標台数は「年間」6000台。ちなみにイグニスは「月間」で1500台だから、バレーノはその3分の1になる。インド製であること、そしてグローバルカーの基準が、今の日本で、どの程度受け入れられるかを測るモデルになる。

■過去の新車試乗記
スズキ イグニス (2016年4月掲載)
スズキ スイフトスポーツ (2011年12月掲載)

 

価格帯&グレード展開

価格はイグニスとオーバーラップ

valeno-02pr-07.jpg
バレーノ XG

インドや欧州には1.3Lディーゼル車もあるが、日本向けは1.2L自然吸気の「XG」と、日本および欧州向け1.0Lターボの「XT」の2モデル。

前述の通り、ミリ波レーダーを使った自動ブレーキおよびACCは全車標準。140万円台で買えるXGの安さが目立つが、XTにはフルオートエアコン、本革巻ステアリング、ディスチャージヘッドランプ、16インチアルミホイール等が標準装備されるなど、内容的にはいずれもお買い得。オーディオは全車ディーラーオプション。

 
valeno-02pr-03.jpg
スズキ バレーノ XT

ちなみに、ボディサイズが一回り小さいイグニスは、全車マイルドハイブリッド仕様で、FF車の場合は138万2400円~164万1600円(デュアルカメラブレーキサポート装着車は9万7200円高)だから、価格帯は完全にオーバーラップする。

■バレーノ XG  141万4800円
・1.2L 直4(91ps、118Nm)+CVT
・JC08モード燃費:24.6km/L

■バレーノ XT  161万7840円
・1.0L 直3 ターボ(111ps、160Nm)+6速AT
・JC08モード燃費:20.0km/L

【メーカーオプション】
・セットオプション(XTのみ) 11万0160円
(本革シート、フォグランプ、カラーマルチインフォメーションディスプレイ、ステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーター、フロントセンターアームレスト、センターコンソールボックス、センターコンソールトレー)

 

パッケージング&スタイル

5ナンバー枠にとらわれず


XTにはLEDポジションランプ付のディスチャージヘッドランプ、16インチアルミが標準(XGは15インチフルホイールキャップ)

デザインテーマは「リキッドフロー」、すなわち流れるようなイメージを曲線や曲面で表現、といったニュアンス。全体にシンプルで大人しく、高級感や押し出しを狙った、いかにもな演出はないが、3ナンバー幅のボディにより、ロー&ワイドなのは確か。独特のフェンダーライン、スイフト似の縦型ヘッドライト、思い切り寝かせたリアウインドウなどにデザイナーの主張が感じられる。

 
 

こちらは1.2LのXG。XTとの識別点は、ヘッドライト(HIDかハロゲンか)、フォグランプの有無、ホイール(16インチアルミか15インチキャップか)など

ボディサイズは従来のスズキ製コンパクトカーになかった独特のもの。全長は4m未満だが、全幅は1745mmの堂々たる3ナンバーサイズ。5ナンバー枠にとらわれないパッケージングが、いかにもグローバルカー。全高は1470mmで、イグニス(1660mm)はもちろん、スイフト(1500mm)より低い。ホイールベースは2520mmとBセグとしては長めだが、最小回転半径はBセグらしく4.9mに収まっている。

 

真正面もしくは真後ろから見ると、いかに全幅がワイドかが分かる

XGとXTではリアコンビランプのインナーレンズやLEDの光り方が異なる
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
スズキ イグニス (2016~) 3700 1660 1595 2435 4.7
スズキ スイフト (2010~) 3850~3890 1695 1500~1535 2430 4.8~5.2
VW ポロ (2009~) 3995 1685 1460~1475 2470 4.9
スズキ バレーノ(2016~) 3995 1745 1470 2520 4.9
スズキ エスクード(2015~) 4175 1775 1610 2500 5.2
VW ゴルフ7(2013~) 4265 1800 1460 2635 5.2
トヨタ カローラ フィールダー(2015~) 4400~4410 1695 1465~1535 2600 4.9~5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

チルト/テレスコ標準装備


上級グレードには高精細4.2インチカラー液晶ディスプレイを採用

インパネデザインも欧州調というか、グローバルカーっぽいというか。黒基調のダッシュボードはハード樹脂だが、要所にメッキやシルバー加飾を施して、価格以上の質感に努めている。メーターはオーソドクスな2眼タイプで、上級グレードには中央に高精細大型カラードット液晶のマルチインフォメーションディスプレイを配置。2DINワイドスペースはしっかり(ナビの視認性に有利な)センターコンソール最上段に設けられている。

嬉しいのは、ステアリングの調整機構にチルト(調整量40mm)だけでなく、テレスコピック(同36mm)が備わること。シートも欧州車風にホールド性の高いもので、このあたりもまさにグローバルカー。

 

オーディオは全車ディーラーオプション。XTはオートエアコン標準、XGはマニュアルエアコン

シート表皮はファブリックが標準で、XTではセットオプションで本革も選べる
 

BセグでCセグ並みの広さ


後席の広さは実質的にゴルフあたりと大差なし。Bセグでは手狭なファミリーに良さそう

ホイールベースは2520mmあり、その分、スイフト(2430mm)やVWポロ(2470mm)より後席、特にフットルームが広い。おそらく3人掛けを重視したのだろう、シートクッションがやや平板なのが惜しまれるところ。

荷室容量は320L(ラゲッジボード上段時)。ちなみにポロは280L、ゴルフ7は380Lなので、だいたいその中間という感じ。

 

ラゲッジボード上段時。9.5インチのゴルフバッグを横置き可(横幅は最大1390mm)。荷室高は725mm/870mm

フロアボードは折り畳むと仕切りになる。床下にはパンク修理キットと三角表示板
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

スズキ 最新の試乗記10件

最近の試乗記