Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル BRZ S

新車試乗記 第664回 スバル BRZ S Subaru BRZ S

(2.0リッター水平対向4気筒・6MT・FR・279万3000円)

B(ボクサー)+R(リア駆動)!
それを走らせ、操る歓びを
6MTで味わい尽くす!

2012年07月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツ


スバル BRZ (名古屋モーターショー 2011)

スバルのBRZは、トヨタの86と共に、トヨタと富士重工業(以下スバル)が共同開発した小型FRスポーツモデル。企画とデザインは主にトヨタが、開発と生産は主にスバルが担当している。

共同プロジェクトが正式発表されたのは2008年4月のこと。2009年の東京モーターショーではコンセプトカー「トヨタ FT-86」が発表され、2011年には「スバル BRZ コンセプト STI」が登場。そして2011年末の東京モーターショーで双方の量産型が発表された。BRZの場合は翌年2012年2月3日に正式発表され、3月28日に発売されている。

水平対向4気筒+「D-4S」を搭載


トヨタ 86 (東京モーターショー 2011)

86/BRZは、新開発の2リッター水平対向4気筒・自然吸気エンジン「FA20型」(最高出力200ps、最大トルク20.9kgm)をフロント・ミッドシップに搭載。燃料噴射システムにはポート噴射に加えて、直噴(シリンダー内直接噴射)を併用するトヨタの「D-4S」を採用している。車名「BRZ」の由来は、「BOXER」のB、「Rear Wheel Drive」のR、「究極」を意味するZとのこと。

月販目標は450台。すでに納車は9ヶ月待ち


今年から「スーパーGT」に参戦している「BRZ GT300」
(名古屋モーターショー 2011)

86とBRZの生産は共に富士重工業の群馬製作所・本工場(群馬県太田市)。国内の月間販売目標は86が1000台、BRZが450台(発売初年)だが、受注はこれを大幅に上回っており、86の場合は6月下旬の時点で約6ヶ月待ち、BRZの場合は約9ヶ月待ち。

■外部リンク
・富士重工業>ニュースリリース>新型車「SUBARU BRZ」を発表(2012年2月3日)

価格帯&グレード展開

86と微妙に仕様設定が異なる。205万8000円からスタート


BRZのボディカラーは全7色で、写真はBRZ専用色のWRブルーマイカ。これが初期受注で全体の3分の1を占める
(photo:富士重工業)

グレード体系は86の4グレードに対して、BRZはカスタマイズを前提としたベースグレード「RA」、中間グレードの「R」、上級グレードの「S」の3グレード。一見、86での最上級グレード「GT リミテッド」を省いたようなグレード設定だが、実際にはGT リミテッドに相当する装備(レザー/アルカンタラ内装やリアスポイラー、フルフロアアンダーカバーなど)がオプションで用意されているので、実質的に大きな差はない。

ただ、各グレードの仕様設定は微妙に異なり、例えばベースグレード同士ではバンパーが86では無塗装で、BRZではボディ同色。中間グレード同士では86にデジタル速度計がなく、BRZにはある、といった具合。

BRZの場合、初期受注では最上級のSが最も多かった様子(78.4%)。また6MTの比率は3分の2(66.3%)とのこと。


■RA        205万8000円(6MT)
 ※カスタマイズ用ベース車。エアコンレス(オプション装着可)、16インチスチールホイール
■R         247万8000円(6MT)/254万6250円(6AT)
 ※マニュアルエアコン、16インチアルミホイールを標準装備
■S         279万3000円(6MT)
/287万1000円(6AT) ※今回の試乗車

 ※ディスチャージヘッドランプ、トルセンLSD、17インチアルミ、本革巻ステアリング等を標準装備

■外部リンク
・富士重工業>ニュースリリース>BRZの受注状況について(2012年3月28日)

パッケージング&スタイル

86との違いはバンパー、ヘッドライト、バッジなど


試乗車はボディカラーが黒(クリスタルブラック・シリカ)。サイドデカールは非売品

ボディサイズは86と共通で、全長4240mm×全幅1775mm×全高1300mm(全高はアンテナベースを含む数値で、実際のルーフ高は1285mm)。86とデザイン面で違うのは、ヘッドライト、フロントバンパー、前後のバッジ、フロントフェンダーのエアアウトレットくらい。違いはフロント部分に集中していて、大雑把に言えば86がエアロ形状を強調した「攻め」のデザイン、BRZは奇をてらわないシンプル路線といったところか。

 

リアからだとバッジを見ない限り、86とは区別しにくい

特にヘッドライトアッセンブリーは別物で、LEDポジションランプは86が一個一個バルブが点で光るタイプで(LEDは上位グレードのみ)、BRZは光ファイバータイプ(全車LED付)。またウインカーは86がバンパー配置で、BRZはヘッドライト内蔵。さらにプロジェクター式のヘッドライトも、86が上位グレードのみHIDで、下位グレードはハロゲンなのに対し、BRZは全車HIDになる。BRZの方がちょっと豪華で、ウインカー位置に関してもBRZの方がカスタムする上では都合が良いという話がある。

 

またフェンダーアウトレットは、86には車名と水平対向エンジンをイメージしたバッジが付くが、BRZはアストンマーチン風?のシンプルなものになる。両方ともスリットがダミーなのは残念なところ。

インテリア&ラゲッジスペース

広々している分、タイト感は薄め


上級グレード「S」にはインパネやルーバーにシルバー加飾が施される

インテリアも基本的には86と同じで、詳しくは 先回の86試乗記を参照。ただし今回試乗したのは6MT仕様ということもあり、細々したところで印象が異なる。

まず運転席での乗車感は、6MTだとポジションに対して、よりシビアになりがちだが、86/BRZはステアリングのチルト/テレスコやシートリフターを標準装備するのでアジャストしやすい。シートスライドやリクライナーのノッチがもう少し細かければ、とは思ったが、ほとんどの人が適切なポジションを取れるはず。

足もとは非トランスアクスルのFRスポーツとしては異例に広く、室内幅も助手席ドアが遠く感じられるほど広い。これは長所でもあるが、一方でスポーツカーらしいタイト感は良くも悪くも薄め。「クルマを着る」ような感じはない。

 

リバースはリングを引いて左奥。ハンドブレーキは抜群に引きやすく、ジムカーナに最適

ステアリングは真円の365mm径。センターの「六連星」が誇らしい
 

「身長170cmが着座可能」な後席。短時間試したスタッフ(身長172センチ)によると「意外に快適でOK」とのこと

オプションのレザー・アルカンターラパッケージ装着車。BRZのシートは全て黒基調で、86のように黒/赤のコンビはない
 

タイヤを4本積めるのが86/BRZの売り。床面はほぼ水平になる

スペアタイヤはなく、床下にはパンク修理キットと小物入れがある
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記