Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > メルセデス・ベンツ C220d アバンギャルド

新車試乗記 第779回 メルセデス・ベンツ C220d アバンギャルド Mercedes-Benz C220d Avantgarde

(2.2L 直4ターボディーゼル・9速AT・559万円~)

くやしかったら言ってみな♪
ガソリンターボに
ハイブリッドや
クリーンディーゼル!

2016年01月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

2014年秋に追加された直4クリーンディーゼル車

2013年12月に発表、日本では2014年7月11日に発売されたメルセデス・ベンツの新型Cクラス(W205型)。今回試乗したのは、日本では2015年9月28日に追加設定されたクリーンディーゼル車「C220d」。同ブランドの既存クリーンディーゼル車同様、排ガスに尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射し、化学反応(還元作用)によって、NOx(窒素酸化物)を削減する尿素SCRシステム「BlueTEC」を採用したモデルだ。

 

エンジンはピエゾインジェクターや2ステージターボチャージャーを採用した2.2L 直列4気筒ディーゼル。最高出力170ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮する。

なお、このエンジンは、基本的には2015年3月に導入されたE220 BlueTEC、CLS 220 BlueTEC (CLS220d)、そして2015年8月に導入されたSクラスのディーゼルハイブリッド車、S300hと同型のエンジンになる(最高出力などの諸元は異なる)。

9速ATを新採用

トランスミッションはCクラスで初採用となった9速AT「9G-TRONIC」(他のCクラスは2016年1月現在、まだ7速AT)。ホンダやトヨタは10速ATの投入を発表しているが、今のところ市販車では最も段数の多いトルコンAT(ステップAT)の一つで、CLSやSクラスクーペにも搭載されている。

JC08モード燃費はセダンで20.3km/L、ステーションワゴンで19.6km/Lを達成し、2.0L 直4ガソリンターボのC200(セダン、ワゴン共に16.5km/L)を2割以上、上回っている。

・外部リンク
メルセデス・ベンツ日本>ニュースリリース>クリーンディーゼル「C 220 d」を追加(2015年9月28日、PDFファイル)

 

価格帯&グレード展開

220dのセダンは559万円~、ワゴンは595万円~


C220d アバンギャルド(AMGライン装着車)

Cクラスの超ワイドなモデルレンジの中で、C220dは価格や出力面でちょうど真ん中あたりに位置する。2016年1月現在のラインナップは、以下の通り。2015年12月には、2.0L ガソリンターボのプラグインハイブリッド車「C350e」が追加されている。

なお、海外には1.6Lディーゼルの「C200d」のほか、2.2Lディーゼルの204ps/500Nm仕様「C250d」、2.2Lディーゼルハイブリッドの「C300h」がある。

 

【Cクラス セダン】
・C180 / C180 Avantgarde
 427万円 / 476万円
・C200 Avantgarde 534万円
C220d Avantgarde 559万円
 ※今回の試乗車

・C250 Sport 657万円
・C350e Avantgarde 707万円
・C450 AMG 4MATIC 863万円
・Mercedes-AMG C63 1195万円
・Mercedes-AMG C63S 1325万円

 

C220d ステーションワゴン アバンギャルド(AMGライン装着車)

【Cクラス ステーションワゴン】
・C180 / C180 Avantgarde / C180 Sport
 451万円 / 539万円 / 584万円
・C200 Avantgarde / C200 Sport
 570万円 / 616~654万円
C220d Avantgarde / C220d Sport
 595万円 / 641~679万円

・C250 Sport 738万円
・C350e Avantgarde 782万円
・C450 AMG 4MATIC 943万円
・Mercedes-AMG C63 1275万円
・Mercedes-AMG C63S 1405万円

 

パッケージング&スタイル

外観はガソリン車と変わらず


現行Cクラス(カタログモデル)のフロントグリルは、かつて言うところのアバンギャルドグリルになる

現行Cクラスの試乗記は昨年10月のC180に続いて2度目なので、簡単に触れる。

ボディサイズは全長4690mm(試乗したAMGラインは4715mm)×全幅1810mm×全高1435mm(AMGラインは1430mm)、ホイールベース2840mm。ロングノーズ、ショートデッキで、特にトランクの短さが際立つ。ディーゼルかどうかを見分けるには、リアのバッジを見るか、エンジンの音を聞くしかない。

 

試乗車はアバンギャルド AMGライン仕様。エアロパーツ、18インチAMGホイール等を装備

最小回転半径はわずか5.1m(C450 AMG 4MATICは5.3m、Mercedes-AMG C63は5.4m)
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
BMW 3シリーズ(2012~) 4625 1800 1440 2810 5.4
レクサス IS(2013~) 4665 1810 1430~1460 2800 5.2
ジャガー XE (2015~) 4680 1850 1415 2835 5.5
メルセデス・ベンツ Cクラス (W205型、2014~) 4690~4715 1810 1430~1445 2840 5.1~5.3
アウディ A4 (B9型、2016~) 4730 1840 1430 2820
トヨタ クラウン (2012~) 4895 1800 1450~1460 2850 5.2
 

インテリア&ラゲッジスペース

装備充実。空間はややタイト

写真はオプションの「レザーエクスクルーシブ」および「AMGライン」装着車で、レザースポーツシート、レザーARTICOダッシュボード、ブラックアッシュウッドインテリアトリム、AMGスポーツステアリング等を標準装備する。

先回試乗したSクラスと比べると、当然ながら全体にタイトで、天井は低く、センタートンネルの張り出しは大きめ(ふくらはぎでホールドはしやすい)。8.4インチ ワイドディスプレイ、タッチパッド付のCOMANDコントローラー、パドルシフト、7エアバッグを全車標準する。

 

後席フットルームは十分に広いが、背もたれは少々立ち気味で正しい姿勢が求められる。乗り込む際は頭をかがめる必要があり、このあたりが気になるなら、ワゴンを選んだほうが良さそう。

 

後席は足元こそ広いが、だらけた姿勢では座りにくい

写真はパッケージオプションに含まれる本革スポーツシート
 

トランク容量は445Lと平均的だが、後席は3分割可倒式でトランクスルー。試乗車は電動トランクリッド付

試乗車はMOExtended(ランフラット特性タイヤ)装着車で、スペアタイヤはなし
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
メルセデス・ベンツ 名古屋南・名古屋北

最近の試乗記