Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ダイハツ キャスト スポーツ “SA II”

ダイハツ キャスト スポーツ “SA II”新車試乗記(第777回)

Daihatsu Cast Sport “SA II”

(660cc 直3ガソリンターボ・CVT・162万円~)

軽を舞台に
一人三役キャスティング!
個性派新人の実力をチェック!

2016年01月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3モデルでスタート


ダイハツ キャスト(東京モーターショー2015)

新型「キャスト」は、「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトとする新型軽乗用車。プラットフォームやパワートレインは、現行型「ムーブ」(2014年12月発売)をベースとしながら、個性的なデザインや高い質感にこだわり、開発当初から「アクティバ」「スタイル」(以上は2015年9月9日に発売)、「スポーツ」(10月29日に発売)という3つのバリエーションを展開する。

月販目標はシリーズ合計で5000台。発売から1ヶ月間の受注台数は、その4倍の約2万台に達したという。

車名は「配役」という意味の英語「Cast」が由来。

・外部リンク
ダイハツ>プレスリリース>新型軽乗用車「キャスト」を発売 (2015年9月9日)
ダイハツ>プレスリリース>「キャスト」受注状況 (2015年10月13日)
ダイハツ>プレスリリース>「キャスト スポーツ」を発売 (2015年10月29日)

 

価格帯&グレード展開

NAは122万0400円~、ターボは162万円~

cast-02pr-activa.jpg
クロスオーバーSUV風の「キャスト アクティバ」。ボディ下部に樹脂製ガーニッシュを装着、大径タイヤ(165/60R15)を履き、最低地上高は通常より30mm高い(FFで180mm、4WDで175mm)。テリオスキッド(2012年に販売終了)の間接的な後継モデルとも言える

クロスオーバーSUV風の「アクティバ」、そして都会的な「スタイル」はNA(自然吸気エンジン)とターボ車を用意。スポーツはターボ車のみになる。

ミッションは全車CVT(無段変速機)。駆動方式は全グレードでFFと4WDがあり、特にアクティバの4WDには悪路での走破性を高めるグリップサポート制御やDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御が標準装備になる。

また、スポーツにはBi-Angle LEDヘッドランプ(トヨタ車で言うところのバイビーム)、サイドエアバッグ、専用スポーティサスペンションが標準装備され、さらにオプションでカーテンシールドエアバッグ(4万3200円)も装備できる。

■アクティバ(FF/4WD)
・NA:122万0400円~/135万円~
・ターボ:151万7400円/164万7000円

 
cast-02pr-style.jpg
「キャスト スタイル」はアーバンな雰囲気。外装にメッキ加飾などが施される

■スタイル(FF・4WD)
・NA:122万0400円~/134万4600円~
・ターボ:151万7400円/164万1600円

■スポーツ(FF・4WD)
・ターボ:162万円/174万4200円

 

パッケージング&スタイル

丸目ヘッドライト、台形フォルム


フロントフェンダー、バックドア、Cピラー外板(ガーニッシュ)は樹脂製

全高はムーヴと同程度ながら、コペン セロ風の丸目ヘッドライトや、横から見た時の台形フォルムなど、エクステリアはキャスト専用。エッジの立ったムーヴに対して、こちらは全体に丸く、フロントグリルやバックドアが寝ていて、グラスエリアが小さい。開発中のデザインスケッチを見ると、当初はBMW MINIを意識していたように思える。

今回試乗した「スポーツ」は、その名のごとくスポーティな雰囲気で、レッドピンストライプ付エアロバンパー、専用グリル、常時点灯のフロントLEDイルミネーションランプ、超偏平16インチタイヤ(165/50R16 ※FF車のみ)、専用スポーティサスペンション等を装備したもの。さしずめ、これはクーパーSか。

オプションで「デザインフィルムトップ」を用意

試乗車はグリーンのボディカラーに、メーカーオプションでブラックルーフとレッドのドアミラー/Cピラーを組み合わせた「デザインフィルムトップ」仕様。ダイハツの独自技術「Dラッピング」で、ルーフ、ルーフサイド、スポイラーをラッピングしたもので、継ぎ目が目立たず、耐久性も一般的な塗装と同等らしい。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
ダイハツ コペン セロ (2015~) 3395 1475 1280 2230 4.6
ダイハツ ソニカ (2006~2009) 1470 2440 4.5~4.7
スズキ アルト (2014~) 1475~1500 2460 4.2~4.6
ダイハツ ミライース (2011~) 1490~1500 2455 4.4
ホンダ N-ONE (2012~) 1610~1630
※1545(LOWDOWN)
2520 4.5~4.7
ダイハツ ムーヴ (2014~) 1630 2455 4.4~4.7
ダイハツ キャスト (2015~) 1600~1640 4.7
スズキ ハスラー (2014~) 1665 2425 4.6
ホンダ N-BOX スラッシュ (2014~) 1670~1685 2520 4.5~4.7
 

インテリア&ラゲッジスペース

軽自動車の内装とは思えない


インパネ骨格はアクティバ、スタイル、スポーツで基本的には共通だが、ダッシュパネル形状や助手席側小物入れの形状などは異なる

インパネの造形は、アクティバ、スタイル、スポーツで微妙に異なり、もちろんベースになったムーヴのものとも異なる。

写真はスポーツに標準の「レッド&ブラック」内装で、ブラック基調のインテリアに、赤のダッシュパネルと吹出口ベゼルがアクセント。さらにコペン ローブ/セロ/エクスプレイの「S」モデル用と同じMOMO製ステアリング(パドルシフト付)や、レザー調表皮のシート(運転席シートヒーター付)も標準装備される。軽自動車の内装とは思えない豪華さ。

 

インパネシフトの周辺はムーヴと基本的に同じ

ダッシュセンターには巨大なディスプレイ用スペースがあり、ここにメーカーオプションなら6.2インチ、ディーラーオプションでは最大で8インチのワイドディスプレイを装着できる。大型液晶画面を前にして座れば、そこはお茶の間。

 

後席は前後240mmスライド機能付(写真は後端)。シート形状が平板で、フィット感は少々物足りない

スポーツのシート表皮はレザー調で、標準がブラック、オプションでホワイト(無償)が選択可。ステアリング調整はチルトのみ
 

後席は5:5分割で前後スライド&リクライニング可

前席ヘッドレストを抜いてロングソファモードにした状態
 

背もたれはほぼフラットに畳めるし、後席を前端にスライドしておけば前席との間に隙間も生じない

荷室の床下には大容量ラゲージアンダーボックスを備える
 

基本性能&ドライブフィール

よくも悪くも「ターボ」感なし

試乗したのはキャスト スポーツのFF。自然吸気エンジンにしては普通に加速するし、ターボエンジンにしては自然なレスポンスだな、などと思いつつ走り出すが、試乗車はスポーツなので、もちろんターボ車。

エンジンはダイハツの軽でおなじみ、KF型ターボ(64ps、92Nm)で、変速機もおなじみダイハツ独自の3軸式CVT(無段変速機)。車重は現行ムーヴのターボ車と同じ850kg(4WDは900kg)で、スーパートール型&スライドドア装備のタントより100kg以上、ウェイクより150kg以上軽い。

 

燃費性能も配慮すべき昨今、ふた昔前の軽ターボ車みたいな元気さはなく、パワー感はごく普通レベル。パワフルではないが、ターボラグもないという意味で、よくも悪くも「ターボ」っぽさはない。スポーツモデルというより、快適性の高い軽の上級モデルという印象が強い。初期の3軸式CVTを思うと、ヒューンというメカニカルノイズはずいぶん静かになった。

MOMO製ステアリングには7速マニュアルモードのパドルシフトまで付いているが、ほとんど操作する必要はない。エンジンブレーキを掛ける時に多少便利かな、と思うくらい。

足回りにはコペンのノウハウを注入


試乗車はスポーツ(FF車)に標準のアドバンA10だが、オプションでコペンと同じポテンザ RE050Aも選択可能

足回りは意外に硬め。キャスト スポーツ(FF車)に標準装備の「スポーティ」サスペンションは、ローダウンこそされないが、専用のコイルスプリングやショックアブソーバーを備えたもので、セッティングには現行コペンのノウハウが活かされているらしい。もちろんコペンのような本気の「スポーツ」サスではないが、この手のセミトール軽としてはスポーティに走るなぁ、という印象は受ける。コーナーでだらしなくアンダーが出たり、車線変更でグラついたりしない。

スポーツのFF車の場合、タイヤは165/50R16のヨコハマ アドバンA10が標準。軽に16インチというだけでもびっくりぽんだが、オプションではさらに、コペンと同一のブリヂストン ポテンザ RE050A(コペン エクスプレイSと同じデザインのアルミホイールとセットで2万1600円)も選択できる。正直、これ以上のグリップが必要とは思えないが、RE050Aの方がタイヤ剛性が高く、よりシャープなハンドリングになるらしい。ただ、乗り心地とロードノイズは悪化するようだ。少なくともアドバンA10なら当たりが柔らかく、ロードノイズも気にならないし、グリップも十分。

単眼カメラを備えたスマアシII を装備。車線逸脱も警告

赤外線レーザーを備えたスマアシこと「スマートアシスト」に、単眼カメラが加わった第二世代、スマートアシストII(衝突回避支援ブレーキ機能・衝突警報機能)はスポーツに全車標準(アクティバとスタイルはベースグレードのXを除き標準)。

IIになって具体的に進化したのは、まず従来より速度域の広い約4~50km/hで、先行車に対して自動ブレーキが作動するようになったこと。また、約4~100km/hで走行中に、前方の車両を検知して追突の危険性を警告するようになったほか、さらに約4~50km/hで走行中に、前方の歩行者をカメラで検知して警告するようにもなったのも、IIならではのポイント。また、アクセルの踏み間違いによる急発進を防ぐ「誤発進抑制制御機能」や、便利な「先行車発進お知らせ機能」も付いている。

もちろん機能的にはミリ波レーダーを使ったものより簡便だが、全体としては従来スマアシに比べて、かなり実効性の高いシステムに進化している。

 

フロントグリルに赤外線レーザー、フロントガラス上部に単眼カメラを備える

また、単眼カメラが付いたことで、「車線逸脱警報機能」も備わった。これは約60km/h以上で走行中、カメラで車線を読みとり、逸脱しそうになると警報を鳴らすもの。普通車では20年くらい前からあるものだが、これが軽に標準というのが感慨深い。

100km/h巡行時のエンジン回転数は、さすがターボ&CVT車、3000rpmを大きく下回る。高速道路でも静粛性は高く、直進安定性もまずまず。これだけの性能があれば、ホンダ Nシリーズのターボ車のようにクルーズコントロールを設定して欲しくなる。

ただ、モーターデイズ的には、軽のグランドツアラーとも言えたダイハツの意欲作「ソニカ」とついつい比べたくなってしまうのが悪い癖。そう言えばソニカには、レーダークルーズコントロールまで用意されていたっけ。

試乗燃費は14.0~18.0km/L。JC08モードは24.8km/L

今回はトータルで約180kmを試乗。参考ながら試乗燃費は、いつものように一般道と高速道路を走った区間(約80km)が14.0km/L。一般道を大人しく走った区間(約30km)が18.0km/Lだった。

JC08モード燃費はFFで24.8km/L(4WDでも同等の24.6km/L)。燃料タンク容量は30L。

 

ここがイイ

軽ばなれした上質感、性能、装備

個性的なデザイン、質感の高さ、充実した安全装備。それゆえの車両価格162万円(スポーツ)なのか、この価格ゆえの豪華さなのか、思わず考えてしまうが、今や新車の軽で諸経費込み200万円オーバーも珍しくないから、一概に高いとも言えない。普通車は要らないし、タントやウェイクのような広さも要らないが、「ちょっといい軽」が欲しい、という最近の需要に応えようという志は伝わってくる。

ここがダメ

もう少し背の低いモデルも欲しい

試乗したキャスト スポーツは、現行のダイハツ軽4ドア車の中ではスポーティなモデルを目指しているが、例えばスズキのアルト ターボRSやワークスに比べると重心が高く、車重もあり、スポーツ度では明らかに敵わない(快適性では上回るが)。その意味では、全高をもっと低く抑えたミラ系プラットフォームがベースだったらと思わずにはいられない。であれば、2009年に販売終了したミラジーノの新型(のようなもの)も無理なく作れそう。

運転ポジションは、シートリフターを一番下にしてもけっこう高め。また、ステアリング位置は少し遠い感じがする。これだけの装備内容なら、チルトだけでなくテレスコも欲しいところ。

総合評価

ネイキッド、ミラジーノ、ミラ クオーレ…

日本の軽自動車は、独自の「枠」があるのでデザインはものすごく厳しい。その中でこれまで各メーカーはいろいろやりくりしてきて、今の全盛があるわけだが、各社ほんとにうまくデザインしていると思う。よくぞここまでと頭が下がる思いだ。

ダイハツの場合も、これまで色々とユニークな軽自動車を出してきた。最近で言えば、まさに女性専用車というべきミラ ココアやムーヴ ラテ、カクカクシカジカのムーヴ コンテ。もう少しさかのぼれば、モーターデイズで絶賛したソニカ、クラシックミニ風だったミラジーノ、道具感がウリのネイキッド、クロカンSUVのテリオスキッド。もっと昔のことを思い出すと、1980年代から90年代にはミラ ウォークスルーバンなんてのもあった。これなど、後の大ヒット車、タントの先祖かも。

また、懐かしく思い出すのは1980年に出た初代ミラ クォーレ。これに社外品のエアロパーツをつけると、まるでイノチェンティ ミニ デ・トマソのようなカッコよさになり、一世を風靡したものだ。本当に「ワク」の中で、よくぞ作ってきたと思う。そして今回のキャスト登場だ。

一台で3タイプという、欲張りな新型車に

まずはキャストが出るまでのラインナップで、ライバルであるスズキと対比させてみよう。ムーヴはワゴンR、タントはスペーシア。ミラ ココアはラパン、ムーヴ コンテはMRワゴン、ミラはアルトに、それぞれぶつかることになる。ここまではまあいいが、その先が難しい。スズキにはヒット車のハスラーとロングセラーのジムニーがあり、アルトにはターボRSやワークスなど走りのモデルも投入されているが、これに対抗するダイハツ車はなかった。ハスラーの対抗はあえて言えばウェイクだが、ジャンルは全く異なる。ジムニーに対抗できるモデルもない。まあスズキにはコペンに対抗できるモデルはないが。

ということで、もともとは「ちょっといい軽」という、独自のコンセプトで開発されたらしいキャストには、開発途中から、それら全部をやっつける役割が与えられたようだ。キャスト アクティバはハスラーに、キャスト スポーツはアルトターボRSに、キャスト スタイルはかつてダイハツが得意としていたネオレトロ路線で、本来の「ちょっといい軽」として、一台で3タイプという、欲張りな新型車になった。インパネ形状まで2タイプ用意されている。

そしてキャストのデザインは、ダイハツらしいユニークなものになった。よく言えばユニークだが、なんとなくちょっと変なスタイルにも見える。それはウェイクも同様なので、それが独自性かもしれない。たった3年しか販売されなかったソニカの反省もあってか、4ドア車で低いクルマは作りたくない。その結果がこのデザインということだろう。試乗車は珍しいグリーンだったこともあって、そうとう人目を引いた。インパクトのあるデザインであることは間違いない。

普通車だと性能はシビアに追求されるが、軽自動車の場合はどうだろうか。クルマに本格的なスポーツ性能を求めるなら、軽を選ぶ必要はないと思う。かなりスポーティといったあたりで十分商品力になる。実際、キャスト スポーツの場合、走りの面では本当にもう何も不満がない。軽の枠でそこそこ広い室内で、4人がしっかり乗れて、それでいてスポーティにも走れるなら文句ないのでは。そうした意味では目標台数である月5000台のクリアは難しくないだろうし、それは初期受注が2万台という数字にも表れている。ただこれが今後、万人受けして大ヒットするか、三兎を追うものは一兎を得ずとなるか、そこまではちょっとわからない。

新しいミラ TR-XXとアルトワークスの対決なるか

軽自動車ながら、先進安全装備もこれまでになく充実していて、すべてが高いレベルにあるから、デザインが気に入るなら、普通車から乗り換えても素直に感動できるはず。今の軽なら長距離移動も十分できるから、カーマニアでないなら、これ一台でほとんど十分だ。

先日、ある女性に9年乗ったコンパクトカーから自然吸気エンジンの軽への乗り換えを勧めたが、「大満足です」とのお礼を頂いた。彼女の場合は当初の予算が100万円だったが、それではなかなかトールタイプの軽は買えないので、あと20万円ほど出してもらって、いわゆる登録済み車を買ったのだが、軽を買うならその辺りの価格帯がやはり手頃だ。総額支払い150万円を超えてしまう昨今の軽自動車は、なかなか勧めづらい。性能や装備は素晴らしいが、軽自動車は少し高くなりすぎているようにも思う。

しかしまあクルマ好きとしてはキャストに対して、もうちょと潔くワンコンセプトでも良かったのではないかなとも思う。特にアクティバはきれいにまとまっている。ボディサイドの黒く太いガーニッシュや樹脂バンパー、大きなフォグライト、フェンダーモールが、ボディサイド上下の間延び感を引き締めている。グリルもスタイルやスポーツと違って逆台形だから、顔が引き締まって見える。これならハスラーにも十分対抗できるだろう。これ一台の方がわかりやすいようにも思える。

 

そして色々事情はあるだろうけれど、スポーツモデルなら、もうちょっと低くてワイドなイメージでないと、と思わずにいられない。かつてのミラ ターボ TR-XXのデザインは、今見てもカッコイイと思うのだ。実際、中古車は信じられないような高値で今も取引されている。前述した初代ミラ クオーレのデ・トマソ風のように、あるいはダイハツとデ・トマソがコラボしたシャレード デ・トマソ ターボのように 、初代TR-XXにも同じイメージのツートーンモデルが出ている。こうするとちょっと背が高めでも、低くスポーティに見える。今回のキャストにはラッピングでツートーン仕様が用意されているが、これで今、かつてのツートーンをやったらどうだろう。かつてのデザイン手法やイメージを利用したスポーツモデルがあったらいいのにと思う。それはモデルライフ10年目を迎えて、そろそろフルモデルチェンジされるだろう、ミラでやってもらいたいもの。新しいミラTR-XXとアルトワークスのスポーツモデル対決が見られる日は来るだろうか。

 

試乗車スペック
ダイハツ キャスト スポーツ “SA II”
(660cc 直3ガソリンターボ・CVT・162万円~)

●初年度登録:2015年10月 ●形式:DBA-LA250S
●全長3395mm×全幅1475mm×全高1600mm
●ホイールベース:2455mm
●最低地上高:150mm ●最小回転半径:4.7m
●車重(車検証記載値):850kg(530+320)
●乗車定員:4名

●エンジン型式:KF
●排気量:658cc
●エンジン種類:直列3気筒DOHC・4バルブ・ターボ・横置
●ボア×ストローク:63.0×70.4mm ●圧縮比:9.5
●最高出力:47kW(64ps)/6400rpm
●最大トルク:92Nm (9.4kgm)/3200rpm
●カムシャフト駆動:タイミングチェーン
●使用燃料/容量:レギュラーガソリン/30L

●トランスミッション:CVT(無段変速機)
●JC08モード燃費:24.8km/L

●駆動方式:前輪駆動(FF)
●サスペンション形式(前):マクファーソンストラット+コイル
●サスペンション型式(後):トーションビーム+コイル
●タイヤ:165/50R16(Yokohama Advan A10)

●試乗車価格(概算):168万4800円 ※オプション:デザインフォルムトップ(カーボン調/ブラック) 4万3200円、純正ナビ装着用アップグレードパック(ステアリングスイッチ、バックカメラ、16cmリアスピーカー、ツィーター) 2万1600円
●ボディカラー:フレッシュグリーンメタリック

●試乗距離:約180km ●試乗日:2015年12月
●車両協力:名古屋ダイハツ

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
フォルクスワーゲン 本山

ダイハツ 最新の試乗記10件

最近の試乗記一覧

関連コンテンツ一覧