Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > MINI クーパーS クラブマン

MINI クーパーS クラブマン新車試乗記(第783回)

MINI Cooper S Clubman

(2.0L 直4ターボ・8AT・384万円)

MINIきっての変わり者から
使える4ドアワゴンに進化!

2016年03月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

第2世代クラブマンは一般的な4ドアに


新型MINI クラブマン

日本では2015年9月に発表、11月7日に発売された新型「クラブマン」(F54型)は、MINIブランドの4ドアステーションワゴン。2007年に登場した先代クラブマン(R55型)の後継車にあたる。パワートレインやプラットフォームは現行の第3世代BMW MINIのほか、BMWの2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラーやX1と共通する点が多い。

 

新型MINI クラブマン

先代クラブマンは観音開きの前後ドア(クラブドア、車体右側のみ)とリアゲート(スプリットドア)を備えていたが、新型はスプリットドアを継承しつつ、一般的な前ヒンジの4ドアを採用。ボディサイズは一回り以上大きくなった。

 

東京モーターショー2015に出展された新型MINIクラブマン

エンジンは現行の第3世代BMW MINIと同じ1.5L直3ターボエンジン(クーパー)と2.0L直4ターボエンジン(クーパーS)。トランスミッションはクーパーに6AT、クーパーSにMINI初の8速ATを採用している(いずれもアイシンAW製)。

■過去の新車試乗記
MINI クーパー クラブマン (2008年5月掲載)

 

価格帯&グレード展開

クーパーが344万円、クーパーSが384万円


手前(1本マフラー)がクーパー、奥(2本マフラー)がクーパーS

目下のラインナップは、1.5L直3ターボ(136ps、220Nm)+6ATの「クーパー クラブマン」(344万円)と、2.0L直4ターボ(192ps、280Nm)+8ATの「クーパーS」(384万円)の2種類。公式HPを見ると、さらに4WDの「クーパーS クラブマン ALL4」も追加される模様。日本仕様にMTの設定はない。

MINIらしくオプションは多種多様。思いつくままにレザーシートやアクティブクルーズコントロール(ミリ波レーダー式のクルーズコントロール)などを追加していくと、諸経費込みで500万円超えもあり得る。

 

オプションの「レザー チェスター」スポーツシートは30万5000円~43万7000円

ちなみにMINIの3ドアハッチ(F56型)は、標準グレードの「ワン」なら226万円~、5ドアハッチバック(F55型)なら255万円~。クラブマンはMINIの中でもかなりお高い方になる。

■クーパー クラブマン   344万円
■クーパーS クラブマン   384万円
■クーパーS クラブマン ALL4 -円

 

パッケージング&スタイル

前ヒンジの4ドアを採用

冒頭で触れたように、先代クラブマンにあったクラブドアが廃止され、一般的な前ヒンジの4ドアワゴンに生まれ変わった新型。ユニークさは薄れたが、実用性は明らかに向上した。デザイン上、ドア以外に大きく変わったのはリアコンビランプで、先代クラブマンではクラシックMINI時代の2ドアワゴン版(モーリス ミニ トラベラーなど)に倣った縦型だったが、新型ではMINIの上級2ドアクーペ「ペースマン」のような横型に変更された。おそらく上級感を出すためだろう。

全幅は1800mmに一挙拡大


標準タイヤは全車225/45R17だが、試乗車はオプションの225/40R18(ランフラット)を履く

全長は先代より290mm長くなり、全幅に至っては一気に115mm増えて1800mmになった。ホイールベースも125mm伸びて2670mm。結果として、全長、全幅、ホイールベースは、現行MINIで最大になり、VW ゴルフ7とほぼ同等になった。もはやどこから見ても堂々たるCセグメント車。全高は低いままなのでロー&ワイド、そして胴長に見える。

 

正面から見ると、そのワイドトレッドやフェンダーの張り出し感やよく分かる

全高が低いため、ワゴンというよりシューティングブレイク風にも見える
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
MINI 3ドア(F56型、2014~) 3835~3860 1725 1415~1430 2495 5.15
MINI 5ドア(F55型、2015~) 4000~4015 1725 1445 2565
MINI クラブマン(R55型、2007~) 3935~3980 1685 1440 2545 5.5
MINI クロスオーバー(R60型、2010~) 4105~4145 1790 1550 2595 5.8
新型MINI クラブマン(F54型、2015~) 4270 1800 1470 2670 5.5
VW ゴルフ GTI(2013~) 4275 1800 1450 2635 5.2
BMW 2シリーズ アクティブツアラー(2014~) 4350~4355 1800 1550 2670 5.5
BMW X1(2015~) 4455 1820 1600~1610 2670 5.4
4代目トヨタ プリウス (2015~) 4540 1760 1470~1475 2700 5.1~5.4
 

インテリア&ラゲッジスペース

MINI初の電動パーキングブレーキを採用


試乗車はオプションの「レザー クロス・パンチ ピュア・バーガンディ(スポーツシート)装着車

インパネは、現行の3/5ドアハッチとほぼ同じで、メーターはドライバーの正面に、純正ナビ(全車標準)はインパネの真ん中に配置される。速度計がインパネ中央にあった時と比べると、面白みは薄まったが、視認性はまともになった。

注目は、MINIで初めて採用された電動パーキングブレーキ。クロスオーバーやペースマンでも手動サイドブレーキだったわけで、新型クラブマンがいかに上級モデルとして開発されたかが分かる。

 

エンジンの始動・停止はセンターコンソールのトグルスイッチで行う

夜間は乗降時にLEDライトが足元を照らしてくれる。地面に浮かび上がるロゴマークにびっくり
 

8.8インチワイドディスプレイとナビは全車標準

MINI コントローラー(BMWで言うところのiDriveコントローラー)と電動パーキングブレーキのスイッチ
 

クラブドアを廃止し、便利さアップ


運転席メモリー機能付き電動レザーシートもオプションで用意

クラブドアを廃止し、前ヒンジの4ドアにしたことで、“便利さ”は大幅にアップした。先代のクラブドアは、フロントドアの開けないとリアドアが開かないなど、率直に言ってかなり不便だったが、新型ではごく自然にリアドアを開けて、手荷物を後席に置ける。後席の乗降性も当然ながら良くなった。

室内スペース、特に後席は明らかに広くなった。惜しむらくは座面が後ろ下がりで、かつ背もたれの角度が立ち気味なおかげで、リラックスした姿勢で座れないこと。

 

ドアの数的に先代が5ドアだったとすれば、新型は6ドアと言える

後席は先代より明らかに広く、乗降性もアップ
 

荷室容量アップ。スプリットドアは健在


後席は標準だと60:40分割だが、「スルー・ローディング・システム」装着車なら40:20:40の3分割

荷室容量は先代クラブマン(260L)や現行5ドア(278L)より広く、ゴルフ7(380L)に迫る360Lに拡大。後席を倒せば1250Lに拡大できる。

リアのスプリットドアは、ドアハンドルのほか、「コンフォート・アクセス・システム」装着車ならリモコンのボタン操作でも開けることができるが、その場合は右側がバネ仕掛けで勢いよく開くのでご注意を。試すのを忘れてしまったが、もう一度ボタンを押すと左側も開き、また、リアバンパーの下に足を入れるジェスチャーでも開けることが出来るようだ。

 

荷室容量は360~1250L。背もたれは完全にフラットには倒れない

スプリットドアは、ドアハンドル、スマートキー、バンパー下に足をかざす、の3通りで開けられる
 

基本性能&ドライブフィール

4気筒ターボのクーパーSに試乗


BMWの2L直4ターボ「B48A20A」エンジン。1.5L 3気筒ターボ版は「B38A15A」と呼ばれる

試乗したのはクーパーS。パワフルな2L 4気筒・直噴ターボエンジン(192ps、280Nm)とMINI初の8速ATを搭載したモデルで、価格は384万円。

「クーパー」に搭載される1.5L 3気筒ターボと比べると、さすがにこちらは滑らかに回る。車重は1470kgで、先代クラブマン(1.6L ターボ)よりも約200kg、現行3ドアハッチのクーパーS(6ATで1320kg)より約250kgも重いので、「やんちゃ」なほどの加速感はなく、扱いやすさが光るタイプ。2000rpm以下でアクセルを踏むと、ふわっと優しいトルク感が盛り上がる。

 

それでも、1速でアクセルをガツンと踏めば、さすがクーパーS、オプションの18インチタイヤを軽々と空転させ(すかさずESPが介入してトラクションを確保する)、ロケットのように飛び出し、2速から上は「コーーーン!」と快音を響かせながら加速していく。シャシーのせいか電子制御のせいか、ヒヤッとするほどのトルクステアは出ない。0-100km/h加速は、クーパーが9.1秒、試乗したクーパーSが7.2秒。3ドアハッチのクーパーS乗りには刺激不足かもしれないが、速さ自体は十分だろう。

 

Greenモードでは「効果的な走る喜び」(写真)、Midモードだと「際立つMINIの走る喜び」、Sportモードにすると「最高のゴーカートフィーリング」と表示

そして、まっすぐ走っている時でも、ステアリング系の剛性感が妙に高く、まさしくBMWに通じるイイもの感がある。これなら女性でも安心して乗れそう。

ちなみに最小回転半径は5.5m。MINI 3ドアハッチの5.1mやゴルフの5.2mと比べると大きめだが、実際には特に気にならなかった。それより気を使うのは全幅1800mmの方で、トレッドがかなりワイドなので、狭い道ですれ違う際には左に寄り過ぎないように、また駐車場などでチケットを取る際には右ホイールに注意されたし。

オトナになった「ゴーカート感覚」

ハンドリングはひとことで言えば安定志向。中高速コーナーは気持ちよくオン・ザ・レール感覚でクリアできるが、低速のタイトコーナーではこれまでのMINIにはあまりなかった大人しさ、ダルさが顔を出す。ホイールべースが長いせいもあるが、ブッシュが一瞬たわんでから反応するような感じは乗り心地を重視したセッティングのせいだろう。

その乗り心地はMINIとしては最上の部類。速度域の低い一般道でピッチングや突き上げが気になることはほとんどなかった。

 

運転モード切替スイッチはシフトレバーの根元。真ん中がMid(ノーマル)、左にスライドさせるとSport、右にスライドさせるとGreen(エコ)。走行中でも割と操作しやすい

高速域では、MINIとして考えればフラット感は高い方で、安心感もあるが、段差やうねりを越える際には、バウンシング(クルマ全体が上下にバウンドすること)が起きやすい。オプションの電子制御ダンパー「ダイナミック・ダンパー・コントロール」(7万7000円)は、ハンドリングも含めてこのあたりへの対策かも。

100km/h巡行時のエンジン回転数は、8速トップで1700~1750rpmくらい。ロードノイズや風切り音が目立ってうるさくならないのは、さすが欧州車。MINIの中では最も高速ロングドライブに適したモデルかも、と思った。試乗車は普通のクルーズコントロールしか付いていなかったが、オプションでミリ波レーダーを備えた「ドライビング・アシスト+アクティブ・クルーズ・コントロール」(9万4000円)も装備できる。ちなみに最高速(メーカー発表値)は、クーパーが205km/h、クーパーSが228km/h。

試乗燃費は10.1~11.8km/L。JC08モードは16.6km/L

今回はトータルで約200kmを試乗。試乗燃費は一般道と高速道路を走った区間(約90km)が10.1km/L。一般道を無駄な加速を控えて走った区間(約30km)が11.8km/Lだった。1.5トン弱という車重、2Lのターボエンジンということを考えると、まぁ妥当なところでは。

JC08モードはクーパーが17.1km/L、試乗したクーパーSが16.6km/L。燃料タンク容量は48Lで、指定燃料はもちろんハイオク。

 

ここがイイ

実用的になった

一般的な4ドアになったことで、実用性が大幅に増したこと。先代と同じクラブマンと呼ばれるが、ボディサイズもぜんぜん違うし、まったくの別物と言ってもいいかもしれない。MINIとしては乗り心地も良好で、室内や荷室も広くなった。運転もしやすいし、実用的なワゴンとして「MINIラブ」な人以外でも不満なく乗れるクルマになっている。

ここがダメ

飛び出る&閉めるときに重いスプリットドア。リアシートの座り心地

リアのスプリットドアは、ドアハンドルやリモコンのボタンを押すと、ロックが外れてスプリングの反発力でポンッと飛び出るように開くが、後ろにクルマやモノがあるとぶつけそうで心配。逆に閉めるときはスプリングの反発力が強すぎてけっこう力が要る。まぁ慣れだとは思うが。

リラックスした姿勢で座れないリアシート。全体としてかなり作りこまれているクルマだが、後席の乗車姿勢は、どうしてこうしたのかよく分からない部分。

MINIではもはやお約束だが、このクラブマンでもバンパー下のクリアランスはかなり小さく、フロントタイヤ前面の整流板がクルマ止めで確実に擦るので要注意。オーバーハングが短いMINIだが、この部分の擦りやすさは輸入車の中でもかなり上の方(スーパースポーツほどではないが)。樹脂製の柔らかい材質なので簡単に破損したりはしないが。

総合評価

MINIの、よりスペシャリティなバージョン

広報サイトによれば「独創的なスプリット・ドアによるユーティリティの高さ、クラフトマンシップあふれる上質な移動空間が高く評価され、日本自動車研究者ジャーナリスト会議が主催する第25回 RJC カーオブザイヤーにおいて、THE NEW MINI CLUBMAN. が輸入車部門を受賞しました。」とのこと。RJCのCOTYはいまいちピンとこないことが多いが、ここでもやはりそんな感じだ。というのも、リアのスプリット・ドアはセンタピラーが後方視界をさえぎってじゃまだし、「ここがダメ」で書いたように使い勝手がいいとはあまり思えない。また、一般的なハッチゲートと違って開けた時にひさしにならないので、雨が降っている時にもちょっと困るかも。使い勝手より伝統デザイン重視でしょ、と思わざるをえない。

いや、そのデザインこそがこのクルマの存在意義。ユーティリティを求めるなら他にも選択肢はあるわけで、あえてクラブマンを選ぶ必要はないだろう。実用的なクルマというより、MINIというスペシャリティなクルマの、よりスペシャリティなバージョンとしてMINI Clubmanは存在している。なんといってもステーションワゴンであることが嬉しい。クラシックMINIの時代からあったワゴンが、今でも新しく作られているのは本当に嬉しい限りだ。

カタチはMINIなのに普通に実用的

クラシックMINIの時代から、MINIのワゴンは特別だった。ただでさえ高価だった当時のクラシックMINIだが、そのワゴンともなればそれはそれはもう高額で、サイズから言ってたいして役に立たないにもかかわらず、ちょっとやそっとでは買えないクルマだった。今回もフルオプションでは500万円前後という価格になり、かなり高価な部類のクルマと言える。しかし考えようによっては、ある種のモノは高いからこそ価値がある、とも言えるわけで、その意味ではこのクルマも昔どおりの立ち位置をキープしている。普通のMINIでは叶えられない「差別化」を求める人は、素直にこれを買えばいい。

クラフトマンシップあふれる上質な移動空間を持っている、というRJCの評価に異議はない。高価なだけに、室内は個性的で質感も高い。走りの方も上質かつ快適で、その点ではMINIのイメージらしからぬもの。MINIと言えばクイックなハンドリングと硬い乗り心地を思い浮かべるが、これなら普通に乗り回しても、もはや全く不満はないだろう。

 

前後のドアも一般的なタイプになり、荷室も広くなり、上質な室内と相まって、MINIであることを意識せず、実用的に使えるクルマになった。ボディサイズは、全長こそカローラ フィールダーより130mm短いが、幅は105mmもワイドで、もうとてもミニと言えるサイズではない。カタチはMINIなのに普通に実用的。「それなら買ってもいいな」という人は少なくないだろう。

その走りだが、このクルマではホイールベースがハッチバックより長いせいもあって、ゴーカートフィーリングはかなり薄れている。走行モードを切り替えると、Greenモードでは「効果的な走る喜び」という微妙な日本語がディスプレイに。Midモードでは「際立つMINIの走る喜び」だ。これがSportモードとなると「最高のゴーカートフィーリング」となるのだが、本文で書いた通り、どのモードも従来MINIのゴーカートフィーリングとは一味も二味も違うマイルドなものになっている。という点では、逆に初めてMINIに乗ってみた普通の人でもあまり戸惑わないはず。

「昔のスガタで出ています」

最近の路上を見ていると、もはや世はクルマをかっ飛ばす時代ではないようだ。山道は攻めるのでなくスマートに楽しむ程度で走り、高速道路では制限速度プラスαで車間制御機能付のクルーズコントロールで走る。快適な室内で、いい音と便利なナビによるエンターテイメントを享受し、ちょっとばかりのレジャーグッズを積み込んで遊びに出かける。そんなことができるクルマがウケる時代だ。むろん4WDもあるに越したことはない。ということをすべて満たしたうえで、伝統的なMINIの姿をしたクルマ、それがクラブマンということだろう。同じようなカーライフはカローラフィールダーでお値打ちにできてしまうのだが、それではつまらないという人は多い。そんな人々を振り向かせるクルマに仕上がっている。

「昔のスガタで出ています」的なクルマの代表は、ポルシェ911やVWビートル、フィアット500、そしてMINIあたりだが、中でも500やMINIのバリエーションは今やなんでもありだ。911やビートルはビジネス的にはそう美味しいクルマにはなっていないが、500やMINIはバリエーションをどんどん増やして、ビッグビジネスになってきている。BMWのMINIビジネスは、ブランドの買収以来20年近い年を経て、誰もが乗れる大きなクルマになったことで、いよいよ大団円を迎えることになるのだろう。

 

MINIは英国生まれのブランドとドイツのメーカーが組んだものだし、フィアット500はイタリア生まれだがメキシコでも生産され、北米でも販売されるという多国籍なクルマだ。一方、現代のビートルは北米市場を睨んだクルマでメキシコ製という、こちらも多国籍なクルマだが、とてもヒットしているとは言えない。ではビッグビジネスねらいのBMWやFCAのように、4ドアバージョンやSUVを作ればもっと売れるのかも……、いやザ・ビートルオーナーとしては、それはかんべんしてもらいたい。が、ここでビートルはすでにRRではなかったと気がついた(苦笑)。となると、やはり今や911だけが、50年以上基本コンセプトを変えずに生き残っている唯一無二の存在ということか(ちなみにそんな911の唯一無二とも言える専門誌、小社発行の「911DAYS」最新号は現在絶賛発売中です)。

 

試乗車スペック
MINI クーパーS クラブマン
(2.0L 直4ターボ・8AT・384万円)

●初年度登録:2015年10月
●形式:DBA-LN20
●全長4270mm×全幅1800mm×全高1470mm
●ホイールベース:2670mm
●最低地上高:-mm
●最小回転半径:5.5m
●車重(車検証記載値):1470kg(890+580)
●乗車定員:5名

●エンジン型式:B48A20A
●排気量:1998cc
●エンジン種類:直列4気筒DOHC・4バルブ・直噴・ターボ・横置
●ボア×ストローク:82.0×94.6mm
●圧縮比:11.0
●最高出力:141kW(192ps)/5000rpm
●最大トルク:280Nm (28.6kgm)/1250-4600rpm
●カムシャフト駆動:-
●使用燃料:プレミアムガソリン
●燃料タンク容量:48L

●トランスミッション:8速AT
●JC08モード燃費:16.6km/L

●駆動方式:前輪駆動(FF)
●サスペンション形式(前):マクファーソンストラット+コイルスプリング
●サスペンション型式(後):マルチリンク+コイルスプリング
●タイヤ:225/40R18 (Pirelli Cinturato P7 RunFlat)

●試乗車価格(概算):472万5000円
※オプション:ボディカラー(メルティング・シルバー・メタリック) 7万6000円 、CHILI PACKAGE(コンフォートアクセスシステム+MINIエキサイティングパッケージ+マルチファンクションステアリング+クルーズコントロール+自動防眩エクステリアミラー+MINIドライビングモード+スルーローディングシステム) 32万5000円、スタースポーク アロイホイール ブラック 2万5000円、リアビューカメラ+PDC 10万3000円、ファイバーアロイ イルミネーテッド 7万5000円、レザークロス・パンチ ピュア・バーガンディー(スポーツシート) 28万1000円
●ボディカラー:メルティング・シルバー・メタリック/ブラックルーフ
●試乗距離:約200km
●試乗日:2016年3月
●車両協力:MINI 名古屋名東

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
MINI正規ディーラー WHITE HOUSE GROUP

MINI 最新の試乗記10件

最近の試乗記一覧