Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ダイハツ コペン セロ

新車試乗記 第768回 ダイハツ コペン セロ Daihatsu Copen Cero

(660cc 直3ターボ・CVT・185万2200円)

丸目のコペンは
乗って楽しく、見て楽しい
愛すべきスポーツコミューターだった!

2015年08月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

新型コペンの着せ替えデザイン第3弾


新型コペンのデザイン第3弾「コペン セロ」
(photo:ダイハツ)

2002年にデビューした初代コペンの後継車として、2014年6月19日に発売された2代目コペン。新型は開発コンセプトの一つが「自分らしさを表現できるクルマ」であり、「Fフレーム」と称する新骨格ボディ構造をベースに、樹脂製のボディ外板を“着せ替え”できる内外装着脱構造「ドレスフォーメーション」が売り。発売当初から、エクステリアデザインが異なる3つのモデルが発表されていた。

 

コペン ローブ
(photo:ダイハツ)

最初に発売されたのが、エッジ感の強い斬新なデザインの「Robe(ローブ)」であり、第2弾が2014年11月に発売されたSUV風の「Xplay(エクスプレイ)」、そして第3弾が、フルモデルチェンジからジャスト1年後の2015年6月18日に発売された今回の「Cero(セロ)」。ちなみにセロという名前は、丸みのある意匠とドレスフォーメーションの始まりを表現する「Circle」と「Zero」からの造語だという。

ベースは1年前に試乗したコペン ローブと共通。すなわちミライースがベースの高剛性ボディに、660ccの直列3気筒ターボエンジンを搭載するFF車。もちろん電動開閉式ハードトップ「アクティブトップ」を装備する。

ローブ、エクスプレイ、セロの3つで月販目標800台に


コペン エクスプレイ
(photo:ダイハツ)

月販目標は、新型デビュー時には700台とされたが、今回から800台に上方修正された(ローブ、エクスプレイ、セロの合計)。なお、新型の販売実績は、この1年間で約1万台とのこと(ローブとエクスプレイの合計)。

生産は引き続き、大阪本社工場(大阪府池田市)の専用ライン「コペンファクトリー」で行われる。

 
【過去の新車試乗記】
 

価格帯&グレード展開

CVTが185万2200円、5MTが187万3800円


コペン エクスプレイ S
(photo:ダイハツ)

コペンは全車、16インチアルミホイール、LEDヘッドランプ(セロはハイ/ローLED、その他はローのみLED)、キーフリーシステムを標準装備。CVTにのみアイドリングストップ機能が備わる。オーディオは全車オプション。

なお、セロの発売と同時に、エクスプレイの上級グレード「エクスプレイ S」も発売された。これはローブ S同様に、約20万円高でレカロシートやビルシュタイン製ショックアブソーバー等を標準装備したもの。このパターンで行くと、「セロ S」の登場もあり得そう。価格は以下の通り。

■ローブ ……………179万8200円(CVT)/181万9800円(5MT)
■ローブ S…………199万8000円(CVT)/201万9600円(5MT)
■エクスプレイ………179万8200円(CVT)/181万9800円(5MT)
■エクスプレイ S……199万8000円(CVT)/201万9600円(5MT)
■セロ………………185万2200円(CVT)/187万3800円(5MT)

着せ替えキットも35万円前後で市販予定


(photo:ダイハツ)

ローブとセロは、樹脂製アウターパネル(11パーツ)やヘッドランプなどの灯火類を交換することが可能。ローブをセロに“着せ替え”するための「DRESSパーツ」は35万円前後のディーラーオプションで2015年10月に発売予定。なお、エクスプレイからローブやセロへの着せ替えはできない。

ボディカラーはそれぞれ8色で、各モデルに専用色が各1色用意される(セロの場合はブリティッシュグリーンマイカ)。

また、メーカーオプションとしては、2DINサイズのインパネオーディオクラスターやオーディオ用ステアリングスイッチをセットにした「純正ナビ・オーディオ装着用アップグレードパック」(1万6200円)、ダイハツ独自のラッピング工法によるルーフへのカーボン調成型PVC貼付「Dラッピング」(5万4000円)、BBS製鍛造16インチアルミホイール(19万8720円)、5MT車専用のフロントスーパーLSD(3万2400円)などが用意されている。

 

パッケージング&スタイル

第3弾でついに丸目登場

ローブをベースに、樹脂外板やランプ類を専用意匠としたのが今回のセロ。具体的には樹脂外板11パーツ、ヘッドランプ、リアコンビランプがローブと異なる。スチール製のドアは共通部品だ。にも関わらず、スタイリングの印象がまったく異なるのは、よくよく考えてみるとすごいこと。

 

セロのデザインは、一見では初代コペンのそれに似ているが、新型では流れる雫(しずく)をイメージしたというように、初代のお椀を伏せたようなスタイルではなく、走り感の強いものに変化している。後ろ上がりのキャラクターラインやダックテールがその象徴であり、先代の可愛らしさをキープしつつも、スポーティさが強まった。また、外板が樹脂製となったことで、質感も豊かになっている。

なお、ローブの時にも書いたが、外板の素材は正確に言えば、ボンネット、トランクリッド、ルーフパネルはGFRP製(ガラス繊維強化プラスチック)、前後フェンダー、前後バンパーはポリプロピレン製。

 

車両協力:名古屋ダイハツ
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
初代コペン(2002~2012) 3395 1475 1245 2230 4.6
2代目ダイハツ コペン (2014~) 3395 1475 1280 2230 4.6
ホンダ S660(2015~) 3395 1475 1180 2285 4.8
4代目(ND型)マツダ ロードスター (2015~) 3915 1735 1235 2310 4.7
 

インテリア&ラゲッジスペース

小物入れが多くて、意外に実用的


試乗車はオプションの純正ナビ&取付キット付(オーディオは未装着状態)

インテリアの場合、ローブとの違いは内装カラーのバリエーションくらいで(セロでは赤が選べる)、詳細な説明は端折るが、S660や新型ロードスターを知った今、今回あらためて見てみると、室内が意外に広く、小物入れがあちこちにあるなど、実用性が高いことに感心する。夫婦で一泊二日くらいの旅行なら行けるかなと思えるほど。オーナーとなれば愛着が湧きそう、と思わせる心地よいパーソナル感がある。

 

初めての人はボンネットを開けるときに困るはず。オープナーは……グラブボックスの中

試乗車はオプションのレッドインテリアパック装着車(3万2400円)。ステアリングのチルトはあるが、テレスコやシートリフターは設定なし
 

背もたれの裏にも小物入れ(というかラック)がある。手を伸ばしにくいが、ドリンクホルダーも2個分用意

パワーウインドウと電動トップのスイッチはシフトレバーの横に並び、紛らわしい。トランクリッドと給油リッドのオープナーは小物入れの中
 

ロック操作は手動だが、約20秒でオープンに

電動ハードトップ「アクティブトップ」の開閉は、厳しいことにシフトレバーをP(パーキング)に入れた時だけ可能。つまり走行中には操作できない。オープンにする場合は、まずフロントウインドウ上部の左右にあるロックレバーを手動でガコッと解除する。

そしてセンターコンソールのスイッチを引き続けると、トランクリッドがウィーンと持ち上がり、続いてルーフとリアウインドウが折り畳まれて、トランク内に収納され、再びトランクリッドが閉まる。動作時間はカタログによると約20秒だが、ボタンを押してから動作完了までの実測は約15秒で、手動ロックの操作時間まで含めると約20秒。時間にすると速いが、なにぶん動作しながらの発進はできないので、信号待ちだとやや焦る場合があり得る。

 

ロック金具は先代コペンと同じで、マツダの初代(NA型)/2代目(NB型)ロードスターの流用品
 

クローズドならゴルフバッグも積める


オープン時の荷室は、容量が少ないことと開口部の狭さがウィークポイント

荷室はクローズド時かオープン時かで、容量が大きく異なる。クローズド時はゴルフバッグ、あるいは大型スーツケースが一つ入るほど大容量だが、ルーフをトランク内に収めたオープン時はショルダーバッグが2つ入る程度。ただしトランクリッドの形状が違うせいだろう、先代よりもオープン時の容量は増えたという。

トランクリッドを開ける時は、室内のボタンを押すか、スマートキーを持った状態でナンバープレート上部に隠れているボタンを押すとロックが解除される。先代同様にトランクリッドの開閉は重いが、贅沢にもイージークローザー付きで、閉める時は最後に電動でウィーンと引き込んでくれる。

 

仕切りの手前側だけに積めばオープンも可能。仕切りを外せばゴルフバッグも載る

荷室の下には、車載工具とパンク修理キット。先代に引き続きパンク修理キットを搭載
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

ダイハツ 最新の試乗記10件

最近の試乗記