Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル エクシーガ クロスオーバー7

スバル エクシーガ クロスオーバー7新車試乗記(第765回)

Subaru Exiga Crossover 7

(2.5L 水平対向4気筒・CVT・275万4000円)

発売7年目を迎えた
エクシーガとSUVが出会う時……
それがクロスオーバーセブン!

2015年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

エクシーガから生まれた「7シーターSUV」


エクシーガ クロスオーバー7
(photo:subaru)

富士重工業スバルが2015年4月16日に発売した「クロスオーバー7」は、3列シート・7人乗りのエクシーガ(2008年6月発売)をベースにした、いわゆるクロスオーバーSUVモデル。スバル言うところの「7シーターSUV」であり、スバルにとっては唯一の3列シート車になる。

つまりは登場から7年経ったエクシーガを都市型SUVに仕立て直したもので、さかのぼること1年と半年前の2013年11月には、東京モーターショーで同名のコンセプトモデルが参考出品されていた。

基本メカはエクシーガの最終2.5Lモデルと同じ


2013年11月の東京モーターショーで発表された「Crossover 7 Concept」(写真は同年12月の名古屋モーターショー)

エクシーガはそのモデルライフにおいて何度かマイナーチェンジを受けており、その最終モデルの一つである自然吸気2.5Lエンジン(FB25型)の「エクシーガ 2.5i EyeSight」が、クロスオーバー7の直接のベース車と言える。ステレオカメラを使ったスバル独自の先進安全装備「EyeSight」も、従来エクシーガと同じver.2(バージョン2)がキャリーオーバーされている。

 

エクシーガ 2.0GT(2008年)

なお、クロスオーバー7の登場をもって、従来エクシーガの販売は終了。また、正式には「エクシーガ クロスオーバー7」という車名も、いずれエクシーガがとれて「クロスオーバー7」になると思われる。

2008年エクシーガ発売時の販売計画台数は月間2300台だったが、クロスオーバー7は同600台。なお、エクシーガはオーストラリアに輸出されたが、クロスオーバー7は国内販売のみの模様。

【外部リンク】 【参考記事】
 

価格帯&グレード展開

2.5L・CVT・AWDで、275万4000円

クロスオーバー7は自然吸気2.5Lエンジンの「2.5i EyeSight」のみで、価格は275万4000円。ミッションはCVT(無段変速機)、駆動方式は電子制御4WD(スバル独自のアクティブトルクスプリットAWD)になり、EyeSight(ver.2)が標準装備になる。

それ以外には、前席サイドエアバッグ、1列目から3列目までカバーするカーテンエアバッグ、運転席&助手席パワーシート、タン色のファブリック/合成皮革のコンビシート、HIDヘッドライト(ハイ/ロー)、専用17インチアルミホイールも標準装備する。

ウルトラスエード内装やオーディオ/ナビはオプション


ウルトラスエード/本革シート装着車
(photo:subaru)

唯一のメーカーオプション(工場装着オプション)は、東レのウルトラスエード(人工スエード)と本革のコンビシート(10万8000円)。色は標準仕様と同じタン色になる。

一方で、ナビゲーションシステムやオーディオヘッドユニットは、ディーラーオプション。また、SUVテイストを強める前後バンパーパネル(セットで7万5600円)、LEDフォグランプキット(7万7760円)も同じくディーラーオプションになる。

ボディカラーは全5色。うち4色は現行レガシィ等と共通カラーで、ダークブルー・パールだけが新色になる。

 

パッケージング&スタイル

前後左右の樹脂パーツで、SUVスタイルに変身


試乗車は前後バンパーキット装着車。ルーフレールや17インチアルミは標準装備

従来エクシーガと比較すると、最低地上高は専用サスペンションで10mm増えただけだが(170mmになった)、新デザインの前後バンパーやフロントグリル(全長は+40mm)、ボディサイドの樹脂製フェンダーアーチトリム(全幅は+25mmの1800mmになった)、サイドシルの樹脂製クラッディングなどで、クロスオーバーSUVスタイルに変身。新設計のルーフレールや専用デザインの17インチアルミホイールも標準装備されている。

パッケージングにエクシーガの面影が残る

エクシーガの面影は当然ながらあり、例えばヘッドライトやリアコンビライトの形状、大きくて直立したサイドウインドウ、後ろ上がりのルーフラインやウエストラインなどに色濃く残る。横から見ると全体に後ろ上がりなのは、乗員の視点や着座位置が3列シートの後ろほど高くなるシアターシートレイアウトだから。

ボディサイズは、全長こそ4780mmと長いが、全幅は1800mmに抑えられている。ただし全高は1670mmあるので機械式駐車場は厳しい感じ。ちなみにグローバルモデルのレガシィB4やアウトバックはもう少し大きく、全長が4.8m前後あり、全幅は1840mmに達する。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
トヨタ プリウス α (2011~) 4615~4645 1775 1575~1600 2780 5.5~5.8
日産 エクストレイル (2013~) 4640 1820 1715 2705 5.6
ホンダ ジェイド (2015~) 4650 1775 1530 2760 5.5
三菱 アウトランダー (2015~)
※スペックは3列シート・ガソリン車
4695 1810 1680 2670 5.3
スバル エクシーガ (2008~2015) 4740 1775 1660 2750 5.5
スバル エクシーガ クロスオーバー7 (2015~) 4780 1800 1670 2750 5.5
スバル レガシィ B4 (BN型 2014~) 4795 1840 1500 2750 5.6
スバル レガシィ アウトバック (BS型 2014~) 4815 1840 1605 2745 5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

タン色内装でイメチェン


オーディオやナビは販売店オプション。試乗車はカロッツェリアのHDDナビを装備

インパネは従来エクシーガと基本的に同じだが、内装色はブラックやアイボリーだったエクシーガに対して、専用のタン色、というか実際にはオレンジ色に近いものになった。よく見るとステッチカラーがブルーグリーンでオシャレ。

メーターやシフトレバー周辺のデザインは従来エクシーガの時にマイチェン済みで、今回は新しくピアノブラック調やメタル調の加飾パネルを採用。さらに電動シート(運転席と助手席)やシートヒーターを標準装備にするなど、快適装備もテコ入れされている。

 

写真はオプションのウルトラスエード/本革シート

試乗車はメーカーオプションのウルトラスエードと本革のコンビシートを装備。ちなみにウルトラスエードとアルカンターラは、いずれも東レが開発した人工スエードで、基本的には同じもの。日本生産品は近年ウルトラスエードと呼ばれるようになったが、以前はアルカンターラが世界統一ブランドだったので、今でもレヴォーグやWRXではアルカンターラという名称が使われている。

 

シアターシートレイアウトは今も有効


セカンドシートはリクライニングや前後スライドが可能(写真は最後端の状態)

今回あらためて実感したのは、3列シート車としてパッケージングの良さ。後部座席ほど視点が高くなる「シアターシートレイアウト」によって、サードシートのヘッドルーム(ほとんど圧迫感がない)、高めのアイポイント(サードシートからインパネのディスプレイまで見通せる)、十分なヒール段差(体育座りにならない)、フットルーム(つま先がセカンドシートの下に入る)が確保されている。サードシートで唯一気になるのは、背もたれや座面のクッションが平板なことだが、おそらくセカンド中央席よりサードシートの方が快適。7人フル乗車はお勧めできないが、2×2×2の6人乗りまでなら、まずまず実用的だと思う。

ちなみにエクシーガ発売時には「7シーターパノラマツーリング」というコンセプトにのっとって、オプションでパノラミックガラスルーフが大々的に用意されていたが、今回は設定なし。

 

サードシートはほぼ水平に倒れるが、セカンドシートとの間に段差が生じる。荷室高は800~810mm(発表値)

サードシートは広さ、見晴らし、乗降性など意外にOK。クッションはやや平板で、長時間は辛いかも
 

荷室床下には小物収納スペースと工具。これで終わりかと思いきや……

工具が収まるボックスをガバっと取り外すと、その下にテンパースペアタイヤが現れる
 

基本性能&ドライブフィール

パワートレインは従来エクシーガの2.5iと同じ


従来エクシーガやレガシィでおなじみの新世代2.5L水平対向エンジン「FB25型」を搭載する

クロスオーバー7のパワートレインは、従来エクシーガの2.5iと基本的に同じ。エクシーガの自然吸気エンジンは2012年のマイナーチェンジで旧世代のEJ20から新世代のFB25に換装されていて、ミッションも途中で4ATからリニアトロニックCVTに切り替わっている。今回はそれがそのままキャリーオーバーされた形。アイドリングストップも、すでに従来エクシーガの途中で採用されている。

言うまでもなくクロスオーバー7も、縦置きの水平対向エンジンを起点とする「シンメトリカルAWD」になるが、より正確に言えば、駆動方式はスバルのCVT車によく使われる電子制御多板クラッチを使った4WD、スバル言うところの「アクティブスプリットAWD」(前後60:40のトルク配分を基本として状況によって可変)になる。

 

最高出力や最大トルクは、従来エクシーガ 2.5iと同じ173psと235Nm(24.0kgm)で、これをレギュラーガソリンで発揮する。車重は1620kgなので、パワーウエイトレシオは約9.4kg/ps。同じFB25型エンジンの現行アウトバックと比べて車重は40kgほど重く、B4と比べると90kgほど重い。

とは言え、パワー感は大ざっぱに言えば現行レガシィと同じような感じ。リニアトロニックCVTは、金属ベルトよりスリップ感が少ないと言われる金属チェーンを使ったもの。急加速しない限り、下からトルクがあるエンジン特性も手伝って、スリップ感なく、ゆったりと加速してくれる。

ハンドリングより乗り心地


タイヤは215/50R17のヨコハマ アドバン A10(エクシーガ発売時の2.0GTと同じ)

シャシーの基本設計は7年前から変わらないわけだが、そこは当時最新だったSIシャシー(SUBARU Intelligent-Chassis)をベースに改良熟成を進めたもので、気になる突き上げやピッチングはなく、フラット感を保ったまま走ってくれる。一方で、重厚感やシットリ感はさほどないが、このあたりは現行レガシィにも通じる部分。ハンドリングは従来エクシーガ同様にさほどスポーティではなく、コーナーでは意外にロールする。サードシートの快適性を考えてだろう、乗り心地をかなり重視している感じ。リアサスはインプレッサ譲りのダブルウィッシュボーンだが、こちらも振動やロードノイズ等の遮断性を重視したものという印象。

 

SI ドライブのコントローラーはセンターコンソールのやや奥にあり、左手を伸ばして操作する形になる

ちなみに7年前に試乗したエクシーガ 2.0GTは、EJ20型ターボエンジンとVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)によって、大きな姿勢変化をものともせずワインディングでグイグイ走る感じがあったが、今回のクロスオーバー7はそれとは全くパワートレインが違うので、当然ながら印象も異なる。

それから、センターコンソールの「SIドライブ」コントローラーは従来エクシーガからあるもので、右に回すとS#、左に回すとS、上から押すとi (燃費重視)になる。とはいえ、コントローラーの位置や手首の動きから言って、運転中にSやS#にはしにくく、S#を選んだ時のフリクション感も気になるところ。結局、エンジン始動時のデフォルトである i のまま走ることが多かった。

バージョン2でも性能は十分


100km/h巡航時のメーター(クルーズコントロール作動中)

100km/h巡航時のエンジン回転数は約1800rpm。感心したのは旧世代のEyeSight バージョン2でも、全車速追従機能付クルーズコントロールの完成度が高いこと。先行車との距離を適切に保ちながら淡々と走行し、先行車が止まれば自動的にブレーキをかける、といった一連の動きがスムーズで、実に使いやすい。もちろん車線を逸脱しそうになった時や、先行車が発進した時にはアラーム音で警告してくれる。ちなみにセットできる速度は40km/hから114km/hまで。

残念なのはパーキングブレーキが電動ではないため、クルーズコントロール中に停止した数秒後には、ピーという警告音と共にクリープで動き出してしまうこと。ちなみにレヴォーグや現行レガシィの場合は、電動パーキングブレーキで停止状態をキープし、先行車が動き出した時は、アクセルを軽く踏み込むだけで再び追従走行を再開してくれる。

 

また、バージョン3を備える現行レガシィでは車線を逸脱しかかった時に電動パワステで操舵アシストを行い、レヴォーグではさらに車線中央を維持するための操舵アシストも行う。それに対して、バージョン2は車線逸脱時にアラームで警告するだけで、操舵アシスト機能は持たない。

もちろん、自動ブレーキによる衝突回避・被害軽減機能はバージョン2にも備わり、国内外のテストでEyeSightは高い評価を得ている。なお、衝突回避が可能なのは先行車ないし前方障害物との速度差30km/hまでと明記されており、言うまでもなく過信すべきではない。

試乗燃費は9.1~13.3km/L。JC08モードは13.2km/L

今回はトータルで約220kmを試乗。参考ながら試乗燃費は、いつものように一般道と高速道路を走った区間(約80km)が9.1km/L。一般道を大人しく走った区間(約30km×2回)が10.0km/L、10.3km/L。渋滞気味の高速道路を80~100km/hでEyeSightを使って走った区間(約30km)が13.3km/L。トータル燃費(撮影区間を除く)は9.2km/Lだった。つまり一般道での実用燃費はおおむね9km/L台から10km/Lくらいという印象。ちなみにJC08モード燃費は現行レガシィ(アウトバック、B4)の14.6~14.8km/Lに及ばず13.2km/Lとなっている。

指定燃料はレギュラー。燃料タンク容量はサードシートがあるにも関わらず、現行レガシィやレヴォーグより5L多い65Lを確保している。なので実燃費を9km/Lと低めに見積もっても、航続距離は500km以上だ。

 

ここがイイ

パッケージング。まだまだ現役のEyeSight バージョン2

低全高の割に実用的なサードシートを持つこと。7人フル乗車はセカンドシートの中央席が辛そうだが、2×2×2の6人乗車なら後ろの人も何とか不満なく過ごせそう。サードシートの乗降性も意外に悪くない。

見た目がクロスオーバーSUV風になり、内装もオシャレになり、車名もクロスオーバー7という何だかカッコいいものになって、少々地味だったエクシーガが“ニューモデル”に生まれ変わったこと。スバルのロイヤルカスタマーにとって、選べる“3列シートミニバン”は現状これしかない。

EyeSightは旧世代のバージョン2だが、他社の最新システムと比べても遜色なく、万一の際の自動ブレーキも含めて、「守られてる」感がドライバーに伝わってくる。全車速追従機能付クルーズコントロールも使いやすく、パーキングブレーキは残念ながら足踏み式だが、それでも全車速対応。

小さなことだが、ドアの閉まり音が良かった。今回のクロスオーバー7にあたって改良された部分の一つのようだが、軽く、静かに、吸い込まれるように閉まってくれる。

ここがダメ

オーディオ用ステアリングスイッチの不備

オーディオやナビが販売店オプションなのはいいとして、音量調整・選局用のステアリングスイッチがオプションですら用意されていないと。走行中に汎用ナビの小さなスイッチでボリュームを調整するのは少々つらかった。従来エクシーガには左側スポークにオーディオ操作用のステアリングスイッチがセットオプション等で用意されていたのだが。

 

発進しようとしてもパーキングブレーキが解除されず「あれ?」と思ってしまったが、エクシーガのそれは電動ではなく、足踏み式だった(ちなみに現行インプレッサやフォレスターのパーキングブレーキはサイドブレーキによる手動)。とは言え、レガシィは2009年から電動だし、レヴォーグも電動なので、ちょっと物足りない部分。具体的なデメリットとしては、足踏み操作が面倒ということや、クルーズコントロール使用時に若干不便といった程度ではあるが。

もう一点、ちょっと残念なのは従来エクシーガにオプションで用意されていたパノラミックガラスルーフがなくなったこと。今はそれほどニーズがないということだろうか。

総合評価

スバリストはブレない

ステーションワゴンを得意とするスバルが、新たにちょっと大きめのステーションワゴンを作った、それがエクシーガの本質ではないか、と書いたのが2008年で、ああ、それからもう7年も経ったのかと思う。7年前と言えばリーマン・ショックの頃で、その後の7年間はとても厳しい時代になってしまった。経済はガタガタになり、民主党が政権を取り、東日本大震災が起き、原発が壊れ、自民党が復権し、そしてまもなく安全保障関連法案が成立しようとしている。この7年間で世の中は、めまぐるしく、そして大きく変わった。

 

そんな7年をしぶとく生き抜いたエクシーガ。一般的に日本車は昔なら4年、昨今でも6年くらいでフルモデルチェンジするものだが、エクシーガは7年目で一種のビッグマイナーチェンジを果たし、クロスオーバー7という名で出直した。しぶとい。このしぶとさは、やはりそのコンセプトがユーザーにある程度受け入れられ、支持されているからだろう。いわゆるトール型のミニバンではなく、慣れ親しんだステーションワゴンタイプのクルマで多人数乗車したいという人がいるわけだ。特にエクシーガを求める人の多くは、スバルが作ったクルマを愛するスバリストだろう。スバリストは、ちょっとやそっとではブレない。スバルに乗る人の多くは、水平対向エンジンを含めスバルそのものを愛している人だからだ。

 

スバリストが他メーカーのミニバンを買うことは想像しにくい。多人数乗車ができるクルマが必要になってもスバルで求める。そんな人たちがエクシーガを支えてきたはずだし、今後はちょっとかっこよくなって、EyeSightがバージョン2とはいえ標準装備になって、燃費も良くなったクロスオーバー7を買うだろう。そしてもちろん、7人乗りが必要でも、いわゆる普通のミニバンには乗りたくないという人も確実に一定数いる。その受け皿の一つがクロスオーバー7だ。

フルモデルチェンジよりビッグマイナーで生き残る

要するにクロスオーバー7は最新設計ではないが、これで不満なところはひとまずない、という仕上がりになっている。ライバル視されるステーションワゴン的なミニバンは、モデル末期のウイッシュを除けば、プリウスα、あるいはジェイドくらいか。3列目の空間を含めて、実用面での商品性でクロスオーバー7が優る部分は多い。いずれにせよ、大金をかけてフルモデルチェンジするより、ビッグマイナーで生き残るというのはありだろう。その分、ちょっとコストを掛けたこともできる。例えば今回はシートを含めた内装などはそういうことではないか。

 

おおむね2000年以降の日本車の完成度は高く、10年前のミニバンでもほとんど不満はない。強いて不満を言えば、燃費は今の最新モデルほど良くないし、自動ブレーキなどの先進安全装備も当時は普及していなかった。クロスオーバー7はそこをしっかり対応している。その意味でもフルモデルチェンジより良心的なビッグマイナーの方がメーカーにもユーザーにもメリットがあるのかも。クロスオーバー7もこのままフルモデルチェンジせず、もうあと7年くらいはがんばってもらいたいものだ。

 

試乗車スペック
スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight
(2.5L 水平対向4気筒・CVT・275万4000円)

●初年度登録:2015年4月 ●形式:DBA-YAM
●全長4780mm×全幅1800mm×全高1670mm
●ホイールベース:2750mm
●最低地上高:170mm ●最小回転半径:5.5m
●車重(車検証記載値):1620kg(880+740)
●乗車定員:7名

●エンジン型式:FB25
●排気量・エンジン種類:2498cc・水平対向4気筒DOHC・4バルブ・縦置
●ボア×ストローク:94.0×90.0mm
●圧縮比:10.0
●カムシャフト駆動:タイミングチェーン
●最高出力:127kW(173ps)/5600rpm
●最大トルク:235Nm (24.0kgm)/4100rpm
●使用燃料/容量:レギュラーガソリン/65L

●トランスミッション:CVT(無段変速機)
●JC08モード燃費:13.2km/L

●駆動方式:アクティブトルクスプリットAWD(電子制御4WD)
●サスペンション形式(前):マクファーソンストラット+コイルスプリング
●サスペンション型式(後):ダブルウィッシュボーン+コイルスプリング
●タイヤ:215/50R17(Yokohama Advan A10)

●試乗車価格(概算):331万4196円 ※オプション:ウルトラスエード/本革シート 10万8000円、パール塗装(クリスタルホワイト・パール) 3万2400円、バンパーパネルパッケージ(フロントバンパーパネル/リヤバンパーパネル) 7万5600円、HDDナビゲーションシステム(カロッツェリア サイバーナビ) 22万4856円、ETC車載器DSRC 4万5360円、ベースキット(フロアカーペット、ドアバイザーなど) 7万3980円
●ボディカラー:クリスタルホワイト・パール

●試乗距離:約220km ●試乗日:2015年7月
●車両協力:名古屋スバル自動車株式会社

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記一覧

関連コンテンツ一覧