Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT DIT

新車試乗記 第663回 スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT DIT Subaru Legacy Touring Wagon 2.0GT DIT

(2.0水平対向4気筒 直噴ターボ・CVT・359万1000円)

最高出力300ps、最大トルク400Nm!
突如現れた2.0直噴ターボ「DIT」は、
いったい何を語るのか? 

2012年06月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

「全性能進化」をコンセプトにマイナーチェンジ


新型スバル レガシィ ツーリングワゴン

2009年5月に発売され、4年目を迎えた5代目「レガシィ」シリーズが2012年5月8日、「全性能進化」を合言葉にマイナーチェンジした。改良内容は「デザイン」、「環境・燃費」、「走り」、「安心・安全」という4つの要素に及ぶとのことで、主なポイントは以下の通り。

●フロントフェイスの一新
●内装デザインの変更
●電動パーキングブレーキやSI-DRIVEのスイッチの配置変更
●新世代の2.5リッター水平対向エンジン「FB25型」の採用
●リニアトロニック(CVT)の改良
●アイドリングストップ機能の採用(ターボ車など一部グレードを除く)
●ボディ剛性の向上(リヤにサポートサブフレーム追加など)
●サスペンション設定の最適化(ダンパー減衰力、バネ定数の変更)
●EyeSight(アイサイト)ver.2の性能・機能向上(画像認識処理を変更し、各種性能を向上。また全車速追従モード作動時のアイドリングストップ機能との連動)
●諸々の改良による燃費性能の向上

新開発の2.0直噴ターボ「DIT」を新採用

もう一つの大きなトピックが、新開発の2.0リッター直噴ターボエンジン「DIT(Direct Injection Turbo)」を搭載した新グレード「2.0GT DIT」の追加設定。このエンジンは、FRスポーツのトヨタ 86/スバル BRZに搭載された「FA20型」を直噴ツインスクロールターボ化したもので、最高出力は300ps、最大トルクは400Nm(40.8kgm)とかなりパワフルなユニットになっている。変速機には従来型リニアトロニック(CVT)を改良した高トルク対応リニアトロニック(8段ステップ変速制御付)が採用されている。

新しく設定された販売目標は、レガシィシリーズ全体で2000台。マイナーチェンジした5月の販売実績(自販連調べ)は2207台となり、登録車ランキングで27位に浮上している。

価格帯&グレード展開

「2.0GT DIT」がワゴンとB4のトップグレード


新採用された新世代2.5リッター「FB25型」エンジンと改良型リニアトロニック

「ツーリングワゴン」、セダンの「B4」、クロスオーバーの「アウトバック」の3本柱はこれまでと同じだが、パワートレインは以下の4種類になった。

・新世代の2.5リッター4気筒・自然吸気「FB25型」+CVT
・従来型の2.5リッター4気筒・シングルスクロールターボ「EJ25型」+5AT
・新開発の2.0リッター4気筒・直噴ツインスクロールターボ「FA20型」+CVT
・3.6リッター6気筒・自然吸気「EZ36型)+5AT

 

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT DIT
(photo:富士重工業)

駆動方式はすべてAWDだが、自然吸気2.5リッターCVT車は電子制御多板クラッチ式の「アクティブトルクスプリットAWD」で、ターボ車とアウトバックの6気筒は前45:後55の基本配分から可変するセンターデフ付の「VTD-AWD」になる。


■ツーリングワゴン  243万6000円~359万1000円
・2.5i(2.5リッター4気筒)
・2.5GT(2.5リッター4気筒ターボ)
・2.0GT DIT (2.0リッター4気筒・直噴ターボ)  359万1000円  ★今週の試乗車

 

スバル レガシィ B4 2.0GT DIT

■B4         226万8000円~343万3500円
・2.5i(2.5リッター4気筒)
・2.5GT(2.5リッター4気筒ターボ)
・2.0GT DIT (2.0リッター4気筒・直噴ターボ)  343万3500円

■アウトバック    269万8500円~372万7500円
・2.5i(2.5リッター4気筒)
・3.6R(3.6リッター6気筒)

パッケージング&スタイル

グリル、ライト、バンパーを変更し、キリッとシャープに

5代目レガシィシリーズをモーターデイズでとりあげるのは4回目なので、全体のパッケージングについては端折り、ここではマイナーチェンジの変更点を中心に触れておく。

エクステリアにおける主な変更点は、スバルの顔であるヘキサゴン(六角形)グリル、ヘッドライト、バンパーのデザイン。予備知識がないと、どこがどう変わったのか分かりにくいが、例えばヘッドライトは以前だと横にも縦にも大きな感じに見えたが、改良型ではボンネットの見切り線とキャラクターラインをつなげたところで明確に上下に仕切られ、ずいぶんシャープな印象になった。またバンパー形状も、よりアグレッシブになっている。

 

また今回試乗した「2.0GT DIT」については、ガンメタリック塗装と切削光輝仕上げを組み合わせた専用18インチアルミホイールを履き、「DIT」専用のリアエンブレム(青い部分はピストン形状をイメージ)、大径マフラーカッターが装備されている。逆に言えば、エンブレムを見ないとDITかどうかの判別は非常に難しい。

 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
レガシィ ツーリングワゴン 4790 1780 1535 2750 5.5
レガシィ B4 4745  ↑ 1505  ↑  ↑
レガシィ アウトバック 4790 1820 1605 2745  ↑
 

インテリア&ラゲッジスペース

SI-DRIVEと電動パーキングブレーキのスイッチを変更


2.0GT DITの内装カラーはオフブラックのみ。加飾パネルはカーボン調、シートはブルーステッチ入りのスポーティクロスが標準

今回のマイナーチェンジではインパネの加飾パネルやシート表皮が変更されたほか、SI-DRIVEの切替スイッチと電動パーキングブレーキの操作スイッチの場所が変更された。

まずSI-DRIVEに関しては、今までセンターコンソールにあったダイアル型セレクターが廃止され、ステアリングスイッチに変更された。操作性は良くなったが、以前のダイアル型セレクターはデザインに独自性があって質感も高かっただけに、少し残念なところ。

電動パーキングブレーキに関しては、以前は運転席の右側インパネに手動スイッチがあったが、改良型ではセンターコンソール(従来はSI-DRIVEのダイアル型セレクターがあったところ)に移設。従来タイプはパーキングブレーキ操作時に、押すのか引くのか迷うところがあり、位置的にも操作しにくかったが、新タイプはすんなり馴染めるものになった。とはいえ、SI-DRIVEに立ち退きしてもらったことを考えると、素直には喜びにくいが。

 

メーター中央に3.5インチのカラー液晶ディスプレイを採用。SI-DRIVEによって変化する出力特性のイメージなどを表示する

現行インプレッサと同じステアリング配置になったSI-DRIVEの操作スイッチ
 

センターコンソールに移設された電動パーキングブレーキのスイッチ

「2.0GT DIT」の運転席は10ウェイ、助手席は8ウェイの電動で、シート素材はファブリックと合成皮革のコンビが標準。オプションでレザーシートも用意する
 

後席背もたれは遠隔操作で倒せる。床下には小物入れがあり、さらにその下にテンパースペアタイヤを搭載

後席は左右独立でリクライニングが可能。3人分の3点式シートベルトやヘッドレスト、計6エアバッグを標準装備
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記