Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スズキ エスクード

新車試乗記 第781回 スズキ エスクード Suzuki Escudo

(1.6L・6AT・FF・212万7600円)

4代目はハンガリー生まれ。
欧州流コンパクトSUVは
日本でも通用するか?

2016年02月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

「本格クロカンタイプ」から「SUVタイプ」へ


2013年にフランクフルトショーで発表されたコンセプトモデル「iV-4」(写真は東京モーターショー2013)

2015年10月15日に発売されたスズキの新型「エスクード」は、1988年に発売された初代から数えると4代目。歴代エスクードが副変速機やセンターデフを備えた、スズキ言うところの「本格クロカンタイプ」だったのに対し、新型はFFプラットフォームがベースの「SUVタイプ」に変身している。

また、新型エスクードはハンガリーにある製造子会社マジャールスズキで生産され、欧州やオセアニアでは新型ビターラ(Vitara)として販売される。生産は2015年1月から始まっていて、日本向けの新型エスクードもハンガリーからの輸入車になる。

国内の販売目標は年間1200台(月間100台)。ちなみに先代の目標は2005年発売時が1万5000台、2008年のマイナーチェンジ時が7200台だったから、かなり減ったわけだが、同じくマジャールスズキ製の輸入車でスズキが「クロスオーバータイプ」と呼ぶ「SX4 Sクロス」(2015年2月発売)は年間600台(月間50台)とさらに少ない。

なお、従来の3代目エスクードも引き続き「エスクード 2.4」として販売される。

■外部リンク
■スズキ公式サイト>新型エスクード
スズキ公式サイト>エスクード 2.4
スズキ公式サイト>SX4 Sクロス

【エスクードの歴史】


初代エスクード(1988年)

初代エスクードは1988年にデビュー。頑強なラダーフレーム、副変速機付パートタイム4WDを備えながら、都会的でスタリッシュな外観を採用したモデルは当時少なく、国内はもちろん、北米ではサイドキック、欧州ではビターラの名で大ヒットした。エスクードの登場はトヨタ RAV4より6年も先んじていた。

 

初代エスクード ノマド(1990年)

当初は3ドアのハードトップと幌式のコンバーチブルのみだったが、1990年には待望の5ドアモデル「エスクード ノマド」を追加。1997年に2代目にフルモデルチェンジし、後に3列シートの「グランドエスクード」も追加された。

 

3代目エスクード 2.7XS(2005年)

2005年に登場した3代目は、ビルトインラダーフレーム(ラダーフレーム内蔵式モノコックボディ)を採用。副変速機は継続しつつ、4WDシステムはパートタイムからフルタイムに変更された。当初のエンジンは直4の2.0LとV6の2.7Lだったが、マイナーチェンジでそれぞれ2.4Lと3.2Lに拡大。後に2.4Lのみになった。生産はジムニー等と同じ磐田工場(静岡県磐田市)。

■外部リンク
スズキ>ニュースリリース>新型「エスクード」を発売(2015年10月15日

■過去の新車試乗記
3代目スズキ エスクード 2.0XG/2.7XS (2005年6月掲載)
3代目スズキ エスクード 2.4XG/3.2XS (2008年7月掲載)

 

価格帯&グレード展開

1.6Lの6ATで、212万7600円~

escudo-01_201510-4th-02.jpg
新型エスクード。車体色は、スズキ車に最近多い「ブラック2トーンルーフ」とセットの新色「アトランティスターコイズパールメタリック」など全4色。

欧州仕様には1.6Lディーゼル(120ps、320Nm)や5MTもあるが、日本仕様は1.6Lガソリン(117ps、151Nm)で、アイシンAW製6ATのみ。エスクード初のFFに加えて、電子制御4WDシステム「オールグリップ(ALLGRIP)」仕様を21万6000高で用意する。

オートライト、オートワイパー、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」は全車標準で、価格は以下の通り。

■エスクード(6AT・2WD) 212万7600円
 ※今回の試乗車

■エスクード(6AT・4WD) 234万3600円

従来エスクードとSX4 Sクロスもある

escudo-01_2015_3ed_24-300.jpg
継続販売される従来モデルの「エスクード 2.4」

なお、継続販売される従来モデル「エスクード 2.4」の価格は以下の通り。また、あわせて、新型エスクードとプラットフォームやエンジンを共有する(ミッションはCVTになる)SX4 Sクロスの価格も付記する。価格はほとんど横並び。

■エスクード 2.4(5MT・4WD) 218万1600円
■エスクード 2.4(4AT・4WD) 228万9600円
■エスクード 2.4 ランドブリーズ(4AT・4WD) 242万2440円~

 
escudo-01_2015sx4-s-cross.jpg
スズキ SX4 S-Cross

■SX4 S-Cross (CVT・FF) 204万1200円
■SX4 S-Cross (CVT・4WD) 225万7200円

 

パッケージング&スタイル

脱クロカン。伝統のモチーフは継承


LEDヘッドランプ(ロービーム)や17インチアルミホイールは全車標準

従来型エスクードの残像を持って見ると、すっかりライトになったなぁと感じる新しいエスクード。それでも歴代エスクードのモチーフは受け継いでいて、例えばキリッと締まった目つき、上から覆いかぶさるようなクラムシェル(貝殻)型ボンネット、後ろ上がりのシルエットなどがDNAを感じさせる。欧州ではこのデザインが好評とのこと。意外に欧州製コンパクトSUVにはないデザインかも。

ボディサイズは一回りコンパクトになった。背面スペアタイヤが廃止された2012年以降の従来モデルと比べても、全長は100mmほど短く、全幅は35mmナロー、背は85mm低くなった。

 

試乗車のボディカラーは歴代エスクードのイメージに近いギャラクティックグレーメタリック

全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mm、ホイールベース2500mm、最低地上高185mm
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
スズキ イグニス(2016~) 3700 1660 1595 2435 4.7
MINI クロスオーバー(2011~) 4105~4145 1790 1550 2595 5.8
日産 ジューク(2010~) 4135 1765 1565 2530 5.3
新型スズキ エスクード(2015~) 4175 1775 1610 2500 5.2
フィアット 500X(2015~) 4250~4270 1795 1610~1625 2570 5.5
ジープ レネゲード(2015~) 4255~4260 1805 1695~1725 2570 5.5
マツダ CX-3 XD(2014~) 4275 1765 1550 2570 5.3
ホンダ ヴェゼル(2013~) 4295 1770 1605 2610 5.3
スズキ SX4 Sクロス(2015~) 4300 1765 1575 2600 5.3
3代目スズキ エスクード(2005~) 4300~4420 1810 1695 2640 5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

質実剛健、飾り気なし


スポーツカーのようなデザインのエアコンルーバー、メタル調インパネガーニッシュ、飾り気のないメーターが男っぽい

インパネデザインは機能に徹した、質実剛健でオーソドクスなもの。ドライバー正面にはシンプルな2眼メーターと情報ディスプレイ、ダッシュボード中央には軍用ウォッチのようなデザインのアナログ時計を配して道具感を盛り上げる。

質感は決して高くないが、装備は200万円そこそこにしては充実していて、シートの作りも欧州車のようにしっかりしている。チルト&テレスコは標準装備。

 

軍用ウォッチを思わせるセンタークロック

速度計と回転計もシンプルなデザイン
 

後席もさすが“欧州車”。座面・背もたれ共にサイズが大きく、体をしっかり支える

前席は太ももをしっかり支持し、クッションも硬め。表皮は本革&スエード調
 

荷室容量はラゲッジボード装着時(写真)で362L、非装着時で375L

荷室には照明、DC12Vソケット、フック等を装備。床下にはパンク修理キット、工具、小物入れ
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

スズキ 最新の試乗記10件

最近の試乗記