Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > トヨタ エスティマハイブリッド

新車試乗記 第792回 トヨタ エスティマハイブリッド Toyota Estima Hybrid

(2.4L直4 ハイブリッド+E-Four・431万1163円~)

デビューから10年!
「エスティマ愛」の方に贈る
3代目 最終完成型?に試乗!

2016年07月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

初代は1990年にデビュー

estima-01pr-02-1990-300.jpg
初代トヨタ エスティマ (1990年)

初代エスティマは1990年に登場。ミニバンでありながらエンジンをミッドシップ、つまり床下に搭載する斬新な設計コンセプトで、「トヨタの天才タマゴ」というキャッチコピーも使われた。海外ではプレビアの名で販売される一方、日本国内では全幅を5ナンバーに抑えた兄弟車エスティマ ルシーダ、エスティマ エミーナと合わせて10年間販売された。

2000年にはホンダ オデッセイに追随する形でFFベースとなった2代目にフルモデルチェンジ。同じくFFベースの初代ノア/ヴォクシー(2001年発売)、初代アルファード(2002年発売)と共に、トヨタ ミニバン王国の土台を築いた。2001年にはハイブリッドも設定されている。

現在、国内ミニバン市場は、ノア/ヴォクシーやアルファード/ヴェルファイアのような箱型トールタイプが主流だが、エスティマはトヨタによれば「丸みを帯びたワンモーションフォルムを特徴とする」「先進・洗練を追求したミニバン」であり、「他のミニバンとは一線を画すスタイリッシュなクルマとして、独特のこだわりを持つファミリー層をはじめ、多くの方々に支持されてきた」モデルということになる。

11年目を迎えてマイナーチェンジ


2016年6月のマイナーチェンジで発売された3代目エスティマ

10年前の2006年、エスティマは3代目にフルモデルチェンジしており、今年6月6日に発売されたモデルは、その3代目の何度目かのマイナーチェンジモデルである。

改良内容は主に内外装の質感アップで、具体的にはヘッドライト(Bi-Beam LEDヘッドランプを新採用)、ボンネット、フロントグリル、フロントフェンダーなどを変更してフロントデザインを一新したほか、外板色にトヨタのミニバンで初のツートーン仕様を新設定。内装には新たに「ブランノーブ」というヌバック調ファブリック(TBカワシマの登録商標)やサテン調加飾を採用した。また、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C(TSSC)」を全車標準としている。

月販目標は2000台

従来通り、生産はトヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)で、販売はトヨタ店とトヨタカローラ店。

月販目標台数は、10年前のガソリン車7000台+ハイブリッド車700台から、今回は計2200台に修正された。その背景にはエスティマがモデル末期であることに加えて、現行ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟車が目標の計1万2000台を大幅に上回る実績で推移しており、さらに現行アルファード/ヴェルファイア(目標計7000台)も好調という状況がある。なお、ノア/ヴォクシー/エスクァイアは、エスティマと同じ富士松工場で生産されている。

■過去の参考記事
新車試乗記>トヨタ アルファード ハイブリッド (2015年3月掲載)
新車ニュース>新型ミニバン「エスクァイア」を発売 (2014年10月掲載)
新車試乗記>トヨタ アルファード 350G (2008年6月掲載)
新車試乗記>トヨタ エスティマ ハイブリッド (2006年7月掲載)
新車試乗記>トヨタ エスティマ G (2006年2月掲載)

 

価格帯&グレード展開

ガソリンは327万1418円~。ハイブリッドは431万1163円~

今回から3.5L V6エンジンは廃止され、2.4L直4ガソリン(FFのみ)と2.4L ハイブリッド(後輪をモーターで駆動する電気式4WDのE-Four)の2種類になった。8人乗りもあるが、主力は2列目キャプテンシートの7人乗り。また、全車スポーティな外観の「AERAS(アエラス)」のみになっている。

価格は2.4L ガソリンが327万1418円~。ハイブリッドはそれより約100万円高い431万1163円~。ナビ・オーディオは最近のトヨタ車で多いディーラーオプションになる。

ボディカラーには「ミニバン初」を謳うツートーンカラーを3色用意したほか、新色のダークシェリーマイカメタリック(試乗車)やレッドマイカメタリックなど全10色を用意した。また、全ボディカラーで小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用している。

 

パッケージング&スタイル

フロントデザインを一新

端的に言えば、今回のマイナーチェンジでオーリス顔になったエスティマ。全体のプロポーションは従来通りだが、フロントにはLEDクリアランスランプと一体のBi-Beam LEDヘッドランプやデイライト機能付LEDアクセサリーランプを採用。大きく口を開けたアンダーグリルや切れ長ヘッドライトによって、今のヴィッツやアクアあたりにも通じる、いわゆるキーンルックを採用した。違和感なく見えるのは、もともとエスティマがスポーティなワンモーションフォルムだからだろう。

 

リアは従来と大差ないが、細かく言えばリアコンビランプにもLEDライン発光ストップランプと面発光テールランプを採用し、光の質感を高めている。

そして何より印象的なのがブラックルーフの2トーンカラーや質感の高いボディカラーだろう。ブラックルーフは塗装工程が増えるため、特に大型ミニバンでは採用しにくいようだが、今までなかったのが不思議なほどエスティマのデザインを引き立てている。

 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア (2014~) 4695~4710 1695~1730 1825~1870 2850 5.5
トヨタ エスティマ (2016~) 4820 1810 1730~1760 2950 5.7~5.9
ホンダ オデッセイ (2013~) 4830 1800~1820 1685~1715 2900 5.4
トヨタ アルファード/ヴェルファイア (2015~) 4915~4935 1850 1880~1950 3000 5.6~5.8
 

インテリア&ラゲッジスペース

質感は確かに高まった

現行ユーザーが新型で一番変わったと思うのがインパネまわりだろう。アクセントステッチの加飾を施した合成皮革でダッシュを包み、その上に4.2インチTFTカラー情報ディスプレイ付のオプティトロンメーターを配置。ステアリング、シフトノブ、ドアアームレストにはウッド調パネルやサテン調加飾を施している。フェイク感をよしとするか否かは分かれるが、質感は確かに高まった(と思う)。

 

ダッシュボードやセンターコンソールのあちこちに小物入れを用意

全面ブラックアウトされたセンタークラスターには、9インチディスプレイも収まる2DINワイドスペースを用意。空調スイッチ類は静電式スイッチに変更されている。走行中の操作性には疑問が残るが(スイッチが下の方にあり、ブラインド操作しにくい)、デザイン性の良さを重視したのだろう。

最上級グレードのプレミアムGでは、シートセンター部の表皮に、トヨタ紡織や川島織物セルコンの合弁会社であるTBカワシマ(本社:滋賀県)の「ブランノーブ」(ヌバック調ファブリック)を標準設定。スエード調ではなくヌバック調と称するのはスエード調よりキメが細かいという意味か? 確かに触り心地は滑らか。

■外部リンク
TBカワシマ株式会社

 

セカンドシートは前後ロングスライドおよび横スライドが可能

プレミアムGのシートはブランノーブ(ヌバック調ファブリック)+合成皮革
 

サードシートは床下収納式だが、座り心地はまずまず

サードシートからの眺め。7人乗りなら2-3列目のウォークスルーが可能
 

サードシートはフル電動で床下収納および展開が可能

サードシートを格納し、セカンドシートを前に寄せた状態
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記