Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ホンダ フィット ハイブリッド

新車試乗記 第712回 ホンダ フィット ハイブリッド Honda Fit Hybrid

(1.5L 直4+モーター・7速DCT・163万5000円~)

12年目の劇的変身!
「フィット3」のハイブリッドで
ニッポンの実力を検証!

2013年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

累計487万台の超グローバルカー


新型フィット ハイブリッド
(photo:Honda)

2001年にデビューし、今や国内ではシビックに代わるホンダの主力コンパクトカーとなったフィット。累計販売台数はこの12年間で、国内だけで200万台以上。また、海外では欧州、北米、中国など123ヶ国で販売され、グローバルでの累計販売台数はすでに487万台(2013年5月時点)に達したという。

そして2013年9月5日に発表、9月6日に国内で発売された今回のフィットは3代目。新型は初代から2代目に引き継がれた、燃料タンクを前席下に置くセンタータンクレイアウトや、それを核とする高効率パッケージングを継承しつつ、車体、パワートレイン、デザインなど全てを一新している。

新開発「スポーツ ハイブリッド i-DCD」を搭載


スポーツ ハイブリッド i-DCDのレイアウト
(photo:Honda)

先代同様、純粋なガソリンエンジン車も用意されるが、注目は今回で第2世代となるハイブリッド車。新開発の1.5リッター直4エンジン、ホンダ独自開発の7速DCT(クラッチは独シェフラー製)、リチウムイオンバッテリーなどで構成される新ハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」を採用することで、従来のIMAハイブリッドでは出来なかったモーターだけでのEV発進や広い領域でのEV走行、そして高効率化が可能になった。これによりJC08モード燃費は、これまで国内トップだったアクア(35.4km/L)を上回り、36.4km/Lを達成している。

■外部リンク
シェフラージャパンHP>ホンダの「i-DCD」で活用されるシェフラーの技術

初期受注は過去最高のペース

国内の販売計画台数は、先代の月間1万2000台を上回る1万5000台。生産は鈴鹿工場で始まるが、本格的な生産は7月に稼働開始した寄居工場(埼玉県大里郡寄居町)で行われる。

発売後約1ヵ月(10月7日時点)までの累計受注台数は、目標の約4倍となる6万2000台以上(うち70%はハイブリッド)。ホンダによれば、これは「過去最高ペース」だという。販売実績は10月に2万3281台となり、久々に登録車の販売トップを奪取。ここ1年ほど首位を独占していたプリウス(2万0886台)とアクア(1万9984台)を抑えている。

 

■外部リンク
Honda>埼玉製作所寄居工場のオープンハウスを実施(2013年11月7日)

■過去の新車試乗記
ホンダ フィット シャトル ハイブリッド (2011年8月)
ホンダ フィット ハイブリッド(2010年11月)
2代目ホンダ フィット (2007年12月)
初代ホンダ フィット (2001年7月)

 

価格帯&グレード展開

ハイブリッドは163万5000円~


パワートレインは1.3リッター、1.5リッター直噴、ハイブリッドの3種類。ラインナップは13G、15X、RS、ハイブリッドの4種類

パワートレインは、純エンジンの1.3リッター直4(CVTか5MT)、1.5リッター直4・直噴(CVTか6MT)、そしてハイブリッド(1.5リッター直4+モーター+7速DCT)の計3種類。

価格は1.3リッターが126万5000円~、1.5リッターが158万円~、スポーツグレードのRSが180万円、ハイブリッドが163万5000円~。

ただし、1.3リッター車やハイブリッド車のベースグレードは、オプション選択の余地がほとんどない上、燃料タンク容量が上位グレードより8リッターも少ない32リッターとなるなど、要はJC08モード燃費で国内トップを取るための燃費スペシャルになっている。実際に買う人はやはり少ないようで、ハイブリッドの初期受注を見るとベースグレードの割合は2%しかない。なのでハイブリッドは実質Fパッケージ付の172万円からスタートと考えた方がよい。

 

ボディカラーは全11色。写真はティンテッドシルバーメタリック

安全装備に関しては、新開発の「シティブレーキアクティブシステム」(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)と前席サイド&カーテンエアバッグが「あんしんパッケージ」(6万円)というオプションになる。VSA(車両挙動安定化制御システム)はガソリン車も含めて全車標準。

オプションは他に、3Gの通信モジュールを搭載するHonda インターナビ+リンクアップフリーが22万0500円、LEDヘッドライト(ロービーム)が6万5000円(上位グレードは標準装備)など。

 

フィット RS。132psの1.5リッター直噴エンジンを搭載する
(photo:Honda)

■1.3L DOHC i-VTECエンジン(100ps、12.1kgm)
・13G(CVT/5MT)  126万5000円~174万9000円(FF/4WD)

■1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン(132ps、15.8kgm)
・15X(CVT)   158万円~186万9000円(FF/4WD)
・RS (CVT/6MT)  180万円(FF)

■1.5L DOHC i-VTECエンジン(110ps、13.7kgm)+モーター(29.5ps、16.3kgm)
・Hybrid(i-DCD)   163万5000円~193万円(FF) ※今回の試乗車

※ハイブリッドの4WDは12月発売予定

 

パッケージング&スタイル

デザイン激変。ボディサイズはほぼキープ

パッケージングは基本キープコンセプトだが、スタイリングの印象は激変。先代はサンダーバード2号みたいな太めの砲弾型で、造形もシンプルだったが、新型はエッジの効いた太めのステルス機風。 中でも今のところ賛否分かれているのがフロントフェイス。ブラックアウトしたグリルはアシモみたいに見えなくはないが、見慣れるまで時間が掛かりそう。

 

全高がアクアより80mmも高いのは空力面で大きなハンディだが、燃費で互角としたのは立派

こういったデザインは、同社の新しいデザインコンセプト「エキサイティング H デザイン!!!」から生まれたもので、ワクワクするデザインを目指し、あえて「チェンジ!」を狙ったようだ。先回取り上げた新型アウディA3とはまさに真逆。

ボディサイズは全長3955mm(+55)×全幅1695mm(同)×全高1525mm(同)、ホイールベース2530mm(+30)。先代より若干長くなったが、全長4メートル未満と5ナンバー枠をキープした。このあたりは、今でも年間20万台売れる国内市場を配慮したものだろう。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
ホンダ フィット ハイブリッド(2010~2013) 3900 1695 1525 2500 4.9
ホンダ フィット ハイブリッド(2013~) 3955 1695 1525 2530 4.9~5.2
VW ポロ(2009~) 3995 1685 1460~1500 2470 4.9
トヨタ アクア (2011~) 3995 1695 1445 2550 4.8~5.7
 

インテリア&ラゲッジスペース

熟成されたセンタータンクレイアウト


質感がぐっと高まったインパネ。写真は合皮&ファブリックシート仕様のLパッケージ

インパネもエクステリア同様に、エッジを効かせたダイナミックな造形。ただ、先代がかなり未来的だったので、新型は割とオーソドクスにも見える。流行りのタッチ式空調パネル(オートエアコン仕様のみ)などはあるが、奇抜なところはない。

広い室内空間や多彩なシートアレンジは相変わらず。燃料タンクを前席下に配置する「センタータンクレイアウト」を踏襲しつつ、プラットフォームを一新。ホイールベースを30mm伸ばし、荷室より後席を重視するといった微修正を行っている。また、燃料タンクがボディ後部にないため、駆動用バッテリーをリアに積むハイブリッドでも、同クラスのガソリン車に居住空間や積載性で負けていない。

 

ハイブリッドでも中央の速度計はほぼ同じ。右側に燃費情報やバーグラフ式回転計などを表示可能

ホイールベースは30mm増だが、タンデムディスタンス(前・後席間の距離)は80mm増えた。シート形状も改良され、座り心地も良い

運転席ハイトアジャスターはパッケージオプションに含まれる
 

後席を重視したため、荷室容量はハイブリッドで先代の341リッターから314リッターに減少。それでも同クラスのガソリン車より広い

ハイブリッドの場合、床下収納は折り畳み傘が入る程度

チップアップ(写真)、ダイブダウンといったシートアレンジは歴代フィット譲り
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
Honda Cars 東海・岐阜中央

最近の試乗記