Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ホンダ フリード スパイク G・ジャストセレクション

ホンダ フリード スパイク G・ジャストセレクション新車試乗記(第608回)

Honda Freed Spike G・Just-selection

(1.5リッター直4・CVT・178万8000円)

車中泊できるフリード!
レジャーユースにちょうどイイ、
新型スパイクをチェック!

2010年09月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

フリードのワゴン版であり、モビリオスパイクの後継車


新型フリード スパイク
(photo:本田技研工業)

2010年7月9日に発売された「フリード スパイク」は、小型ミニバンのフリード(2008年5月発売)をベースに開発された自称“コンパクトハイトワゴン”。実質的にはフリード登場時に販売が終わっていたモビリオ スパイク(2002~2008年)の後継車だ。

開発キーワードは“可能性搭載コンパクト”。要は乗車定員を5人乗りとした上で、レジャービークルとしての使い勝手を追求したものだ。もともとフリードには5人乗り仕様の「フリード FLEX」があったが、スパイクではフラットに折り畳めるリアシートや「反転フロアボード」を新採用し、車中泊や自転車の積載に対応。外観もフロントマスクを中心に専用デザインとなっている。

販売目標は月間2500台。発売後一ヶ月の受注はその4倍の1万台を超えるなど、立ち上がりは順調なようだ。ホンダによると主な購入層は「子離れ世代の男性ユーザーが約40%、独身男性ユーザーが約20%」とのことで、どちらかと言えば非ファミリー層が中心になっている。

■過去の新車試乗記>ホンダ フリード G Lパッケージ(7人乗り) (2008年7月)

■過去の新車試乗記>ホンダ モビリオ スパイク (2002年10月)

価格帯&グレード展開

全車1.5リッターで159万8000円~246万8000円


ボディカラーは計7色。試乗車はシルバーやホワイトの次に人気の「プレミアムブラキッシュ・パール」

エンジンは全車1.5リッター直4(118ps、14.7kgm)だが、FFはCVT、4WD(19万9000円高)は5ATとなる。価格帯は159万8000円から246万8000円までと幅広いが、主軸は「G・ジャストセレクション」を中心とする170万~180万円前後だろう。さらにメーカーオプションで、助手席側の電動スライドドアやスマートキー等をセットにした「Lパッケージ」等が用意されている。ラインナップは以下の通り。


【フリード スパイク】 10・15モード燃費:16.4km/L(FF)/14.0km/L(4WD)
 
■C        159万8000円(FF)/179万7000円(4WD)
 ※マニュアルエアコン、ホイールキャップレス
■G        169万8000円(FF)/189万7000円(4WD)
 ※オートエアコン、カラードドアミラー等を装備
■G・ジャストセレクション  178万8000円(FF)/198万7000円(4WD)  ★今回の試乗車
 ※ディスチャージヘッドライト、プライバシーガラス、チタン調インテリアパーツ等を装備
■G エアロ     198万8000円(FF)/218万7000円(4WD)
 ※エアロパーツ、メッキパーツ、テレスコピックステアリング等を装備
■Gi エアロ     246万8000円(FF)
  ※両側電動スライドドア、スマートキー、HDDインターナビ、6エアバッグ等を装備

パッケージング&スタイル

スパイク独自なのは「顔」とリアクォーター

全長4210mm×全幅1695mm×全高1715mm(4WDは1745mm)という寸法は、フリードとほとんど同じ。ホイールベースも同様に2740mmと長大で、なんと全長4.6メートル弱のマツダ・プレマシーと10mmしか違わない。ただホイールベース自体は、モビリオ/モビリオスパイク時代と同じだ。

 

外観でフリードと異なるのは、クォーターウインドウがスチールパネルと樹脂で埋められたところ。またフロント部分も、ボンネット、フロントフェンダー、グリル、ヘッドライト、バンパー、そして内部骨格までスパイク専用となっている。ただ、その割に印象に残らないのは、顔つきがステップワゴンとそっくりなせいか。この2点以外は、フリードとほとんど同じだ。

インテリア&ラゲッジスペース

棚型ダッシュボードなどインパネ周辺もほぼ同じ

インパネまわりも、ほとんどフリードと共通。一見して異なるのはメーターや樹脂パーツ等の色、そして上位グレードの付くチタン調の加飾パネルくらいか。しかし改めてフリードシリーズのインパネを眺めてみると、ホンダが昔から好んで使う棚のようなダッシュボード、その両脇に配されたドリンクホルダー(試乗車の場合は照明付で、夜でもすぐに位置が分かる)、使いやすいインパネシフト、そして見やすいナビモニター位置など、なかなか機能的だ。

 

ステアリングの上から見る「アウトホイールメーター」もまずまず見やすい。また前方視界に関しては、傾斜の強いAピラーが多少気になるが、細めのピラーや大きな三角窓がそれを補っている。Cピラー(リアクォーターパネル)はかなり太いが、斜め後方の視界もそんなに気にならなかった。

 

車体後端を示す黄色線は、バックドアパネルとガラスのはめ合わせ線に入っている

面白いのが、リアウインドウ室内側の上部に設けられた「後方視角支援ミラー」。これは言ってみればミニバンやワンボックス車でおなじみのリアアンダーミラーを室内側に設置したもの。ミラーサイズが小さいのでちょっと見にくいが、まったく見えないよりはもちろん安心感がある。

専用リアシートを60mm後方に設置。ダイブダウン機能で、フラットな荷室拡大を実現

ドライビングポジションにも大きな不満はなかったが、意外にもシートリフターは全車に備わらない。また上位グレードの「G エアロ」以上を選ばないと、ステアリングにテレスコピック調整が付かない。別に問題なければいいのではあるが、女性など小柄な人は少し座面を上げたくなるかもしれない。

 

リアシートの空間は、文句なしに広々。前後スライドはしないが、フリード FLEXより60mm後方に設置されたため、特に足もとは下手な3列シートミニバンを上回る。またフロアも低いし(床面地上高は390mm)、スライドドアの開口幅も600mmとかなり広いから、乗り降りも楽だ。

 

またリアシートには、フリード FLEXのタンブル式(座面ごと前に跳ね上げて畳むタイプ)に代えて、背もたれを倒すのに連動して座面が沈み込むダイブダウン式が採用されている。これはタンブル式だと室内高は稼げるが、前後長は短くなってしまうからだ。

その機能とのトレードオフで、クッションは薄くなってしまうが、それをカバーするため座面にはS字バネを採用。おかげで乗り心地は、特に平板さを感じないものになっている。

「反転フロアボード」で、2パターンの荷室形状を実現

スパイク最大の売りとも言えるのが、荷室の「反転フロアボード」だ。補強剤となるアルミ押し出し材を樹脂でくるんだもので、これを180度ひっくり返すだけで、「フラットモード」(上げ底)と荷室高優先の「スロープモード」の2パターンが選べる、というものだ。

まず「フラットモード」は、荷物を積むためというより、明らかに「車中泊」を想定したものだ。荷室長は約2メートル。正確には助手席を一番前にした状態で最大2015mm、一番後ろにした状態でも1775mmあり、大人でも十分に足を伸ばして寝ることができる。ちなみにフロア部分の幅は1010mm。オプションのスカイルーフを付ければ、眺めもかなり良さそうだ。

タイヤを付けたまま自転車が楽々2台積める

もう一つの「スロープモード」は、自転車のような背の高いものを積む場合に便利。例えば、実際にマウンテンバイクで試してみると、前輪を外さず、サドルも下げない状態で、そのまま真っ直ぐ積むことが出来た。これなら2台積みも楽勝で、ペダルさえうまくクリアできれば、3台積みも出来るかもしれない。

また少なくとも一般的なハンドル形状とサイズのスポーツ自転車なら、上のフラットモードでも天井に干渉せずに積むことができる。荷室高はフラットモードで1070mm、スロープモードで1185mmだ。

 

この写真では前輪を後ろにしているが、一般的なサイズの自転車なら後輪が後ろでも入る
(photo:本田技研工業)

もちろん反転フロアボードは両面樹脂製で、汚れたものでも気兼ねなく置ける。また贅沢にもアルミ押し出し材を補強剤(イカの骨のように4本入っている)とスロープ部に使用したことで、耐荷重は100kgを確保。そして重量も左側が4.7kg、右側が2.7kgと、片手で楽に持てるくらい軽い。

また完全に床がフラットだと、いわゆる体育座りをしたり、あぐらをかいたりしなくてはいけないが、「スロープモード」なら床に11.5センチの段差が出来るので、足を伸ばしてちょっと腰掛けることが出来る。これが意外に楽ちんで、段差もこうなると使い方次第という感じだ。

道具感のある各種ユーティリティ装備

他にも荷室まわりにはいろいろ工夫があり、壁面にはキャンピングカーのような収納スペースやビルトインされたテーブル、タイダウンフック等があるほか、ハンガーなどが掛けられるサイドレールや角度調節機構付のカーゴスポットライトなども装備できる。小型キャンピングカーを思わせる、いかにも道具といった感じのシンプルな作りが好ましい。

なおフリードシリーズは全車スペアタイヤレス。パンク修理キットは助手席の下に搭載している。

基本性能&ドライブフィール

走った感じはフリードと一緒

試乗したのは「G・ジャストセレクション」のFF。1.5リッター直4エンジン(118ps、14.7kgm)はフリードと同じで、FFだとCVT、4WDだと5ATになる点も同じだ。車重はフリード FLEXと同じ1280kg(試乗車)となる。

というわけで、走った感じもフリードと同じだ。ボア×ストローク:73.0×89.4mmという超ロングストロークエンジンは、低回転からキッチリとトルクを出し、1000回転そこそこを維持して走り続ける。パワーも十分にあるし、そんな低回転だからエンジン音もうるさくない。もちろんアクセル全開時にはそれなりにノイズも高まるが、完全に許容範囲だと思う。

一方で、その分、目立ってしまったのがロードノイズだ。よほど平滑な路面じゃないとゴーゴーとかなり騒々しく、この点は最近発売された新型マーチとよく似ていた。

コーナーでは強アンダーで安定。試乗燃費は10.3km/L


リアサスはホンダ言うところの車軸式(H型トーションビーム)

ワインディングではアンダーステアが強く、ペースを上げると前輪も腰砕け気味で、限界は決して高くない。ただ、それでもけっこう曲がることは曲がり、最後にはリアが絶妙に流れて帳尻を合わせてくれる。ちなみにフロントの足まわりは、デザイン変更に伴う剛性変化や重心高アップに合わせてチューニングを変えているという。なおVSAは最上級グレードのみ標準で、上位グレードにもオプションだが(試乗車は非装着)、唐突な挙動はないので、まあOKではないかと思う。

参考までに試乗燃費は、いつもの一般道と高速をまじえた区間(約90km)で10.3km/Lだった。10・15モード燃費は16.4km/L(フリードと同じ)で、もうちょっと伸びて欲しい気もするが、排気量1.5リッター・車重1.3トンクラスのクルマとして、ごく一般的な数値だ。

ここがイイ

寝られるカーゴスペース、様々な工夫

まずは「反転フロアボード」とフルフラットのカーゴスペース。アイディアとしてはかなり単純だが、意外にも類似のものは今までなかったから、「新発想」と言われれば確かにそうかも。また段差を利用することで、空間の使い方がさらに増えている。そして何より、人が寝られるスペースというのは、やはりワクワクできるところだ。

それから試乗車にはついていなかったが、オプションの巨大なスカイルーフも夢が広がる装備だ。運転席からのウォークスルーも何とかできるから、部屋としてのカーゴスペースが生きてくる。ビルトインテーブルやらカーゴスポットライトやら、ついニンマリとしてしまう小物類も気が利いているところ。

 

ステップワゴン似の顔。あまり違和感のないリアクォーター窓の蓋。これらでエクステリアデザインは、まあいいんじゃない、というところ。変にアメリカンにならなかったことには好感が持てる。停車中に物が置けるなど、自由度が高そうなインパネデザインも、フリードと同じく好印象。

ここがダメ

荷室幅が先代スパイクより狭い

当初フリードには、こういうバージョンを作る予定ではなかったためか、荷室の両サイドには大きな張り出しがあり、フロア幅は1010mmしかない。先代モビリオ スパイク比で、マイナス90mm。一番広いところでは幅が1330mmもあるだけに惜しい。二人で寝るのはちょっと辛いかも。

「ダメ」というほどではないが少し不便だったのは、平均燃費計が連動するトリップメーターが1個しかないこと。出来ればトリップメーターにAとBを用意し、それぞれで平均燃費が計測できるといい。

総合評価

意外に売れた初代


ホンダ モビリオ スパイク
(photo:本田技研工業)

先代スパイクはモビリオという画期的なコンセプトのミニバンを無理やり?アメリカンな若者風ワゴンに仕立てたという点で、モーターデイズとしてはあまり評価できなかった。ちょうどコンパクトでアメリカンなトヨタbBが好調だったこともあって、ホンダで時々見られる「営業主体」で作られたクルマだったように思う。ところがこのクルマ、意外に売れてしまった。ベースとなったモビリオのように、我々のような偏屈なクルマ好きがイイというクルマは、まあ売れないものだが、あまり評価しなかったスパイクの方は売れたのである。なぜか。それは道具性が高かったからだと思う。

道具としてのクルマで、車中泊をしたい人は昔から多かった。かつて商用車のライトエースやハイエースをバニングしたサーファー、キャブオーバーワンボックスワゴンの時代にフルフラットシートでオートキャンプデビューをしたファミリーなど、昔はいろいろ苦労したもの。やがて車中泊を想定し、乗り心地よりもフルフラットに出来る点を重視した初代ステップワゴンによって、車中泊のクルマ作りはピークに達したと思う。その頃(1990年代後半)のモーターデイズ試乗記は、ミニバン系ではいつも「寝やすいかどうか」を気にしていたものだ。

 

ホンダ モビリオ スパイク
(photo:本田技研工業)

そして2002年に発売されたモビリオスパイクは小さくても一応、車中泊ができるクルマだった(フラットな荷室の全長は1855mm、幅は1100mm)。ボディサイズに似合わない大空間を確保したことで、コンパクトでも寝られるクルマが欲しい、というニーズにぴったり合ったのだ。

当時はモーターデイズ試乗記でも、「日々使うのに、こんな便利なクルマはない。それゆえ開発陣は高年齢層にも乗ってもらえるのでは、と発言していたが、モビリオもスパイクもかなり跳んだデザインになっているので、それはかなり難しそう。」と書いている。

ところがこれが結構、高年齢層にも売れたようだ。スタイルより使い勝手を優先した人が多かったいうことか。それともあのスタイルを変に嫌ったのはクルマ好きの我々だけだったのかも。道具としてのクルマが欲しい人には、スタイルはあまり関係なかったのかもしれない。

道具としてのクルマの方が強い

かくして、モビリオの後継車フリードにも、やはり同様のスパイクが用意されたわけだが、「日々使うクルマでこんなに便利なクルマはない」に関しては、まさに先代同様。日常的に普通に走れて、加えてその大きな空間で何でもできそうだ。外観では、リア窓を埋める手法も先代同様だが、さほど違和感はないし、妙にデザインされた感じもないから、中高年にもほとんど不満はないだろう。となれば、これ、理想的なクルマかもしれない。いや、クルマではなく、これは理想的なツールだ。

 

コールマンと開発したフリード スパイク「キャンピングステーション Coleman×Honda」。テーマは「青空リビング」「寄り道クッキング」

いいクルマの要件である「走る・止まる・曲がる」はまあ普通。というか、今やどんなクルマも一般的な速度ではそう大差はない。それよりも「どう使うか」に開発テーマを置き、その可能性だけで勝負しているわけで、これは今後のクルマの、ある方向性を示していると思う。クルマなんかもう要らないという人に、これならあってもいいかもと思わせる力は、どんなによく走るクルマよりも、道具としてのクルマの方が強い。

大人気のファミリーミニバンも子育て期間が過ぎれば無用のものとなる。もちろん道具としては素晴らしいので、それを目的で買ってもいいのだが、日本では5ナンバー枠一杯(全長4.7メートル、全幅1.7メートル)は、もはや「大きい」部類だ。軽キャンパーが売れているように、道具としてはより小さい方が日本では好まれる。とはいえ軽に乗っているとスペース面でも走りの面でも、ちょっとゆとりが欲しくなるのも事実。その点でフリード(スパイク)は、まさにちょうどいいサイズ感と性能で、それでいて道具としても素晴らしい。日本のクルマを突き詰めていくと、こういう物になるのではないか。

 

兎にも角にも、フラットな荷室で車中泊ができるという一点だけで、このクルマは買いだと思う。2メートル×1メートルという一畳(1.8m×0.9m)をゆうに超える空間は、「人間、立って半畳、寝て一畳」という言葉のように、「生活」ができる空間だ。東京あたりなら6畳ワンルームで家賃6万円くらいだから、クルマを買うと家賃1万円分の自由空間が付いてくるわけで、これはお得かも。クルマは要らない、クルマなんかどうでもいいという人でも買う気にさせるのは、こういう方向性だろう。他社からも道具としてのクルマがもっと出てきて欲しいものだ。

試乗車スペック
ホンダ フリード スパイク G・ジャストセレクション
(1.5リッター直4・CVT・178万8000円)

●初年度登録:2010年7月●形式:DBA-GB3
●全長4210mm×全幅1695mm×全高1715mm
●ホイールベース:2740mm ●最小回転半径:5.2m
●車重(車検証記載値):1280kg( 770+510 ) ●乗車定員:5名
●エンジン型式:L15A
●1496cc・直列4気筒SOHC・4バルブ・横置
●ボア×ストローク:73.0×89.4mm ●圧縮比:10.4
●118ps(87kW)/6600rpm、14.7kgm (144Nm)/4800rpm
●カム駆動:チェーン
●使用燃料/容量:レギュラーガソリン/42L
● 10・15モード燃費:16.4km/L ●JC08モード燃費:-km/L
●駆動方式:前輪駆動(FF)
●サスペンション形式:前 マクファーソンストラット/後 車軸式
●タイヤ:185/70R14( Toyo Tranpath J50 )
●試乗車価格:-円 ( 含むオプション:ルーフインサイドレール 2万2050円、クラリオン 地デジHDDナビ NX809 29万4000円、バックカメラ 2万5200円 )
●試乗距離:180km ●試乗日:2010年9月
●車両協力:株式会社ホンダカーズ東海

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
Honda Cars 東海・岐阜中央

最近の試乗記一覧

関連コンテンツ一覧