Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > フォルクスワーゲン ゴルフ GTE

新車試乗記 第776回 フォルクスワーゲン ゴルフ GTE Volkswagen Golf GTE

(1.4L 直4ターボ・6速DCT・プラグインハイブリッド・499万円~)

EV、ハイブリッド、GTIが、
オールインワンに!
ゴルフ初のハイブリッド車
そのお手並みを拝見!

2015年12月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

ゴルフ初のプラグハイブリッド車


VW ゴルフ GTE

欧州では2014年、日本では2015年9月8日に発売された「ゴルフ GTE」は、現行7代目ゴルフ(ゴルフ7)がベースのプラグインハイブリッド車(PHEV)。ゴルフ初のハイブリッド車であり、VWにとって初の量産PHEVになる。

 

TSIエンジン、モーター内蔵のDSGミッション、大容量リチウムイオン電池を搭載

パワートレインは、1.4L直噴ターボエンジン(150ps、250Nm)、電気モーター(109ps、330Nm)を内蔵した専用6速DCT、リチウムイオン電池(容量8.7kWh)を組み合わせたもので、電気のみでの航続距離53.1km(国土交通省審査値)、最高速130km/hを実現。ハイブリッドモードではJC08モード燃費23.8km/Lを達成している。

アウディ A3 e-tronは兄弟車


アウディ A3 スポーツバック e-tron

北米などのZEV(ゼロエミッションビークル)促進策に対応するため、他の大手メーカー同様に、クルマの電動化(e-mobility)を進めているVW。日本でもEV(電気自動車)のe-up!やe-ゴルフの導入が2015年内に予定されていたが、結果的にはそれより早く、PHEVのゴルフGTEが発売されることになった。

 

VW パサート GTE (東京モーターショー2015)

なお、11月には、ゴルフGTEと同じパワートレインを搭載する「アウディ A3 スポーツバック e-tron」も日本でデビュー。さらにVWでは、PHEV第2弾として「パサート GTE」も日本に導入する予定。

 

価格帯&グレード展開

GTIより110万円高く、499万円


ボディカラーは全5色。写真は有償オプションのオリックスホワイト マザーオブパールエフェクト

GTEは基本的にワングレードで、価格は499万円。ゴルフの上級グレードである1.4 TSI ハイライン(324万2000円)より175万円高く、GTI(389万円~)より110万円高く、ゴルフR(539万円)に迫る、なかなかの高価格車。なお、アウディ A3 スポーツバック e-tronは564万円。

ただし、ゴルフGTEの場合、購入に際しては最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用されるという。

主なメーカーオプションは以下の通り。

  • DCC パッケージ 21万6000円 ※アダプティブシャシーコントロール“DCC”、225/40R18タイヤ+7.5J×18アルミホイールのセット
  • セーフティパッケージ 10万8000円 ※ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)、パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)/オプティカルパーキングシステムのセット
  • レザーシートパッケージ 27万円 ※パワーシート(運転席、8ウェイ)、パワーランバーサポート(運転席)、シートヒーター(運転席/助手席)のセット
  • 電動パノラマスライディングルーフ (サンシェード、UVカット機能付) 12万9600円
 

パッケージング&スタイル

ブルーのアクセントカラーが目印

横桟のフロントバンパー、標準車で225/45R17、オプションのアダプティブシャシーコントロール“DCC”装着車で225/40R18のタイヤサイズなど、外観はGTI を意識したもの。GTEというモデル名や204psというシステム最大出力からも、「エコなGTI」を目指したであろうことが伝わってくる。

 

アクセントカラーは、GTIのレッドに対して、GTEはブルー。フロントグリルの水平ライン、「GTE」バッジ、前後ブレーキキャリパーなどが鮮やかなブルーでペイントされる。また、e-up!やe-ゴルフに共通するC字型のLEDポジションランプが備わるほか、フロントバンパー、リアバンパー、リアスポイラーがGTE専用品になる。

 

充電ソケットはフロントのエンブレム裏にあり、e-up!のようにボンネットを開ける必要はない

全高は普通のゴルフ7と実質的に同じ1480mmで(最低地上高140mm)で、GTIよりそれぞれ10mm高い
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
VW ゴルフ 7(2013~) 4265 1800 1450~1480 2635 5.2
VW ゴルフ GTE(2015~) 4265 1800 1480 2635 5.2
アウディ A3 スポーツバック e-tron(2015~) 4330 1785 1465 2635 5.1
レクサス CT200h(2011~) 4320~4350 1765 1450~1460 2600 5.0~5.2
ボルボ V40(2013~) 4370 1800 1440 2645 5.2~5.7
3代目トヨタ プリウス (2009~2015) 4460 1745 1490 2700 5.3
マツダ アクセラ スポーツ(2013~) 4460 1795 1470 2700 5.3
4代目トヨタ プリウス(2015~) 4540 1760 1470~1475 2700 5.1~5.4
 

インテリア&ラゲッジスペース

タータンチェックもブルーに


パワーメーターやブルーのアクセントカラーがGTEの証

シート地はGTI風のタータンチェック柄だが、ここもアクセントカラーはブルー。内装クオリティはベース車譲りで、Cセグメント車としてはトップレベルだが、車両価格499万円を正当化するほどではない。手動ファブリックシートが標準だが、オプションでブラックの電動レザーシート(27万円)に変更できる。

GTE専用装備は、回転計の代わりに装備されたパワーメーター(その中に小さな回転計が収まる)、走行モードの変更ボタン(EVモード、ハイブリッドモード)、パワー重視とする「GTE」モードボタン、メインディスプレイのエネルギーフロー画面、ブルーのLEDイルミネーションなど。ステアリング等の形状はGTIと同じだが、ステッチカラーは赤でなく、やはりブルーになる。

 

後席クッションの下には燃料タンクではなく、リチウムイオン電池が収まる

試乗車は標準の手動ファブリックシート仕様。電動レザーはオプション
 

荷室には充電ケーブル、パンク修理キット、車載工具などが収まる

床上の眺めは普通のゴルフと変わらないが、床下収納がなくなった分、容量は約3割減って272L(拡大時1162L)
 

荷室の床下にはリチウムイオン電池ではなく、移設された燃料タンクが収まる

容量8.7kWhのリチウムイオン電池(パナソニック製)は、後席の下に配置
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
フォルクスワーゲン 本山

最近の試乗記