Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > VW ゴルフ TSI コンフォートライン

VW ゴルフ TSI コンフォートライン新車試乗記(第557回)

Volkswagen Golf TSI Comfortline

(1.4Lターボ・7速DCT・275万円)

デザイン一新!
すべての完成度を高めて
ゴルフが6代目に進化した!

2009年05月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

デザインは一新、中身は熟成進化型の6代目


(photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

6代目となったVWゴルフが2009年4月9日に日本で発表、14日から発売された。1974年に初代ゴルフが登場して以来、35年間で2600万台以上という累計販売台数は国民車ビートルを越えるもの。もちろん同社の最量販モデルだ。

デザインを一新した「ゴルフ6(シックス)」だが、メカニズム的には先代ゴルフ5の進化熟成版と言えるもの。ボディ剛性やシャシー性能に磨きをかける一方、先代で投入された過給器付きの小排気量エンジンや7速DCTなどの改良をさらに行い、16.2~16.8km/Lという優れた10・15モード燃費を実現している。

■参考(過去のVWゴルフ試乗記)
・フォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドライン (2008年8月)
・フォルクスワーゲン ゴルフ GT TSI (2007年2月)
・フォルクスワーゲンゴルフ GTI (2005年10月)
・フォルクスワーゲンゴルフ GT (2004年7月)
・フォルクスワーゲンゴルフ GLi (1998年8月)

価格帯&グレード展開

ターボ(122ps)とターボ+SC(160ps)の2グレードでスタート


今回試乗したTSI コンフォートライン
車両協力:ファーレン名古屋中央株式会社(フォルクスワーゲン本山・小牧)

とりあえずは「TSI コンフォートライン」(※今週の試乗車)と「TSI ハイライン」の2グレードでスタート。両車いずれもエンジンは1.4リッター直4で、変速機は7速DCTだが、前者がターボのみで過給、後者がターボとスーパーチャージャーでの過給。ナビゲーションシステムはリアビューカメラやETCとセットで全車メーカーオプションとなる。

■TSI コンフォートライン   7速DCT  275万円
 1.4L直4ターボ(122ps、20.4kgm) 
 10・15モード燃費:16.8km/L  ★今週の試乗車

■TSI ハイライン       7速DCT  312万円
 1.4L直4ターボ+スーパーチャージャー(160ps、24.5kgm)
 10・15モード燃費:16.2km/L
 ※スポーツシート、17インチアルミホイール、パドルシフト、パークディスタンスコントロール等を標準装備

パッケージング&スタイル

サイズ拡大は全幅の30mmアップに留まる

ボディサイズ(先代ゴルフ5比)は全長4210mm(+5)×全幅1790mm(+30)×全高1520mm(同)で、ホイールベースは先代と同じ2575mmだ。要するにプラットフォームやパッケージングは先代譲りで、その点ではビッグマイナーチェンジと言えるもの。歴代ゴルフはメカニズム面で一世代おきに全面変更と熟成型の改良を交互に行ってきた感があるから、その意味で言えば今回の新型は順番的にも熟成型と言えるだろう。全幅はついに1.8メートルまであと一歩の1790mmだが、最小回転半径は従来通り5.0メートルをキープしている。

 

そんなわけでプロポーションも先代とよく似ているが、もちろん外観デザインは一新されている。特に目立つのは釣り目気味になったヘッドライト、全幅+30mmで可能になったショルダーのプレスライン(ゴルフ3を思わせる)やサイドの抑揚、そしてトゥアレグ似のリアコンビランプといったところ。部分的には新型シロッコ(プラットフォームやパワートレインはほぼ共通)に似ており、シロッコの4ドア・トール版という感じでもある。

インテリア&ラゲッジスペース

今風のプレミアム感が加わったインテリア

熟成型モデルチェンジであることは、操作系の基本レイアウトが先代に似ているインパネからもうかがえる。ただし質感は高まっており、例えばダッシュボード表面の手触りが良くなったほか、パサートCC譲りのレザーステアリングや縁取りがメタル調塗装になったエアコン吹き出し口を採用するなど、上級モデル並みの仕上げやパーツが奢られている。

 

300万円前後のクルマとしては妥当な今風プレミアム感が備わったが、質実剛健さを売りとしていた(少なくとも日本市場では)歴代ゴルフからすると、「普通になった」「日本車っぽくなった」という印象を持つ人はいるだろう。

新型ステアリングスイッチを採用。衝突安全性も高まった


(photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

操作系はより使いやすくなっている。ドライビングコンピューター(従来はレバー先端にあった)とオーディオ系はステアリングスイッチでコントロールが可能。しかもそのスイッチがシーソー式で、操作感がちょっとジョイスティック風?なのが面白い。オートエアコンの操作パネルも、ついに左右独立式になった。質実剛健なのがゴルフ、などと言っている場合ではない。

 

逆にあまり変わっていないのはDSGのシフトレバーやシート、全体の空間構成など。バタフライ式キーも見慣れたデザインで、ちょっと物足りない。逆にセンターコンソールの仕切りとして栓抜き?が相変わらずあるのはちょっと嬉しい?ところ。

なお、新型ゴルフではドライバーの下肢を守る運転席ニーエアバッグが新採用されており、これでエアバッグは従来の8個から9個に増えた。また前面衝突時の衝撃を正確かつ素早く検出するため、音響センサーを新たに採用したという。

リアビューカメラ、フルセグTV、ETCが付いてくる工場装着ナビ

試乗車に装着されている30GBハードディスクナビは「RNS 510」と呼ばれるメーカーオプション。これがいいのはリアビューカメラ「Rear Assist」、フルセグTV、ETCなどがセットで付いてくることだ。

 

特に「Rear Assist」と呼ばれるリアビューカメラはシフトレバーをリバースに入れると、リアゲートのVWエンブレム(オープナーも兼ねる)が「ウィッ」という音を響かせてポップアップし、カメラを出す珍しいタイプ。日本車もびっくりの仕掛けだ。

一番変わっていないのはリアシート?

ゴルフで一番変わり映えしないのが、このリアシートだろう。シート全体の形状、ヘッドレスト、ドア開口部の形状、後席用ドリンクホルダー内蔵のセンターコンソールなどなど、「ひょっとして先代と同じ?」と思える部分が多い。もちろん中には新規のものもあるはずだが・・・・・・。座った感じも、そこからの眺めも、ほとんど先代と変わらない。

しかしあとで触れる通り、新型ゴルフは乗り心地や静粛性が大幅に良くなっているので、後席のパッセンジャーが走行中に受ける印象はそうとう違うはず。

荷室もほとんど一緒

ラゲッジの眺めも、びっくりするほど先代ゴルフ5と同じだ。写真で見る限りは、部品単位でもほとんど変わっていないのではないか、とすら思われる。容量も同じ350リッターで、拡大方法も従来通りシングルフォールディング(背もたれを倒すだけ)。フラットにならない点、アームレスト部分だけのトランクスルーを備える点も相変わらずだ。

【余談】パンクに見舞われる

床下にはテンパータイプのスペアタイヤと車載工具(ジャッキ、レンチ、ドライバーなど)を収納。装着タイヤはミシュランだったが、スペアはハンコック製だった。少なくとも昨年試乗したゴルフ5のTSIトレンドラインは両方ともコンチネンタルだったので、両車で違うのはタイヤの銘柄だけ、とも言える。

ところで今回の試乗では、終盤にまさかのパンクに見まわれ、スペアタイヤのお世話になった。原因はタイヤに突き刺さった数センチはありそうなネジで、もちろんこれは不可抗力。

 

これがスペアタイヤレス仕様(つまりランフラットもしくはパンク修理キット搭載)であれば、果たしてどういう展開になったか分からないが、少なくともスペアタイヤへの交換はスムーズに行えた。

やや特殊に思えたのは、ホイールナットを外す前に樹脂製のナットカバーを専用のワイヤークリップに引っかけて外すことくらい。スペアでの走行も特に問題はなく、気になるのは当然ながら80km/hまでの速度制限がある点、そしてロードノイズが非常に大きいこと(テンパースペアを履いてることを意識させるためか)だけだった。


■参考サイト
ハンコックタイヤジャパン>製品案内>グローバルOEタイヤ>フォルクスワーゲン http://www.hankooktire.co.jp/product/003_15.html

基本性能&ドライブフィール

1.4ターボ+7速DSGはほぼ従来通り。122psで十分

160psと24.5kgmを誇るターボ+スーパーチャージャーエンジンと7速DSGと組み合わせた「TSI ハイライン」(312万円)もあるが、試乗車はターボのみの過給で122psと20.4kgmを発揮する「TSI コンフォートライン」(275万円)。先代のモデル末期に登場したベーシックグレードの「TSI トレンドライン」のエンジンと乾式クラッチの7速DSGをほぼそのまま受け継ぐモデルだ。

というわけで、エンジンの音やらパワー感やらも、おおむね先代のそれと同じ。7速DSGはさらに滑らかになり、クリープも力強くなって、多段トルコンATのような自然な運転感覚に磨きをかけているが、このあたりは従来モデルの完成度も高かったので微妙な進化だ。

それでもシフトレバーを「D」から「S」レンジにした時の速さは格別で、ちょっと驚くほど。シフトプログラムも当意即妙というか、ほとんど完璧で、これならステアリングのパドルシフト(TSIハイラインには装備)も要らない、と思えるほど。最大トルクの20.4kgmを1500~4000回転という低くて広い回転域で発揮することもあり、たった122psとは思えない俊足ぶりを見せつける。その意味では、160psのハイラインではなく、122psのコンフォートラインで十分だ。

なお7速DCTのギア比は先代TSI トレンドラインとまったく同じで、7速トップでの100km/h巡航は約2000回転で行う。最高速(UK仕様)は先代のそれより3km/h増しの200km/h、TSIハイラインの方は220km/hだ。

誰もが分かる静粛性と乗り心地の進化


(photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

一方、明らかに良くなったのが静粛性だ。先代は、「特にうるさくもないが、静かでもない」というゴルフらしい?レベルで、それはそれで不満はなかったのだが、新型はVWの販売スタッフの言葉を借りれば「(ゴルフにしては)気味が悪いほど静か」。特にアイドリング時は静かだ。新型に試乗した複数のデイズスタッフの第一印象も「静かになった」というものが多かった。プレスリリースにも遮音フィルムを挟み込んだフロントウインドウ、遮音材の追加、フロントサイドウインドウの厚みアップとラバーシールの変更、ドアミラー形状の変更といった改良がうたわれており、それらが効果を発揮しているようだ。このあたりは同じパワートレインを積んだアウディの新型A3 スポーツバック 1.4TFSIに迫っている。

 

(photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

もう一つ、明らかに前より良くなったのが乗り心地。先代にはグレードを問わず路面の凹凸を正直に伝えてくるゴルフらしいゴツゴツ感があったが、新型にはそれがほとんどなくなり、一クラス上のような当たりの柔らかい乗り味になった。静粛性と乗り心地、この2点がまずは新型ゴルフに乗ってすぐに分かる進化だ。それでいて前述のアウディA3ほど徹底的にマイルドではなく、ゴルフらしい機敏さも保たれている。

操縦性もニュートラル方向へ激進化

はっきりワインディングで分かるのがその操縦性の進化だ。少なくとも従来のTSI トレンドラインに関しては、アクセルを抜きながらステアリングを切るといった操作を行うとリアがスッと流れるなど、少々テールハッピーとも言えるセッティングだったが、新型のTSI コンフォートラインにはそういった動きがまったくなく、かなりニュートラルで正確なハンドリングになった。こうなるとESPもほとんど介入してこない(体感上は)。タイヤサイズは旧型TSI トレンドラインが195/65R15(我々が試乗した車両はコンチネンタルのエココンタクト3)、新型TSI コンフォートラインが205/55R16(ミシュラン エナジー セイバー)と新旧で一回り違う。考えてみると、先代のGT TSI (225/45R17のコンチ・スポーツコンタクト2)はこの新型に遜色ないスタビリティがあったので、要するにタイヤの差が大きいかもしれない。

試乗燃費は10.2km/L。10・15モード燃費は16.8km/L!

今回は約220kmを試乗。いつもの試乗区間では10.2km/Lだったが、一般道で無駄な加速を控えた走りでは13~14km/Lをキープするなど、パワーを封印した走りではどんどん伸びる傾向が強かった。10・15モード燃費は、驚異的とも言える16.8km/L(ちなみに先代TSI トレンドラインは15.4km/L)。160psのハイラインでも16.2km/L(140psの先代コンフォートラインは14.2km/L)を誇る。

ここがイイ

静粛性と乗り心地。ジキルとハイドの二面性。燃費

圧倒的に静かになった室内は、タウンユースでは当然喜ばれるはず。高速巡航も静かで、150km/hに達しても依然静か。そして乗り心地も素晴らしくいい。いわゆるドイツ車的なゴツゴツとした角がない。歴代ゴルフの中では最も快適なのではないか。印象としてはドイツ車なのに日本車みたいで、むろん、それを良しとしない人にはメリットとはならないかもしれないが。

Dモードでは2000回転前後でシフトアップするから、とても静か。7速を小刻みに変速して低回転を使い続けるから、燃費にも効く。一方、Sモードにすると、シフトアップは3000回転前後になり、性格は激変。かなり高回転を維持するプログラムとなり、とても速くて面白い。まるでジキルとハイドという二面性。スバルはレガシィで3モードを選べるSI-DRIVEを提案したが、正直3つはいらないと思う。2つのモードとマニュアル操作ができるゴルフは理想だろう。そしてマニュアルモードがまたいい。素早い変速によって、きっちりレッドゾーンまで回しながら走るのは快感だ。そもそも普通のDモードですら、ワインディングでも見事にツボにはまった回転域を維持するから、マニュアルモードにする必要がないほどだ。

 

そしてこれだけ走り回っても、結局リッター10kmを切らない燃費性能。1.4リッターターボと7速DSGから成るパワフル&低燃費のパワートレインは絶賛するしかない。

国産車では当たり前のリアカメラもいい。メーターの照明が「青と赤」ではなく、ふつうの白になったのは、コスト削減なのかもしれないがかえって好感が持てた。オーディオもUSB(曲目表示可能)の他、ラインインもちゃんとある。

ここがダメ

控えめなデザイン

デザインは確かに一新されたが、中身は先代の後半モデルに比べてそう変わっていない。先代は相当いいクルマだったから、ビッグマイナーチェンジであること自体は別に悪くないが、やはりフルモデルチェンジをうたう以上、ニュース性が欲しいところ。

Cピラーの太さには確かにゴルフらしさが残っているが、なぜだろう、スタイリングにあまり魅力を感じられない。厳しく言えば、よくある日本車のハッチバック風。できるだけシンプルに、万人受けで、というのはゴルフの性格としてはわかるが、歴代にあった「アク」はすっかりすくい取られてしまったかのよう。まもなく登場するシロッコのスタイリングが素晴らしいだけに、それがよりいっそう際だつように、ゴルフは抑えられたのだろうか。あれだけ強調されたワッペングリルもなかったことにされているし。メカはマイチェンでもデザインでは大いなるフルチェンジ、とも言えるが。

内装の質感も一昔前に戻った感じ。かつての、ものすごく高級な感覚はない。細かく見ていけば上質なのだが、全体としての圧倒的な高級感が感じられなくなった。また試乗車の場合、停止した時に自動的に映るデジタルテレビがありながら、なぜか感度が悪く、映像どころか音声までがとぎれてしまうことがあった。

総合評価

ハイブリッドでなくても進化している

「ニューゴルフ、売れてます」と言いたいところだが、残念ながら新型車販売の出だしは低調のよう。新型の発表がこのクルマ不況にもろにぶつかってしまったのが辛いところで、ニュース性の低さとも相まって、なかなか厳しい状況だ。4月のVW車販売の前年同月比は85.5%だが、1月からの通年では70%なのだから、これは・・・・・・。まあゴルフの場合、先代もデビュー当初は苦戦した。つまりじわじわ売れてくるタイプゆえ、そこはこれからに期待というところ。先代デビュー時のことを思うと、仕上がりは比較にならないくらい良いと思う。

走りに関しては先代後半モデル同様、ガソリン車としてはたぶん一つの究極ともいえる素晴らしさだ。走りと燃費のバランスはクルマ100年の計でベストというべきもの。こんなによく走ってこの燃費が達成できるなんて、感動以外の何物でもない。ハイブリッドでなくてもガソリン車は今も確実に進化しているのを実感できる。この走りに加えて静かになったこと、乗り心地がよくなったこともあり、「もはや世の中に排気量1.5リッター以上のクルマは必要ないのでは」と思うほど。感覚的には2.5リッタークラスなのに、自動車税は1.5リッター以下クラスなのだから、昨今の世情のような燃費(環境)ヒステリーさえなければ、ものすごく注目されるクルマのはずだ。

 

日本では、このクラスのクルマは否応なしにハイブリッド大戦争に巻き込まれてしまうので、そこもまた厳しいところ。よほどのクルマ好きでない限り、ニュープリウスにしますか、ニューゴルフにしますかと問われたら、価格の安いプリウスに軍配が上がってしまう。ブランド力が違うと昔は言えたものだが、昨今はハイブリッドという錦の御旗は、輸入車ブランドより力があったりするから始末が悪い。試乗車の275万円という価格は、ゴルフとしてはかなりの安さだと思うが、日本の市場では戦略的低価格のハイブリッド車に勝てないのが辛い。といって、ゴルフともなると他の輸入車のような「マイナー感」で勝負できるクルマではなく、あくまでメインストリームのクルマなのだからより辛くなる。

モーターデイズはゴルフが率直に気に入った。素晴らしいと思う。しかしかつてそういってきたクルマが、売れたかというとこれは難しい。先月、ダイハツのソニカという軽自動車が発売4年持たずしてライン落ちしてしまったが、このクルマなど我々が大絶賛したものだ。いいと思うクルマが売れるクルマではないという事実を前に、心境は複雑だ。クルマを作ることに携わっている多くの人が、同じようなジレンマに悩んでいると思う。所詮クルマも流行ものということか。特に日本人は豚インフルエンザ騒動でもわかるように、みんなで一つの方向へ走りがち。ミニバンがイイとなれば一斉にミニバンへ、ハイブリッドと言われれば半年以上待ってでもハイブリッドを買うわけだ。そういう中で新型ゴルフは売れるのだろうか。売れてほしいものだが、はたして。

試乗車スペック
フォルクスワーゲン ゴルフ TSI コンフォートライン
(1.4Lターボ・7速DCT・275万円)

●初年度登録:2009年4月●形式:ABA-1KCAX ●全長4210mm×全幅1790mm×全高1520mm ※純正ナビのRNS510装着時。標準仕様は1485mm ●ホイールベース:2575mm ●最小回転半径:5.0m ●車重(車検証記載値):1290kg( 820+470 )●乗車定員:5名 ●エンジン型式:CAX ● 1389cc・直列4気筒・DOHC・4バルブ・ターボ・横置 ●ボア×ストローク:76.5×75.6mm ●圧縮比:10.0 ● 122ps(90kW)/ 5000rpm、20.4kgm (200Nm)/ 1500-4000rpm ●カム駆動:タイミングチェーン ●使用燃料/容量:プレミアムガソリン/55L ●10・15モード燃費:16.8km/L ●JC08モード燃費:-km/L ●駆動方式:前輪駆動(FF) ●サスペンション形式:前 マクファーソンストラット/ 後 4リンク ●タイヤ:205/55R16 ( Michelin Energy Saver )●試乗車価格:
308万6000円 ( 含むオプション:RNS 510<HDDナビゲーションシステム、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、地デジTV受信、マルチファンクションステアリング連動オーディオコントロール、シャークフィンアンテナなど)、ETC車載器、リアビューカメラ"Rear Assist"、レザー3本スポークステアリングホイール<オーディオコントロール付> 以上セットオプション 33万6000円 )●試乗距離:220km ●試乗日:2009年4月 ●車両協力:ファーレン名古屋中央株式会社(フォルクスワーゲン本山・小牧)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
フォルクスワーゲン 本山

フォルクスワーゲン 最新の試乗記10件

最近の試乗記一覧

関連コンテンツ一覧