Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ホンダ N-WGN G

新車試乗記 第732回 ホンダ N-WGN G Honda N-WGN

(0.66L 直3・CVT・116万3314円)

目指したのは
軽の「新しいベーシック」!
その先に「日本のベーシック」は
あるのか?

2014年06月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

目指したのは「日本のあたらしいベーシック」


ホンダ N-WGN カスタム(東京モーターショー 2013)

2013年11月20日に発売されたホンダの「N-WGN(エヌ ワゴン)」は、2011年末に発売された「N BOX(エヌ ボックス)」から始まる新世代軽自動車「N」シリーズの最新モデル。ホンダ自身は、N BOX、その派生モデルのN BOX +(プラス)、そしてN-ONE(エヌワン)に続くNシリーズの第4弾としている。

目指したのは、軽乗用車の『新しいベーシック』。ジャンル的には軽市場で最もボリュームが大きいハイトワゴンクラスに属する。ライバルはスズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、日産 デイズ、三菱eKワゴンなど。また、2014年4月にはライフの販売が終了しており、N-WGNはその実質的な後継モデルでもある。

従来型エンジンに新技術を投入


プラットフォームはNシリーズ共通。センタータンクレイアウトを採用する
(photo:Honda)

プラットフォームは従来Nシリーズと共通で、燃料タンクを前席下に置く「センタータンクレイアウト」を採用。一方でエンジンは従来Nシリーズの「S07A」型を大幅改良して採用。1気筒あたり2本のインジェクターを配するツインインジェクションシステム(軽自動車初)や、冷却性の高いナトリウム封入排気バルブ(軽自動車初で、ホンダの乗用車としても初)などを、自然吸気とターボの全車に採用している。新技術の狙いは、ストレスのない走りと低燃費を両立することで、JC08モード燃費は自然吸気モデルで29.2km/Lとした。

なお、この改良型エンジンは昨年12月からはN-BOXに、今年5月からはN-ONEにもマイナーチェンジで採用されている(マイナーチェンジ以降、N BOXはハイフン付のN-BOXと表記される)。

販売目標は月1万2000台。Nシリーズの4割を担う

月販目標は現在ホンダの軽で一番売れているN-BOXの1万5000台(昨年11月のマイナーチェンジ時点で発表されたもの)に次ぐ1万2000台。なお、N-ONEの目標台数は発売当初の月1万台から、5月には4000台に下方修正されている。

発売後約1ヵ月までの累計受注台数は、目標の約2倍となる2万4000台を超え、発売後約2ヵ月では5万台を超えた。これまでの販売実績は、11月:2910台(軽で13位)、12月:8600台(同7位)、1月:1万7855台(同2位)、2月:1万9254台(同3位)、3月:2万3929台(同4位)、4月:6558台(同10位)、5月:7978台(8位)。

生産は他のNシリーズと共に、鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で行われている。

■過去の新車試乗記
ホンダ N-ONE (2012年12月)
ホンダ N BOX (2012年2月)

 

価格帯&グレード展開

自然吸気は116万3314円~、ターボは138万8572円~


ホンダ N-WGN(標準モデル)。標準車のボディカラーは7色で(カスタムも含めると全11色)、写真はチェリーシェルピンクメタリック
(photo:Honda)

他のNシリーズ同様、N-WGNも標準車(N-WGN)と精悍な「N-WGN カスタム」の2本立て。その両方で自然吸気エンジン車(58ps、6.6kgm)と「ターボ・パッケージ」と呼ばれるターボ車(64ps、10.6kgm)が選べる。つまり標準車の皮をかぶったターボ車が可能。

スマートキー、オートエアコン、VSA(横滑り防止装置)、Honda スマートキーシステムは全車標準。変速機は全車CVTで、4WDは約11万4000円高。

また、エントリーグレードの「G」でも、30km/h以下で作動する赤外線レーザー式の「シティブレーキアクティブシステム」(自動ブレーキ)や、サイド&カーテンエアバッグ(計6エアバッグ)をセットにした「あんしんパッケージ」を6万円高で装備できる(上位グレードは標準装備)。

 

N-WGN カスタムのボディカラーも全7色で、写真はプレミアムゴールド パープル・パール
(photo:Honda)

さらに標準車のGに約12万円足せば、ディスチャージヘッドライト(ハイ/ロー)付のG・Aパッケージが買えるし、そこからさらに約6万~10万円足せば、ターボ車も買える。価格差が微妙なので悩ましい。

ホンダの発表によると、標準車とカスタムの販売比率は今のところ半々で、G・Aパッケージが全体の約半数を占める。ターボは全体の1/4程度。売れ筋の価格帯は130万~140万円台といったところか。

 

インパネは標準車がブラック&ベージュで、カスタム(写真)はブラック&バーガンディ
(photo:Honda)

なお、5月15日には、標準車のG・Aパッケージをベースに、専用インテリアなどを採用した特別仕様車「コンフォートパッケージ」が追加設定されている。

ラインナップと価格(消費税8%込み)は以下の通り。

■N-WGN
【自然吸気エンジン(58ps、6.6kgm)】
・G  FF:116万3314円~、4WD:128万6743円~
・G・Aパッケージ    FF:128万5715円~、4WD:140万9142円~
・コンフォートパッケージ   FF:132万円、4WD:144万3429円

【ターボ車(64ps、10.6kgm)】
・G ターボパッケージ  FF:138万8572円~、4WD:151万2000円~

----------

■N-WGN Custom
【自然吸気エンジン(58ps、6.6kgm)】
・G   FF:137万3143円~、4WD:149万6572円~
・G・Aパッケージ FF:149万1429円~、4WD:161万4858円~

【ターボ車(64ps、10.6kgm)】
・G ターボパッケージ  FF:155万3143円~、4WD:167万6571円~

 

パッケージング&スタイル

小さなステップWGN風

外観デザインは、何となくミニ「ステップWGN」風。ホンダのショールームで、同じボディカラーの現行ステップWGNと一緒に並んでいると相似形のように見える。Cピラー付け根の黒いスリット風処理も、ステップWGNにあるスライドドアのレールがモチーフか?

 

ボディサイズは軽自動車の掟通り、全長3395mm、全幅1475mm。ホイールベースはNシリーズ共通で、軽(FF車)では最長の2520mm。最小回転半径(FFで4.5メートル、4WDで4.7メートル)も他のNシリーズと共通。

 

一方で、全高は1655mmで、N-ONE(1610mm)より少し(45mm)高く、N-BOX(1770~1790mm)よりずいぶん(120mmくらい)低い。つまり、パッケージング的にはN-ONEに近く、N-BOXとは全く異なる。ライバル車との比較では、ワゴンRより15mmほど高く、ムーヴやデイズ/eKワゴンより35mm高いといった程度で、大差はない。

 

インテリア&ラゲッジスペース

Nシリーズの質感と広さに、独自の工夫をプラス


N-WGN(標準車)の内装色はブラック&ベージュの2トーン

今や軽の質感や広さは一部のリッターカーを超えるレベルで、中でもNシリーズはレベルアップの牽引者と言える存在。ドアの閉まり音も、軽とは思えないくらいしっとりしている。

スイッチ類などN-BOXやN-ONEとの共用パーツもチラホラ目に入るが、ダッシュボードはN-WGN専用。センターの引き出し式トレーなど、新しい工夫も盛り込まれている。

 

センターの引き出し式トレーは、車内ランチに便利

中でもN-WGN独自の部分は、Nシリーズで初めて採用されたリアシートスライド機能(前後200mm)と後席下に靴や傘を置けるリアシートアンダートレイ。同じセンタータンクレイアウトのフィット、N-BOX、N-ONEの場合は、後席の座面を跳ね上げるチップアップ機能などを売りとしているが、N-WGNではあえてそれを封印。特に後席下のアンダートレイは、今までありそうで無かったものだ。

 

背もたれはダイブダウンで格納できる。フィットのようなチップアップ機能はない

後席はリクライニング&前後200mmスライドが可能(写真は後端)。座面下には傘や靴を置ける

シートはクッションが分厚い。運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)は上位グレードのみ
 

写真は後席を後端にした状態。この場合でもA型ベビーカーが収納できる

後席を畳んだ状態。絶対的な容量より、日常での使いやすさを重視した印象

センタータンクレイアウトとスペアタイヤレスにより、深さ290mmの床下収納スペースを確保
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
Honda Cars 東海・岐阜中央

最近の試乗記