Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スズキ イグニス

新車試乗記 第785回 スズキ イグニス Suzuki Ignis

(1.2L直4・CVT・138万2400円~)

コンパクトカーとSUVが融合。
世界で戦うスズキが打った
新しい一手に試乗! 

2016年04月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

Aセグメントの「コンパクトクロスオーバー」


東京モーターショー2015に出展されたイグニス(参考出品車)

スズキの新型車「イグニス」は、コンパクトカーとSUVを融合させた新ジャンルのコンパクトクロスオーバー。最初は2015年3月のジュネーブショーで「iM-4コンセプト」として登場。2015年秋の東京モーターショーに出展された参考出品車では「イグニス」と名前を変え、2016年2月18日に国内で発売された。日本での生産・発売を皮切りに、欧州など海外にも投入される世界戦略車である。

全車1.2Lマイルドハイブリッドを採用

ignis-01pr-05-300.jpg
新型スズキ イグニス

今回発売された国内仕様のパワートレインは、昨年8月に発売された現行ソリオとほぼ同じ。1気筒あたり2つのインジェクターを持つ1.2L自然吸気のK12C型「デュアルジェット」エンジンに、ISG(モーター機能付発電機)や小容量リチウムイオン電池を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様で、ミッションはスズキ御用達のジヤトコ製副変速機付CVT(無段変速機)。JC08モード燃費はFF車で28.0~28.8km/Lを達成している。

Aセグメント用に新開発された新世代軽量プラットフォームを使う点も現行ソリオと同じ。イグニスではクロスオーバーSUV的なスタイリング、高めのアイポイント、高めの最低地上高(余裕のあるロードクリアランス)などが特徴になる。

販売目標台数は月間1500台。国内向けは、スイフトやソリオと同じ静岡県牧之原市の相良(さがら)工場で生産される。

■関連する過去の新車試乗記
スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド (2016年2月掲載)
スズキ ハスラー (2014年2月掲載)
スズキ スイフトスポーツ (2011年12月掲載)

 

価格帯&グレード展開

138万2400円からスタート

ignis-01pr-02-300.jpg
ボディカラーは、MZで選択できる写真のブラック2トーンルーフ仕様(4万3200円高)も含めて、全13パターン。ルーフサイドはボディ同色という変わった塗り分け

ラインナップは、装備が省かれたベースグレードの「MG」、キーレスプッシュスタートや運転席シートリフター、16インチタイヤ&アルミホイール、リアシートスライド機能等を標準装備する「MX」、LEDヘッドランプや本革巻ステアリング、7速パドルシフト等を標準装備する上級グレード「MZ」の3つ。

■HYBRID MG  138万2400円(FF) / 151万9560円(4WD)

■HYBRID MX  150万1200円(FF) / 163万8360円(4WD)

■HYBRID MZ  164万1600円(FF) / 177万8760円(4WD)

全車オプションのセーフティパッケージ(全車9万7200円)は、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグをセットにしたもの。ぜひ装備しておきたい。

 

パッケージング&スタイル

名車のモチーフを継承

デザインコンセプトは「シンプルアイコニック(わかりやすく特徴的)、シンプルスタンダード」。現行アルトに通じるクリーンなラインや小さなグラスエリア、タイヤがボディの4隅で踏ん張ったスタイリングは、スペース志向のコンパクトカーやミニバンが多い日本車の中では異色。

そして猫背のリアウインドウ、角型リアコンビランプ、Cピラーの3本スリットは、まさしく1970年代の名車フロンテクーペ(1977年以降の550ccモデルはセルボ)へのオマージュ。さらに角型ヘッドライトもフロンテクーペ/セルボの、ボンネット左右のスリットは初代エスクードのモチーフを受け継いでいる。

Aセグサイズのクロスオーバー

ボディサイズは全長3700mm、全幅1660mmと、グローバルでの最小クラス、Aセグメントに分類されるもの。2435mmのホイールベースは実にアルト(2460mm)より短く、最小回転半径は軽並みの4.7mに収まっている。

全高は1595mmと、機械式立体駐車場に何とか収まるレベル。最低地上高はハスラーや新型エスクード並みの180mmで、多少の悪路も行けるようになっている。

 

後ろから見るとワイドトレッド、そしてボディ上部が絞り込まれているのが分かる

サイドウインドウのグラフィックスは現行アルトに通じるもの
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
スズキ アルト (2014~) 3395 1475 1475~1500 2460 4.2~4.6
スマート フォーフォー (2015~) 3495 1665 1544 2494 4.1
フィアット 500 (2008~) 3545 1625 1515 2300 4.7~5.6
フィアット パンダ 4×4 (2014~) 3685 1670 1615 2300
スズキ イグニス(2016~) 3700 1660 1595 2435 4.7
スズキ ソリオ (2015~) 3710 1625 1745 2480 4.8
スズキ スイフトスポーツ (2011~) 3890 1695 1510 2430 5.2
日産 ジューク(2010~) 4135 1765 1565 2530 5.3
新型スズキ エスクード(2015~) 4175 1775 1610 2500 5.2
 

インテリア&ラゲッジスペース

質感やデザインにこだわる


メモリーナビ自体は全車オプションだが、そのタブレット風のベースは全車標準

インパネもユニーク。オートバイ風の一眼メーター、タブレット風ナビディスプレイ、トグルスイッチを使った独立型の空調操作パネルなど、こだわりが感じられる力作。また車体色に合わせてオレンジもしくはチタンシルバーの高輝度塗装を施したニーパッドやドアハンドル、助手席側のダッシュボードに立体感を出すためというクボミといったアイディアも面白い。

メーカーオプションの全方位モニター付メモリーナビ(14万2560円~)は、「Apple CarPlay」に対応。通話・音楽再生・メッセージなど、iPhoneの機能をナビ画面で操作できるほか、「Siri」での音声操作もできる。

 

メーカーオプションの全方位モニター付メモリーナビ。バックモニターだけでも十分だが、便利と言えば便利

センターコンソールのニーパッドには、エクステリア同様に3本のスリットが刻まれる
 

高めのヒップポイント


前席ヒップポイントは615mm。見晴らしが良く、乗り降りもしやすい

前席ヒップポイントは615mmと高めだが、後席のそれは680mmとさらに高い。また、後席は背もたれを一番寝かせた状態でも少し立ち気味で、座面クッションも短め。なのでフットルームは広々していても、足を前に投げ出すようなリラックスした姿勢では座りにくい。欧州A/Bセグ車の後席みたいにキチンと姿勢を正して座ることになるが、そうするとヘッドルームがややタイトに感じられる。

 

写真は一番後ろにスライドした状態。窓枠の一部にボディカラーが露出する

助手席の下にはエネチャージ車でおなじみのリチウムイオン電池を配置
 

シートアレンジはソリオ譲り


後席使用時の荷室容量は258L。ゴルフバッグ一つを積載可とのこと

上級グレード(MXとMZ)のシートは、左右別々に前後165mmのスライドと背もたれの格納が可能で、荷室は必要に応じて拡大すればいい、という考え方。新型ソリオ同様、荷室側からでもショルダー部のレバーで前後スライドと背もたれ格納ができる。これは便利。

荷室容量は後席使用時で258L、後席収納時に415Lと、1クラス上のBセグ並みを確保。加えて床下にはFF車で106L、4WD車で36Lのサブトランクを備える(MGグレードには未装備)。ボディが小さいわりに荷物は積めそう。

 

後席を畳めば、荷室容量は415Lに、荷室長は1230mmにアップ

スペアタイヤレス(パンク修理キット搭載)により、荷室床下には大容量の収納スペースを確保
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

スズキ 最新の試乗記10件

最近の試乗記