Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > 日産 ムラーノ 350XV Four

日産 ムラーノ 350XV Four新車試乗記(第335回)

Nissan Murano 350XV Four

(3.5リッター・CVT・375万9000円)

 

2004年09月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

北米ですでに8万台

2004年9月2日に発売された日産の新型車「ムラーノ」は、ティアナやプレサージュと同じFF-Lプラットフォームを使った新型SUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)。北米では2002年12月に発売され、すでに約8万台を販売したヒット車だ。日本では昨年の東京モーターショーで参考出品されたほか、発売に先行して予約注文をスタートするなど、事前の広告宣伝が盛んに行われた。

「SHIFT_design」

特徴は日産の新しいテーマ「SHIFT_design」(デザインをシフトする)を合い言葉とする斬新なデザイン、スポーティな操縦性や高い快適性などで、SUVではあるが本格的なオフロード走行は重視していない。

販売目標は月間1000台。生産は北米向けと同じ九州工場で行われる。ちなみにライバル車のトヨタ・ハリアーの目標は月間2500台で、こちらの生産拠点(国内向け)も同じ九州だ。

なお、日産はムラーノを皮切りに、本年度に新型を6車種投入という大攻勢をかける。手始めに9月下旬には新型ハッチバック車「Tiida(ティーダ)」を、10月中旬にはVQ35DEエンジンを搭載するスポーティセダン「Fuga(フーガ)」を、そして10月下旬には小型セダンの「Tiida Latio(ティーダ・ラティオ)」、12月上旬にミニバン「Lafesta(ラフェスタ)」を投入。年が明けて2005年1月には、コンパクトカー「Note(ノート)」が登場する予定だ。

価格帯&グレード展開

V6と直4の二本立て、285.6万円~

グレードは3種類で以下の通り。全3グレード中、オールモード4WD車は最上級グレードのみで、残りはFF車。あくまでもオンロード・メインのSUVということだ。

「350XV Four」 (375万9000円) 3.5リッターV6(VQ35DE)+エクストロニックCVT-M6(6速MTモード付き無段変速)・4WD ※今週の試乗車
■「350XV」 (343万3500円) エンジンと変速機は上と同じでFF
■「250XL」 (285万6000円) 2.5リッター直4(QR25DE)+4速AT・FF ※日本専用車

パッケージング&スタイル

カイエンと同サイズ

ボディサイズは全長4770×全幅1880×全高1685(ルーフレール付は1705mm)と、特に横幅が大きい。これは何とポルシェ・カイエンとほぼ同サイズであり、ハリアーよりも特に横幅がワイドだ。実際に見ても迫力あるが、リアスタイルは小型車のマーチと相似形で面白い。リアゲートはステージアと同じ樹脂製となっている。

スタリングテーマは「躍動感ある彫刻」。デザイナーがサイズを気にせずに思う存分クレイを盛ったという感じで、日産デザインの本領発揮。2825mmのホイールベースはティアナより長く、プレサージュより短い。

ティアナとZを足して

インパネはティアナに似た「ラグビーボールシェイプ」のダッシュボードと、Zのような独立メーターとの組み合わせ。インテリアのあちこちに本物のアルミ製パーツが奢られるが、レザーシートの風合いを含めて、質感はあんまり高くない。このクラスだともう少し本物の素材感が欲しいところ。

ムラーノ専用のBOSEサウンドシステムを全車標準装備し、スペアタイヤの中に専用ウーハーが備わる。3.5リッター車はカーウイングス対応ナビも標準装備。夜になると、星座も表示。タッチパネルではないが、ボタンが大きくて操作もわかりやすく、音声操作も「まあまあ」というところ。

すれ違いなんてもう怖くない

大陸サイズの横幅だが、心配な見切りはプレサージュで先行したサイド・ブラインド・モニター(全車標準装備)で確保している。高感度の近赤外線CCDカメラを左ドアミラー下部に内蔵し、車両左前付近の死角を解消するものだ。バック時に映るリアカメラも装備している。

 

さらに、左ドアミラー下に小さな「サイドアンダーミラー」を追加。これらによって、日本車に固有の左フェンダー上のサイドミラーを追放したわけだ。

実際の効果だが、先に装備しているプレサージュと同じで、サイドブラインドモニターはもうすごく便利。補助ミラーの方はあってもなくてもいいかな、と思えるものだが、このモニターさえあれば、幅広い車幅にも関わらず狭い道のすれ違いも怖くない。初心者には、そのうちにどれくらい左側に余裕があるかモニターを見なくても分かるようになる、という学習効果も期待できる。

クラストップの荷室幅

シートは完全にアメリカ人サイズで、小柄な人だと自分が子供になったかのように感じるかも。5人乗りであり、3列シートはない。後席の雰囲気はBMWのX3と何となく似ているような気がした。

 

容量480リッターのラゲッジルームは、ゴルフバッグ(9インチ)を5セット積載可能というもので、荷室幅はクラストップを謳う。後席は背もたれとともに座面が沈み込んで折り畳めるタイプで、操作は簡単だ。

基本性能&ドライブフィール

アメ車っぽくソフト

試乗したのは最上級グレードの「350XV Four」。

試乗前の期待通り、VQ35DE(231ps、34.0kgm)のトルク感は濃厚で、乱暴に言ってしまえばドライブフィールは同じエンジンのティアナやスカイラインとよく似ている。遮音の効いた、低チューンのアメリカンV8、という感じだ。

ただし車重が1790kg(試乗車)とティアナなどより300kgほど重いせいか、あるいは低速トルク重視のせいかCVTのプログラムのせいか、発進直後のパワーの出方はかなり穏やかだ。

足まわりもアメ車っぽくソフト。コーナリングの限界性能では失ったものも多いが、乗り心地はとてもいい。エンジンがパワフルなので「スポーツサスペンションが欲しい」とも思ったが、普通に乗るならこのセッティングでも納得できる。静粛性も文句なしに高く、後席の居心地もまったく問題ない。

痛快なCVT-M6のマニュアルモード

一方で、「エクストロニックCVT-M6」のマニュアルモードを選択すれば、迫力のある加速が楽しめる。オールモード4WDのトラクション性能を生かした低中速コーナーの脱出加速も、大げさに言えば某社の4WDターボのよう。FFベースでトルクステアが一瞬出るのも、限界が分かっていい。また350XV FOURにだけ装備されるVDC(横滑り防止装置)の介入がすごく自然なのもいい。重心が高いSUVでは、唐突にパワーを絞ってしまうものが多いからだ。ハンドリング自体はアンダーステアがかなり大きめだが、逆にこれくらいにして速度を抑えた方が、安全と言えるかもしれない。

もちろん、一番得意なのは高速道路で、追い越し加速も自由自在。ここでもマニュアルモードを使った走りが痛快だ。またCVTのおかげで、150㎞/hを越える巡航でもエンジンは2000回転そこそこ。エンジン音もロードノイズも小さく、おまけにアイポイントが高いため、速度感が低い。むろんこういう時は燃費もいいはずだ。ただボディ形状のためか、セダン系と比べると風切り音はやや気になるレベルだった。

ここがイイ

フロント、リアともに独創的なボディデザインは秀逸。デザインの独創性と程良い演出で納得させられてしまうインテリアもいい。日産は、デザインこそがクルマが売れる最大の要因である、ことが分かっているメーカーだ。

国交省の指導? の壁を破るべく装備されたサイドブラインドモニター。日本仕様独自の装備だが、これを機に世界中の様々なクルマに装備して欲しい。オプションでサイドビューモニター(12万6000円)も用意されており、リアビューカメラと合わせれば全方向がモニターで見渡せる。大きなクルマにぜひ欲しいものが、きちんと用意された点で高評価だ。そのディスプレイ(カーナビ)がたいへん見やすい位置にあるのもいい。ちなみに10月1日からはカーウィングスが3年無料で使える。これは大英断だ。

ヘッドライト類のスイッチが一回ひねるとオートポジションなのは、国産車で最初ではないかと思う(ちょっと確認は取っていないのだが)。些細なことだが、このポジションなら違和感なくオートのままにしておける。一番奥にあるとライトスイッチを切り忘れたみたいで、心理的についオートを解除したくなってしまうのだ。

革シートなのにフンワカしており、前席はもちろん、後席でもまったりとしたムードになれる。当たりの柔らかい乗り心地と相まって、へたな高級セダンより快適。シート高が高いにも関わらず、サイドシルがじゃまにならないため、気軽に乗り降りできるのも良いし、よじ登る感じでないところも小柄な日本人にはありがたい。リアシートバックがバックドア側からワンタッチで倒せ、沈み込んでフラットな荷室になるのもよくできたところ。

ここがダメ

10・15モードは8.9km/Lとカタログにあるが、試乗車の燃費計は平均4.1km/Lを表示。もちろんハイオク。燃料タンクも82リッターとアメ車並み。大排気量アメリカンV8より燃費が良くてパワフル、とアメリカでは評価が高いものの、ガソリン価格高騰中の日本ではさて。

普通に走る分にはノーズも軽く向きを変え、このサイズとは思えない軽快なハンドリングだが、追い込むとあっけなく限界露呈。乗り心地とトレードオフであり、VDCもあるが。コーナリング中、センターコンソール物入れ(奥に深いが浅め)から置いてあった小物がペダルの方へ落ちてきた。そんな走り方を前提としていない? ごもっともだが……。

Aピラーと大型ミラーによる斜め前左右、リアクォーターウインドウの小ささによる斜め後方視界の悪さは、デザインとトレードオフか。斜め後方視界用の常時ビューモニタが早く開発されないだろうか。

総合評価

ある意味、大トルクのエンジンにこそCVTはマッチする。その点、日産のVQエンジンとCVT-M6は理想的な組み合わせで、ムラーノでも滑らか至極の走りを生み出している。CVTの低速でのギクシャク感、アクセルに対するリニア感の不足といったネガは全く顔を出さない。荒々しさを必要としない高級車には、最適なパワートレインだろう。つまり、ムラーノはSUVではなく、高級車がSUVのカッコをしていると考えると納得がいく。本格的四駆能力はなくとも、フルタイム四駆による安定感のある走りは、大パワー車を誰もが操るには必要不可欠なもの。ムラーノはひたすら快適で安全な「カッコいい」高級車だ。

このあたりは本格的なスポーツカーの911に対するフェアレディZ、まじめ一筋で作られたスーパー四駆カイエンに対するムラーノと言う図式だろうか。究極を求めてしまうポルシェと、スタイリングとコンセプトで大衆的なマシンを「安く」売る日産の企業姿勢の差だ。一般的に言えば、Zやムラーノの方がコストパフォーマンスが高く、こと日常域で乗るには満足度も高い。実際、カイエンよりも、乗っていて快適で、便利。価格も安いムラーノはカイエンのような爆発的なパワーはなくても、満足度では高評価となるだろう。走り性能が過剰でない分、日本の道路事情ならかえって楽しめるほどだ。スタイリングだって、正直、カイエンよりいいと思う。2台を並べて置けば、クルマ知識の少ない人には、SUVという新しいカテゴリーゆえに、同じようなグレード感、価格感に見えるはずだ。

というわけで、乗る前は、割にイージーに作られたブーム便乗商品に見えたムラーノだったが、乗ってみると考え方が変わった。つまりムラーノは、SUVと言うより新しい高級車だと思ったのだ(考え方としては今更ではあるが)。セドグロからの乗り換えでも、この快適さなら満足でき、さらに新鮮さが味わえる。これは保守的なセダンユーザーがSUVに代替するための起爆剤になるかもしれない。ハリアーはまだそこまで行っていないが、ムラーノは本当に一般受けするかも。事実、クルマ業界でない知り合いの間でも、たいへん関心が高く、質問責めになった。ムラーノから日本でも北米並のSUV大ブームが始まるかもしれない。問題はガソリン価格だが。

試乗車スペック
日産 ムラーノ 350XV Four
(3.5リッター・CVT・375万9000円)

●形式:CBA-PNZ50●全長4770mm×全幅1880mm×全高1705mm●ホイールベース:2825mm●車重(車検証記載値):1790kg(F:1070+R:720)●乗車定員:5名●エンジン型式:VQ35DE●3498cc・DOHC・4バルブ・V型6気筒・横置●231ps(170kW)/5600rpm、34.0kgm (333Nm)/2800rpm●使用燃料/容量:プレミアムガソリン/82L●10・15モード燃費:8.9km/L●駆動方式:四輪駆動(フルタイム4WD)●タイヤ:225/65R18(Dunlop Grand Treck ST20)●価格:375万9000円(試乗車:384万2500円 ※オプション:インテリジェントキー&イモビライザー 5万2000円、ルーフレール 3万1500円)●試乗距離:約140km

公式サイトhttp://www2.nissan.co.jp/MURANO/Z50/0506/CONCEPT/main2.html

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
 

最近の試乗記一覧