Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ホンダ オデッセイ アブソルート・EX

新車試乗記 第718回 ホンダ オデッセイ アブソルート・EX Honda Odyssey Absolute EX

(2.4L 直4・CVT・358万5000円)

デビューから20周年!
国内で105万台を販売した
元祖FFミニバンは、
5代目でついに完成した!

2014年02月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

5代目はステップワゴンとプラットフォームを共有


新型ホンダ オデッセイ。10月31日に名古屋で開催された新車発表会にて

2013年10月31日に国内で発表、11月1日に発売された新型オデッセイは、1994年にデビューした初代から数えて5代目。ホンダ初のミニバンとなった初代オデッセイは、アコード用のFFプラットフォームを使うことで、低床フロア、広々した室内、優れた操縦性を実現して大ヒット。2003年に発売された3代目以降は全高を低くし、スポーティな走りやスタイリングをより重視する方向と進化していた。

しかし今回の新型は、これまでとは異なる方向にモデルチェンジ。まずプラットフォームを従来のアコード系からステップワゴンベースに変更。低床化をさらに推し進めながら、全高を一気に150mm高くし、ホイールベースを70mm伸ばしてエリシオンと同じ2900mmとした。

また、オデッセイの特徴でもあったリアのヒンジドアは今回から両側スライドドアに変更。また、7人乗り仕様には、背もたれの中折れ機能やオットマンを備えたセカンドシート「プレミアムクレードルシート」が採用されている。

2.4リッター直4+CVTを搭載。アブソルートでは直噴を採用

エンジンは全車2.4リッター直4の自然吸気だが、アブソルートには新開発の直噴エンジンを採用。変速機は今回から全車CVT(無段変速機)になった(先代も標準車はCVTだったが、4WD車やアブソルートは5ATだった)。ハイブリッドモデルは用意されていないが、目下「検討中」とされている。

生産はこれまで通り埼玉製作所(埼玉県狭山市)で、販売目標は先代と同じ月間4000台。発売後約1ヵ月での累計受注台数は、その3倍の1万2000台超とのこと。広告キャッチコピーは「美×力」。

 

初代オデッセイは当初は北米市場を主眼に開発され、ニューヨーク市ではタクシー(イエローキャブ)としても導入された

■過去のニュース【ホンダ オデッセイ関連】
ホンダ、新型オデッセイを発表 (2013年10月)

■過去の新車試乗記【ホンダ オデッセイ関連】
4代目ホンダ オデッセイ アブソルート (2008年11月)
3代目ホンダ オデッセイ アブソルート (2003年12月)
2代目ホンダ オデッセイ (1999年12月)
初代ホンダ オデッセイ (1994年11月)

 

価格帯&グレード展開

価格は249万~。アブソルートは295万円~

これまで通り、標準の「オデッセイ」と、精悍な内外装、高出力エンジン、専用サスペンションを備えた「オデッセイ アブソルート」を用意。エンジンはいずれも自然吸気の2.4リッター直4だが、前者はポート噴射で175ps、後者は直噴で190ps(4WDは185ps)を発揮する。どちらもレギュラーガソリン仕様。変速機は全車CVTだが、後者には7速マニュアルモードとパドルシフトを標準装備する。

駆動方式はFFのほか、オンディマンド式ながら電子制御化して低μ路での発進性能を向上させた改良型リアルタイム4WDを用意。乗車定員は7人乗り(2-2-3)と8人乗り(2-3-3)がある。

売れ筋はアブソルート


標準車の内装色は全車アイボリーになり、木目調パネルを装備。オプションでレザーも選択できる

グレードは「B」「G」「G・EX」「アブソルート」「アブソルート・EX」の5種類。価格は普通のオデッセイが249万円~、アブソルートが295万円~。

また、標準車にシティブレーキアクティブシステム(低速衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)、LEDヘッドライト、Honda インターナビ、16インチアルミホイール等を追加した上級グレード「G・EX」は336万円~。アブソルートにHonda インターナビ、電動シート(運転席のみ)、17インチアルミホイール等を標準装備した最上級グレード「アブソルート・EX」が358万5000円~。

あくまで初期受注だが、その内訳はアブソルートが87%と圧倒的で、そのうち51%をアブソルート・EXが占める。また、7人乗りは全体の73%を占める。

 

LEDヘッドライト(ロービーム)はアブソルート全車とG・EXに標準装備。

■B(FF/4WD)   249万円(8人乗り)/274万円(8人乗り)
■G(FF/4WD)   269万円(8人乗り)・281万9000円(7人乗り)/294万円(8人乗り)
■G・EX(FF/4WD)  336万円(7人乗り)/350万5000円(8人乗り)

■アブソルート(FF/4WD)    295万円(8人乗り)・315万4000円(7人乗り)/327万5000円(8人乗り)
アブソルート・EX(FF/4WD) 358万5000円(7人乗り)/373万円(8人乗り) ※今回の試乗車

 

パッケージング&スタイル

ついに両側スライドドアを採用


アブソルートには大開口メッキグリル、前後エアロバンパー、ドアロアガーニッシュを採用

新型で目を引くのは、大きなメッキグリルがある押し出し感の強い顔、そして両側スライドドアだろう。従来のヒンジドアは歴代オデッセイの特徴だったが、今やその廃止を惜しむ人はほとんどいないのでは。重量はスライドドアの方が重くなるが、ミニバンとしては進化と言っていいと思う。

「ソリッド ストリームライン(塊感のある流線型)」をテーマにしたスタイリングも、オデッセイらしく流麗にまとまっている。

背は150mmも高くなった


試乗車は18インチホイールを履くアブソルート・EX。タイヤは225/45R18

プラットフォームは現行ステップワゴンがベースだが、燃料タンクは薄型化され、ホンダお得意の「超低床プラットフォーム」をさらに追求。逆に全高は先代より150mm高くなったが、結果として初代(全高1645mm)の高さに戻ったとも言える。

また、ホイールベースも先代から70mm拡大され、新型オデッセイと入れ替わりで販売終了したエリシオンと同じ2900mmになった。今回のオデッセイは、国内ではエリシオンとの統合モデルでもある。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
ホンダ ステップワゴン(2009~) 4690 1695 1815~1830 2855 5.3~5.6
先代(4代目)ホンダ オデッセイ(2008~2013) 4800 1800 1545~1565 2830 5.4
新型ホンダ オデッセイ(2013~) 4830 1800~1820 1685~1715 2900 5.4
トヨタ アルファード/ヴェルファイア(2008~) 4870~4885 1830~1840 1890~1900 2950 5.7~5.9
ホンダ エリシオン プレステージ(2007~2013) 4920 1845 1790~1810 2900 5.7~5.8
 

インテリア&ラゲッジスペース

タッチパネル式ナビを採用。ダッシュ造形はシンプルに


アブソルートの内装は黒木目調パネルをあしらったブラック基調。EXはHonda インターナビを標準装備

インパネデザインはホンダ車では久々にシンプル。工場オプションのインターナビがタッチパネル式になったため(フリックやピンチアウト操作も可能)、ナビ用ディスプレイは手が届きやすいダッシュ前面に配置されている。エアコン操作パネルも流行りのタッチ式になった。操作性はいまいち良くないが、慣れ次第か。

 

先代にも採用されていたオプションの「マルチビューカメラシステム」

歴代オデッセイ同様に、乗り込んでまず思うのはフロントウインドウの傾斜が強く、Aピラーが左右の視界を遮ること。これも慣れである程度カバーできるが、最初は少し戸惑う部分。上級のEXグレードには、日産のアラウンドビューモニターと同様の「マルチビューカメラシステム」をオプション設定。それとセットで、駐車時の運転操作をサポートする「Hondaスマートパーキングアシストシステム」も付いてくる。

 

小物入れに関してはセンターコンソールの「リフトアップトレー」が便利

リフトアップトレーを格納すれば、ウォークスルーがやりやすくなる

ステアリングスイッチでオーディオ、情報表示、クルーズコントロール等を操作可。アブソルートはパドルシフト付
 

プレミアムクレードルシートを採用。サードシートは3人掛けに


2列目のプレミアムクレードルシート。写真の最後端位置では、左右スライド機能でシートを中央に寄せる必要がある。EXグレードにはロールサンシェイドも装備

インテリアで最大の見どころは、7人乗り仕様のセカンドシート。キャプテンシートタイプの「プレミアムクレードルシート」には、前後740mmロングスライド機能、左右スライド機能、背もたれの中折れ機能(上半分を少し起こすことができる)、そしてオットマンも備えている。ただ、レバーが一つの座席に5つも付いているので、覚えるまではどのレバーがどの操作なのか分かりにくい。

サードシートはオデッセイ伝統の床下収納式、従来モデルは2人掛けだったが、新型では現行ステップワゴン譲りの3人掛けを採用。見た目こそ平板だが、座り心地は中央席も含めて良好。

 

3人掛けになった3列目。3分割でのリクライニングも可能で、座り心地は良好。見晴らしもいい

セカンドシートを左右に離せばセンターウォークスルーが可能。室内高は先代より105mm増えて1325mm(FF)。ちなみに現行ステップワゴンの室内高は1395mm

試乗車は運転席パワーシート装着車。セダン的なドラポジが何となくホンダ車らしい
 

サードシート使用時の荷室。全車スペアレスで、パンク修理キットを搭載する

サードシート格納時。バネが入っているので操作に力やコツは不要

セカンドシートを一番前に寄せた状態。7人乗りのセカンドシートはこれ以上畳めない。8人乗りのベンチシートは背もたれを前に倒せる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
Honda Cars 東海・岐阜中央

最近の試乗記