Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル プレオ RS

スバル プレオ RS新車試乗記(第52回)

Subaru Pleo RS

 

1998年12月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

セダンのヴィヴィオの後継となるトールボーイワゴン

従来の軽セダン・ヴィヴィオに代わる、トールボーイワゴン型の軽自動車として登場したのがプレオだ。コンセプトは「軽自動車の概念を超える高品質・高密度コンパクトワゴン」。ライバルの多くがミニバンルックボディを打ち出しているが、プレオは日常でも扱いやすく走りも犠牲にならないコンパクトなワゴンを追求している。とはいえ、一見、他車と同様のミニバンにも見える。このあたりはちょっと微妙なところ。スバルにとって新規格ボディはこのタイプのみであり、開発を1タイプに絞った分、スバルの全勢力が注ぎ込まれた、とも言える。

価格帯&グレード展開

プレオ一本で勝負。バン仕様もあり、価格帯は69.8~136.9万円

プレオ一本で勝負するだけに、あらゆるニーズに応えた幅広いバリエーション展開で、ミニバン系では珍しく商用車までラインナップ。エンジンはNA、SOHCとDOHCの2つのスーパーチャージャーユニット、そして今回新開発されたマイルドチャージユニットの全4タイプ。5MTの他、廉価グレードをのぞいて全てに新開発の「i-CVT」(電子制御CVT)が用意される。グレードはバンも含め11タイプあり、価格はバンが69.8~89.3万円。ワゴンが86.5~136.9万円となる。

パッケージング&スタイル

ミニバンではなく、あくまでワゴンを追求。長いボンネットには訳がある

まず、パッケージングを煮詰め、その上でボディを被せたというプレオの外観は、安全性や走行性能といった機能性を、デザインで表現することをテーマに開発されたという。例えば長いボンネットフードも、ボディ前端が確実に把握できるためのもの。ミニバン系で犠牲になりがちな後方視界にも配慮し、リアウインドウの下端も下げている。

ボディサイズは全高がライバルよりもやや低く(といってもルーフレールのため立体駐車場には入らない)、凹型にプレスされたフードパネル、6ライトのレガシィ風グリーンハウスとで他のミニバン風軽とはひと味違った、独特のムードとなっている。さらに試乗車のRSおよびRMにはエアロパーツを装備。アルミホイールもしっかりと今風にデザインされている。

クオリティが上がったインパネ、細かな配慮に欠ける装備群

インテリアは基本的に、ミニバンの主流となるコラムAT、足踏み式パーキングブレーキ(RSは一般的なレバー式パーキングブレーキ)を採用し、左右ウォークスルーを可能としたものとなる。インパネは運転席、中央、助手席を3分割させたデザインが特徴で、ナビのビルトインを前提にオーディオスペースが最上部に配置される。上下2段に分かれたグローブボックスは、上部のリッドが水平に開き、ランチトレイとしても使える優れモノだ。荷室と後席の間には傘入れスペースも用意されている。

グレードによっては運転席と助手席の間にシート地と同じ素材で覆ったセンターボックスを置いて、ベンチシート風にアレンジしている点も目新しい。後席もパノラマシート(左右独立で4段階後方にスライドしながら最大100mm持ち上がる機構・子供のシートベルト調整対策)と呼ばれる凝った機構を採用する。

こうした数々の装備が与えられながらも、カップホルダーや小物収納スペースが少なめというのが残念。こういった小さな配慮こそ軽ユーザーに喜ばれると思うのだが。また、ハザードスイッチが未だにステアリングコラムの上にあるのもマイナスポイント。さほどコストがかからないと思われるのでマイチェン時には、ぜひとも改善を望みたい。

ヴィヴィオとは比べものにならない広い居住性だが、ライバルと比べると平均レベル

RSのシートは、メッシュタイプの生地を使い、さらっとした肌触りで、色使いも好感の持てるもの。クッションやシートバックに張りがあり、サポート性も上々だ。もう少し座面高が高くなれば、見晴らしや乗降性が良くなると思う。なお、後席と荷室スペースはミニバン系としては平均レベル。

基本性能&ドライブフィール

RSは64psの直4・DOHCスーパーチャージャーを搭載

エンジンラインナップは全4タイプ。全て4気筒で45psのSOHC・NA、58psのSOHC・マイルドチャージ、64psのSOHCスーパーチャージャー、同じく64psのDOHCスーパーチャージャーユニットだ。新設定されたマイルドチャージとは、常時低回転域から軽い過給を行うことで低・中速域のトルクを向上させたもの。NA並みの素直な特性と余裕の走りを備えるという。

今回試乗したのは、最上級グレードとなるRS。4気筒ユニットにスーパーチャージャー、新開発のi-CVT、そして7速マニュアルモードを備える。

リッターカー以上のトルク感と鋭いレスポンス

従来の無段変速機CVTからグレードアップした電子制御のi-CVTは、トルコンが追加されクリープも加わった。これまでの電磁クラッチ式は発進時や停止時のギクシャクした動きが気になったが、この悪癖が見事に改善されているのが特徴だ。

アクセルを踏んだ瞬間から過給が始まり、1リッター、いや1.3リッターぐらいの排気量かと思えるほどトルクに溢れた加速をみせる。レスポンスが非常に鋭く、再びアクセルをグイッと踏んでやれば、たちまち5000回転以上まで吹け上がり、CVTの違和感も無しに、息継ぐことなく法定速度の80km/hに達する。ただパワー的な満足度は高いものの、気になるのはアイドリング時の振動とCVT特有の高周波音。この辺りはもう少しがんばって欲しかったところ。また、ブレーキの効きがいまいちで、強くペダルを踏むことを強いられた。

乗り心地はやや硬めだが、不快なほどではない。操舵感には手応えがあって、安っぽさはまったく感じられない。荒れた路面ではキックバックがステアリングに若干伝わるが、挙動を乱すほどではないから不安感にはつながらない。

市街地でもフルに活躍できる7速マニュアルモード

7速スポーツシフトは、道路状況と乗り手の好みに応じてATモードとMTモードの使い分けが可能で、シフトはステアリングスポークに設けられたスイッチで行う。MTモードで思いっきり引っ張ると7000回転ぐらいで自動的にシフトアップし、停止すると1速に自動的に戻る。シフトチェンジのタイムラグはほとんどなく、ダイレクトで小気味のいいものだ。また、普通車に採用されたマニュアルモードだと、せいぜい2速か3速でしか楽しめないが、プレオは市街地などの一般道でも2~7速までフルに使えるのが嬉しい。これは言ってみればゲーセン感覚に近く、走りを楽しむと言うよりは「面白がる」という印象だ。

気になったのはスイッチの位置。ステアリングを扱いやすい位置で握ると、スイッチが扱いにくい位置に来る。ポルシェのティプトロニックなどでは感じなかったことで、これは要改善だろう。とはいえ、スタイルとは裏腹の軽快なスポーツ走行が楽しめるのは確かだ。

軽の法定最高速度での巡航エンジン回転数は、MTモードで7速にすると2400回転ほどという、軽にあるまじき超低回転となる。CVTの変速比が全面的に見直されたことのメリットだ。100km/h巡航はもちろん朝飯前。最高速は140km/hのメータを振り切りそうになるが、その時点でもエンジンは余裕たっぷり。常に耳障りだった騒音は、思いのほかそれ以上にはうるさくならず、まずまずの快適なクルージングが望める。そのかわり風切り音は大きめだ。

ここがイイ

軽としては完全に一皮むけた。普通車並とはいわないが、軽の極みに上ったと言ってもいい。RSに乗っている限り、軽であることは忘れていられる。動力性能、走る楽しさ、室内の広さ、カーナビの位置など、スバル360発売以来、40年にして、軽自動車の最終的な姿が表れたといえそう。

ここがダメ

スタイルはやっぱりいまいち中途半端な印象。これでMCCスマートみたいなスタイルだったら世界に売れるはず。当然ルーフレールはいらない(RSには元々ない。情報によるとルーフレールレス車が設定される模様)。また技術的に見ればプレオの価格帯は安いのかも知れないが、ライバル車と比較すると絶対的な価格帯の高さは否めない。販売面を考えたとき、この先、スタイルと価格で苦戦を強いられなければいいのだが。

総合評価

COTYでは特別賞を獲得したホンダZは、試乗した印象では小型車に近かったが、プレオは感覚的には軽の上級車という感じ。Zは上級車種しかない専用設計だからいくらでも新しいクルマにできたが、商用車まであるプレオは、ベーシックなところから造り込まなくてはならず、その意味ではこの完成度なら立派なもの。ただ、RSに乗っていると、「軽って何だろう」と思えてしまう。維持費が安い上、高速道路もかなり割り引かれる軽だが、乗っている限りもう小型車と何も変わらない。カタログを見ても環境面への主張があまりにも少なく、RSにいたっては使用ガソリンにハイオクを指定している。燃費は16.6km/Lなので、経済性を全く無視しているわけではないが。

つまり、そろそろ軽ではなく、真のシティコミューターの出現が期待される。MCCスマートのような未来型ルックスで、プレオの性能があったら、これは迷わず「買い」でしょう。そこで提案。ボディはダイハツミゼットのバンの方をワイドバージョン化したイメージ、シートはフロント1座、リア2座の3シーターで、Aクラスのようにシートが取り外し可能、エンジン・ミッションなどのハード面はプレオRSそのもの、価格は120万円前後。こんなクルマが登場したら、来年のイヤーカーになるのでは。

  ●車両協力:名古屋スバル自動車株式会社

公式サイトhttp://www.subaru.co.jp/pleo/

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
 

最近の試乗記一覧