Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > 日産 プレサージュ ハイウエイスター G パッケージ

日産 プレサージュ ハイウエイスター G パッケージ新車試乗記(第280回)

Nissan Presage Highway Star G Package

(2.5リッター・2WD・282万円)

 

2003年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

FFの大型ミニバン。特徴は「簡単、らくらくシートアレンジ」

2003年7月24日に発売された2代目プレサージュは、ティアナに使われる「FF-Lプラットフォーム」を採用したミニバン。クラスとしてはエルグランドより下、セレナやリバティより上というあたりになる。主力エンジンはプリメーラやセレナと同じ2.5リッター直列4気筒「QR25DE」の発展版だが、3.5リッターV6「VQ35DE」搭載モデルもあり、こちらは言わば「FF版エルグランド」だ。

新型の特徴は各種シートアレンジ操作がワンタッチ化されたこと。3列目への乗降時に2列目の背もたれを倒す面倒な操作は、運転席からスイッチ一発(全車標準)で可能。また2列目のキャプテンシートはマツダのMPVのように横スライドでベンチシートに変身する。プレサージュでは3人掛けが可能だ。サードシートの床下収納も、巧みなスプリング仕掛けにより荷室側のリングを引くだけで可能だ。

なお、1998年に発売された初代プレサージュは「ルネッサ」ベースで、リアドアはヒンジ式だったが、今回の2代目はスライドドアとなっている。

サイドブラインドモニターやカーテンエアバッグを採用

装備としては左ドアミラーに仕込まれた「サイドブラインドモニター」が面白い。左前方の死角をカバーするもので、今までなかったのが不思議なものだ。また、SUVには多いが、ミニバンでは珍しいガラスハッチ式のリアゲートも採用されている。安全面では3列目までカバーするカーテンエアバッグが日本車初だ。

販売目標は月間5000台。モデル末期の先代は、この1/10に満たない状態だっただけに、新型に対する日産の期待がうかがえる。ライバルはトヨタ・エスティマ、新型デビューが近いホンダ・オデッセイ、三菱・グランディス、そしてマツダ・MPV。生産は日産・九州工場で行われる。

価格帯&グレード展開

直4モデルが213万円~、V6が272万円~

主力エンジンは2.5リッター直4(4AT)で、グレードは下から標準の「V」(213万円)、上級の「X」(234万円)、スポーティ仕様の「ハイウェイスター」(237万円)。最上級の「X」(272万円)には、3.5リッター&CVTが搭載される。4WDはそれぞれ28万円高。キャプテンにもベンチにも出来る2列目シートの採用で、全車8人乗り(2-3-3人)となる。

各種セットオプションがあり、特に、DVDナビ、サイドブラインドモニター&バックビューモニター、電動スライドドア、インテリジェントキーをセットにした「Gパッケージ」(45万円)は予算に余裕があればぜひ選びたいところだ。

パッケージング&スタイル

ティアナのミニバン

全長4870mm×全幅1825mmというボディサイズは、エスティマとほぼ同じだが、全高(1685mm)はそれより85mmも低い。ホイールベースは2900mmとまったく同じだ。

デザイン的にはまさに「ティアナのミニバン」。また、米国で販売されるFF-Lプラットフォームを使ったミニバン「クエスト」に、全体のイメージもパッケージングも近い(クエストはアメリカ向けらしくかなりアグレッシブな外観だが)。

斬新だが、操作性は?

室内デザインは今どきの日産らしく斬新だ。見どころは木の幹を切ったようなセンターコンソールに、7インチ液晶モニターや操作スイッチ、シフトレバーを並べたところ。デザインは面白いが、シフトレバーやスイッチ(特にオーディオのボリュームコントローラー)が遠いのが気になる。セットオプション(30~45万円)に含まれるステアリングスイッチが欲しいところ。

サイドブラインドモニターは便利!

セットオプション「Gパッケージ」で一番嬉しいのは、左サイドミラーにカメラを内蔵した「サイドブラインドモニター」が装備されること。カメラが映し出すのは、狭い道で最も心配な左前方の死角。同種のものは、トヨタの現行ハリアーにも設定があるが、いずれにしてもたいへん便利だ。赤外線LED付きで夜間も明るく見える。ただしプレサージュの場合、DVDナビ等とのセットオプション(30~45万円)でしか選べないのが難点。

大人6人が寛げる

全高は低いが、床も低いので、室内高もまずまず余裕がある。大人8人はちょっと無理があるが、6人(2+2+2)ならゆったり座れる広さだ。

横スライド機構でキャプテンシートにもベンチシートにも出来る2列目は、マツダのMPV(1999年発売)が採用して好評なもの。2列目の居住性を考えればキャプテンシートの方が断然良いが、それでは8人乗りには出来ない。またキャプテンシートだと5人目が3列目に座ることになる。このあたりのジレンマを解決するのには、なかなか良い方法だ。

ただし2列目の3人掛けは「ちょっとそこまで」レベル。中央は子供でも苦しいし、そもそもそんな小さな子供にはチャイルドシートが必要だ。

運転席側の電動スライドは見送られた

残念だったのは、運転席側のスライドドアが電動化されなかったこと。先週のエスティマ(2003年8月2日の試乗記)の時も触れたように、ドライバーがよく使う右側が電動で開くメリットは大きい。とはいえエスティマでも12万円のオプションであり、それだけの価値があるかどうかは悩むところだが。日産の開発スタッフに聞いたところ、モーター等のスペースを新しく確保する必要があり、これから右側電動スライドドアを追加するのは簡単ではないという。

リモコンウォークインは本当に便利か?

ドライバーが運転席のスイッチ一つでセカンドシート左側を倒せる「リモコンウォークイン」は、サードシートへの乗り降りをサポートするもの。想定シーンは運転席に父親、助手席に母親、2列目に祖父母、3列目に子供というあたりか。これなら子供を降ろす時、外に出た祖父母の手をわずらわせる必要がないわけだ。

ただ、いったんこうやって2列目を動かしてしまうと、元に戻すのは誰かが手動でやらなければいけない。また一人で乗っていて倒したら、ロックが掛かっていないので、加速/ブレーキのたびにシートが前後に動いてしまい大変だった。できれば戻すのも電動化して欲しいところだ。

なおセカンドシートを横に離しておけば、センターウォークスルーも楽に出来る。またサードシートの座り心地も良く、空間もまずまずで、意外に寛げる。

サードシートはワンタッチで床下格納

荷室の使い勝手もよく考えられている。荷室にあるリングを引くだけで、サードシートを床下に一発で格納できる「サードシートワンタッチ床下格納」は、間違いなく便利だ。スプリング仕掛けでまず座面が跳ね上がり、その後に背もたれがパタンと前方に倒れる。ただ、これもいずれは電動化して欲しいところだ。戻すときは手動になる。

リアゲートには、ミニバンには珍しいガラスハッチ機構が付いた。大型のミニバンはバックで壁ギリギリまでつけることが多いので、開閉にスペースを取らないガラスハッチは便利だろう。

基本性能&ドライブフィール

ちょっとだけスポーティな味付け

試乗したのは2.5リッターエンジンを積んだハイウェイスター(2WD)、セットオプション「Gパッケージ」付き(282万円)だ。

ハイウェイスターは前後左右エアロパーツ、黒基調の内装、そして215/60R17タイヤ&アルミホイールを装備したスポーティ仕様。と言っても、足は固くなく、ローダウンもされない。プレサージュは全車にフロントサスペンションには路面からの微振動を抑制するという「リップルコントロールショックアブソーバー」を採用しており、そのせいか乗り心地はまずまず。17インチの60タイヤのせいか、エスティマの標準仕様よりは少し固めだ。

走りもミニバンとしてはちょっとスポーティな味付けで、一人で乗っていても退屈しない。やはりタイヤのせいか、荒れた路面でフルパワーをかけるとキックバックらしきものがわずかに出るが、それも味付けの範囲内と言えるレベル。ティアナには2.5リッターを含めて全車にVDC(ヴィークルダイナミクスコントロール)やTRC(トラクションコントロール)が設定されるが、なぜかプレサージュに設定されないのは残念だ。

最小回転半径は5.7メートルだが、サイドブラインドモニターの効果もあって、狭いところの取り回しは悪くない。前方視界がよくて大柄な感じをあまり受けないので、モニターが無くても困ることはないだろう。

2.5リッターでも十分な加速

エンジンは日産らしくトルキー。回転を上げてパワーを稼ぐタイプではなく、アクセルを踏み込むとすぐにグォーと加速してくれる。試乗車は1720kgだったが、163psでもパワー不足は感じない。加速時のエンジン音はそれなりに大きい。

100km/h巡航は約2200回転ほど。エンジン音は少し気になるが、ロードノイズや風切り音とのバランスも取れていて、巡航時は特に目立たない。低めの重心やワイドトレッドのせいか安定感があり、150km/h巡航も楽々だ。ただ、風切り音は速度が高まるにつれて、かなり気になり始める。

ここがイイ

サイドブラインドモニターは便利。狭い道のすれ違いでもめいっぱい左に寄れるので、車幅感覚のないドライバーはぜひ装備してもらいたい。

キーボード感覚のDVDナビまわりデザイン。さすが日産。ステアリング前のボックスにカーウィングス対応携帯を入れられることや電源が取れるのもGOOD。ETCも入れられる。

どこに座っても広い室内(ただし6人まで)。天井にある丸いエアコン吹き出し口から、乗員一人一人個別に風を送れ、飛行機の座席みたい。シートアレンジも現行ミニバンで最良の類だ。結果、荷室の使い勝手もクラスベスト。

オデッセイほど走り方向でなく、といってラグジュアリーすぎないシャキッとしたハンドリングと走行安定感は素晴らしい。

ドアグリップのボタンを押すだけで施錠解錠できるインテリジェントキーも便利だ。

ここがダメ

出来ればサイドブラインドモニターだけオプションで選びたいと思うこと。こういった死角を補助するモニターは、今後ミニバンには必需品になるだろう。

DVDナビまわりはカッコいいが、ボタン類の使い勝手は慣れを要する。慣れればわかりやすいが、さらに煮詰めて欲しいところだ。

両側とも電動スライドにして欲しいし、4気筒エンジンの音はもう少し抑えたい。

総合評価

プレサージュはミニバンのセダン

ティアナベースのプレサージュには、ティアナと同じ印象を受けた。つまり、内容の良さが形に表れていないということだ。

床が低くて室内高を稼げたため、スライドドアミニバンとしては背を低くできたにもかかわらず、エクステリアデザインはかなり中庸なもの。試乗したハイウェイスターですらが、いわゆるカッコ良さからは遠く感じてしまう。先週の試乗記で「エスティマの販売が好調な要因はカッコ良さにある」としたモーターデイズとしては、プレサージュのおとなしさはちょっと残念なところだ。

しかし、内容的にはエスティマに劣るようなことはない。いや3年新しいだけあって、多くの部分で、ライバル車を凌駕している。エスティマに比べると、リアガラスハッチ、ワンタッチ収納3列目シート、横スライド2列目シート(リモコンウォークイン付)、全開すると10センチほど残るだけのスライドドアの窓ガラス、そして乗り降りしやすい低い床。走りも一昔前のスポーティセダン並みだ。

つまり、内容を冷静に分析するとプレサージュの方がライバルより上(価格も安いからコストパフォーマンス面でも)。10年近くエスティマ・エミーナに乗ったモーターデイズから見れば、その機能性においては夢のクルマだ。質実剛健なミニバンが欲しいなら、迷わずおすすめしたい。

先週、エスティマはミニバンのハードトップと書いたが、となるとプレサージュはミニバンのセダンか?(まもなく出るオデッセイはミニバンのスポーツカー!?)。かようにミニバンも様々なタイプから選べる時代になってきたわけだが、ミニバン本来の意味からすれば、プレサージュはその王道をいくクルマといえるだろう。

試乗車スペック
日産 プレサージュ ハイウエイスター G パッケージ
(2.5リッター・2WD・282万円)

●形式:UA-TU31●全長4870mm×全幅1825mm×全高1685mm●ホイールベース:2900mm●車重(車検証記載値):1720kg(F:960+R:760)●エンジン型式:QR25DE●2488cc・DOHC・4バルブ・直列4気筒・横置●163ps(120kW)/5200rpm、25.0kgm (245Nm)/3600rpm●使用燃料:レギュラーガソリン●10・15モード燃費:11.0km/L●駆動方式:前輪駆動●タイヤ:215/60R17(Toyo Tranpath J48)●価格:282万円(試乗車:同じ)

公式サイトhttp://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/top.html

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
 

最近の試乗記一覧