Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > モデリスタ ランクル ネオクラシックPX10

モデリスタ ランクル ネオクラシックPX10新車試乗記(第1回)

Modellista Land Cruiser Neo Classic PX10

 

1997年11月28日

 
 
 

カーデータ

●カテゴリー:クロカン四駆
●クラス(排気量):1ナンバー大型(4.2リットルディーゼル)
●キャラクター:現行ランクル70をベースに古き良き40を復刻。ネオクラシック モデルの新しいバージョン。
●コンセプト:ランクルやセルシオのシートなどを作るトヨタの関連メーカー(株)アラコが創業50周年記念として企画。シャシーが使えるクロカンのメリットを生かして、クラシカルなレプリカ制作を企画。ボディ金型だけで3億円もかけたが、ネオクラシックブームに乗ってファッション感覚でも買われることがあるのはうれしい誤算。
●注目度:わかる人が見れば注目されるが、下手すると払い下げ消防車と思われる!?
●特筆装備:特にないが、このクルマ自体が特筆装備みたいなものだ
●燃費:不明
●価格・販売:335万7000円~370万3000円
全国のトヨタ店とモデリスタ。

スタイル

1960年登場、84年生産終了の名車40を見事に再現。ドアとバックド ア以外は新たに制作。当時はFRPだった屋根、ボルト止めだった後部サイドパネルはさすがに鉄板で一体モノとした。フェンダー上のミラーやウインカーの他、小さいながら三角窓もつけた凝りよう。

パッケージング

室内は十分広い。ただし、リアシートはあくまでエマージェ ンシーと割り切ること。観音開きリアドアは使いやすいことを再発見

内装(質感)

photo_3.jpg

さすがに鉄板むき出しとはいかず、旧プラドのインパネを使っ て現代風にまとめてある。ただしボディ同色の鉄板風パネルをオプションで用意して、雰囲気を出そうと努力している。試乗車には通常のアイボリーファブリックのシートに変わって、シートメーカーアラコ自慢の合皮AARシート(レカロ風のフルバケット)が装備され、乗り心地も悪くなかった。しかしこのシート、オプション価格が異様に高い(ドアトリムなどとあわせて52万5000円)。内装全体は商用車然としており、価格から考えるとちょっとつらいかも。いっそ、ビニール張りとして、よりレトロにしてもこのクルマのキャラクターにはあったのかもしれない。

シート・ステアリング・シフト感触

前述のようにシートはかなりいい。ただ しステアリングは安っぽいし、シフトレバーも同様。まぁ、エアバッグはついてないから交換してしまえばいいが。

動力性能(加速・高速巡航)

市街地走行しかしていないが、加速感は軽自動 車より少しましな程度。ゼロヨン19秒というところか。ただ、別にこれくらいで動力は十分。トルクは当然あるから乗りやすいことは確か。

ハンドリング・フットワーク

オフロードは走っていないし、オンロードも攻めていない。したがってノーコメント。シャシーは70だし、前後板バネのサスから推測すると、オフロード性能はかなりのものだろう。

乗り心地

フロントシートでは意外なほどよい。市街地走行で十分快適。ただしリアは突き上げがきつく長時間は乗っていられない。

騒音

意外なほど静か。騒音対策は気を使ってある。アイドリングでガラガラいうのはディーゼルの宿命。

安全性

それなりにセダンより丈夫なはず。70に準ずる。

環境対策

4.2リットルディーゼルエンジンは都市部のNOx総量規制をクリア。ただし大排気量ディーゼルであるからして当然ながら根本的にはダメ。ただ、こうしたファンカーを排ガス規制で閉め出すより、大型ダンプを取り締まるべき。

ここがイイ

ネオクラシックな形をレプリカしたことは称賛に値する。スパシオの関東自動車工業、ラウムのセントラル自動車、そしてこのアラコとトヨタ関連メーカーの系列から少し外れた動きはけっこうおもしろい。

ここがダメ

インテリアでは市販ということでどうしても現代的な快適さを捨てきれず、といって、最新のSUVよりはトラック的という中途半端な完成度となったこと。マニアが望むように、鉄板むき出し内装、ビニールシートといったチープな方がかえってウケたはず。

総合評価

photo_2.jpg

乗用車としてはすでに評価する意味がない。クロカン四駆、しかもネオクラシックタイプという別の乗り物として考えると、なかなか楽しいし、趣味のクルマという意味では悪くない。こういうクルマはどんどん増えるべき。

お勧め度(バリューフォーマネー)

370万3000円(4AT・リアオーバーフェンダー、パワーウインドウなど装備)はノーマル70の80万円アップ。かなり高いが800台限定ならまぁこんなものか。とはいえ、気軽に買える価格ではないし、将来的にも値が出るとは思えないのでので、好きな人には価値がある、ということにつきる。

 

 

 
 
 
 
 

トヨタ 最新の試乗記10件

最近の試乗記一覧