Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ジープ レネゲード

新車試乗記 第772回 ジープ レネゲード Jeep Renegade

(1.4L 直4ターボ・6速DCT・297万円~)

フィアットとクライスラーがコラボ。
Made in Italyの
最小ジープに試乗!

2015年10月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

ジープブランドの最小モデル


ジープ レネゲード
(photo:FCA)

ジープ レネゲードは、フィアットとクライスラーが2014年に合併してできた新会社FCAが「ジープ」ブランドで発売したコンパクトSUV。2014年3月のジュネーブモーターショーでデビューし、海外では同年に販売をスタート。日本では2015年9月に発売された。

現在ジープのラインナップは、グランドチェロキー、チェロキー、ヘビーデューティなラングラー、クロスオーバーのコンパスと全てSUVだが、新型レネゲードはその中で最小のモデル。開発テーマは「アーバンサイズ。アドベンチャークラス」。

フィアットと共同開発


フィアット 500X
(photo:FCA)

レネゲードは、フィアットとクライスラーが初めて本格的に共同開発したモデル。フィアットからはほぼ同時に兄弟車の「フィアット 500X」が発売されている(欧州では2014年10月に、日本では2015年10月に発売)。レネゲードと500Xは、いずれもエンジン横置きのFF(前輪駆動)ベースだが、4WDモデルも用意されている。

日本向けはイタリア製


ジープ レネゲード
(photo:FCA)

生産は500Xと共にブラジルなど世界各地で行われるが、日本向けはイタリア南部のメルフィ工場で500Xと共に生産される。

車名Renegadeは「裏切り者」「反逆者」といった意味だが、ジープにとっては1970年~80年代のCJ-7やラングラーのグレード名としてお馴染みのもの。2008年には同名のコンセプトモデル(2人乗りオープンモデルのハイブリッド車)がモーターショーで発表されているが、今回のモデルとは無関係である。

 

価格帯&グレード展開

1.4ターボ・6速DCT・FF車は297万円から


レネゲード オープニング・エディション
(photo:FCA)

今回、日本に導入されたのは「オープニング・エディション」、「リミテッド」、「トレイルホーク」の3グレード。

初期導入車のオープニング・エディションと上級グレードのリミテッドは、フィアット製の1.4L 直4ターボエンジン「マルチエア」(140ps、230Nm)と6速DCTを搭載したモデルで、FF車のみ。リミテッドでは安全・快適装備が充実し、電動レザーシートやクロームパーツなども備わる。

2.4L・9AT・4WD車は340万2000円


レネゲード リミテッド。充実した安全・快適装備を持つ
(photo:FCA)

トレイルホークは高い悪路走破性を示す「トレイル レイテッド」バッジをレネゲードで唯一備えたモデル。エンジンはクライスラー製2.4L 直4「タイガーシャーク」(175ps、230Nm)、トランスミッションは悪路走破用のスーパーローを持つZF製9速ステップAT、駆動方式は電子制御4WDになり、最低地上高はFF車より30mm高い200mmになる。

■オープニング・エディション 297万円 ※今回の試乗車
■リミテッド   313万2000円
■トレイルホーク   340万2000円

 

レネゲード トレイルホーク。パワートレインはチェロキー譲りで、最低地上高は200mmを確保
(photo:FCA)

音と表示で後方の障害物を知らせる「Park Sense リアパークアシスト」は全車標準。リミテッドにはさらに赤外線レーザーによって低速域で自動ブレーキを作動させる「前面衝突警報 (クラッシュミティゲーション付)」が備わるほか、リミテッドとトレイルホークにはステアリング振動で車線逸脱を警告する「Lane Sense 車線逸脱警報プラス」、後方を監視する「ブラインドスポットモニター」、「リアクロスパスディテクション」、そして「Parkview リアバックアップカメラ」が標準装備される。

ちなみにフィアット 500Xも3グレード、2パワートレイン構成で、価格はレネゲードより少し安い286万2000円~334万8000円。

 

パッケージング&スタイル

デザインモチーフは元祖ジープ


伝統の丸目ヘッドライト、そしてセブンスロットグリル(実は穴は開いておらずダミー)を採用

外観デザインは、第二次世界大戦の真っ只中、1941年に登場した元祖ジープ(ウィリスMB)をモチーフにしたもの。例の7本スロットグリルや丸目ヘッドライト、角ばったボディ、角形のホイールアーチなどが、言われてみれば確かにオリジナルジープ風。

極めつけはリアコンビライトなど各部に施された「X」型の意匠。これは当時から米軍が採用している20L燃料携行缶、通称「ジェリカン」の側面にある凹みをモチーフにしたもの。ちなみに自衛隊も同タイプの携行缶を採用している。

このクラスでは群を抜いて背が高い


ウィリス MB
(photo:FCA)

ボディサイズは全長4255mm(トレイルホークは4260mm)×全幅1805mm×全高1695mm(同1725mm)、ホイールベース2570mm。全長と全幅はライバル車と同等だが、背は群を抜いて高く、一般的なタワーパーキングは無理っぽい。写真で見るより大きく感じられるのは、主に全高のせいだろう。

ボディカラーは全7色で、コロラドレッド、オマハオレンジ(オープニング・エディションのみ)、ソーラーイエロー(トレイルホークのみ)といったポップな色がよく似合っている。

 

リアコンビランプの「X」デザインは、ジェリカンがモチーフ

オーバーハングが短く(特にリア)、悪路走破性に貢献
 

「X」の中を目を凝らして見ると、セブンスロットグリルが見える

最低地上高はFF車でも170mmあり、クルマ止めや歩道との段差でアゴを打つ心配はほとんどない
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
MINI クロスオーバー(2011~) 4105~4145 1790 1550 2595 5.8
日産 ジューク(2010~) 4135 1765 1565 2530 5.3
フィアット 500X(2015~) 4250~4270 1795 1610~1625 2570 5.5
ジープ レネゲード(2015~) 4255~4260 1805 1695~1725 2570 5.5
マツダ CX-3 XD(2014~) 4275 1765 1550 2570 5.3
ホンダ ヴェゼル(2013~) 4295 1770 1605 2610 5.3
アルファロメオ ジュリエッタ(2012~) 4350 1800 1460 2635 5.5
ジープ パトリオット(2007~2013) 4420 1810 1665 2635 5.4
ジープ コンパス(2012~) 4475 1810 1665 2635 5.6
 

インテリア&ラゲッジスペース

アウトドアなモチーフを散りばめる


試乗車はディーラーオプションでPNDを装着したもの

Jeepの世界観、快適性、機能性を融合した主張されるインテリア。空気を読まずに言えば、質感は何となくフィアット車っぽいが、そうは言わせまいとジープ独自のディテールを盛り込んでいる。例えばエアコン吹出口やドリンクホルダーの形状はスキーゴーグルやカラビナがモチーフだし、センターコンソールの小物入れにはセブンスロットグリルがあしらわれている。

 

チルト&テレスコピック、シートリフターを装備。ジープと言えど、もはやドラポジは普通にとれる

このクラスでも、電動パーキングブレーキはもはや世界標準。エアバッグは計7個で、2014年の「Euro NCAP」で最高評価の5つ星を得るなど、衝突安全テストでもぬかりはない。

 

5インチタッチパネルモニターを備えた「Uconnect Radio 5.0」は全車標準。オーディオやハンズフリー機能を備える。その下には「SINCE 1941」の文字

フロントウインドウの運転席側をよく見ると、ジープ ウィリスのシルエット
 

キーレス Enter'N Go(いわゆるスマートキー)も当たり前のように全車標準

トレイルホークにはオプションで前側が電動開閉&脱着式、後ろ側が脱着式のサンルーフ「My Sky(マイスカイ)」を用意
(photo:FCA)
 

後席の背もたれは6:4分割(写真)もしくは4:2:4分割(トレイルホーク)で畳めるが、やや斜めになる

後席の広さは十分だが、座面が低めで(背もたれをなるべく水平に倒すためだろう)、太もものホールド感が物足りない
 

荷室にはLEDフラッシュライトとシガーソケットを装備

荷室下にはパンク修理キットを搭載(トレイルホークはフルサイズスペア)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記