Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > 三菱 RVR G

三菱 RVR G新車試乗記(第590回)

Mitsubishi RVR G

(1.8リッター直4・CVT・2WD・218万7150円)

懐かしの車名が
新型コンパクトSUVとして復活!

2010年03月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

新型コンパクトSUVとして「RVR」が復活


試乗したのは最上級グレードの「G」
車両協力:中部三菱自動車販売株式会社

2010年2月17日に発売された新型「RVR」は、三菱の新型“コンパクトSUV”。RVRと言えば、1991年にデビューした初代を思い出す人が多いはず。7人乗り小型ミニバンの2代目シャリオをベースに、ショートボディの4/5人乗りとした異色RVだったが、当時の大RVブームにのって人気車に。1997年に2代目となったが、2002年に販売終了していた。

車名に関しては8年ぶりの復活となった新型だが、旧RVRとはコンセプトもメカ的な成り立ちも大きく異なる。初代と2代目はミニバンベースの提案型RVだったが、新型は中型SUVのアウトランダーがベースの小型SUV。ライバル車は日産デュアリス、ホンダ・クロスロードあたりだ。

新型RVRで売りとなるのが、その燃費性能。10・15モード燃費はFFで15.2km/L、4WDでも15.0km/Lとし、全車50%エコカー減税対象車としている。燃費対策としては、全車に1.8リッター直4エンジンと6速スポーツモード付CVTを搭載したほか、減速時のエネルギー回生でバッテリーに充電し、発電機の負担を減らして燃料消費を抑える「減速エネルギー回生システム(高効率発電制御)」を採用している。

国内での目標販売台数は月間1500台(発売後1年間)だ。

欧州では「ASX」。1.8直噴ディーゼルターボ+6MT+アイドルストップ付を用意

国内専用だった旧RVRに対して、新型は海外でも販売される。2010年3月のジュネーブショーでは、RVRの欧州仕様車「ASX」を発表。1.6リッターガソリン・5MT車もあるが、目玉は三菱“重工業”と共同開発したというアイドルストップ機能付き1.8リッター直噴DOHCディーゼルターボ「DiD MIVEC」(150ps、30.6kgm)+6MT仕様だ。

価格帯&グレード展開

178万5000円からスタート。主力グレードは200万円前後


フロントフェンダーは他の三菱車や提携するPSA(プジョー・シトロエン)で多用される樹脂製で、軽量かつ衝撃に強い

3グレード構成で、廉価グレードの「E」、中間グレードでオプション設定の範囲が広い「M」、最上級グレードで「スーパーワイドHIDヘッドライト」、「キーレスオペレーションシステム」(いわゆるスマートキー)などを備えた「G」(今回の試乗車)となる。

また2WDに加えて、電子制御多板クラッチ式の4WDも、「E」では21万円高、「M」と「G」では26万2500円高で設定。排気量が2リッターとなる日産デュアリスに比べて、価格は30万円ほど安めだ。

ナビやオーディオは全車オプション。他にメーカーオプションは、「パノラマガラスルーフ(LEDイルミネーション付)+ルーフレール」(10万5000円)、横滑り防止装置のASC(FF車に8万4000円、4WD車は標準装備)などがある。

【三菱 RVR】 1.8リッター直4(139ps、17.5kgm)・CVT

・「E」   2WD:178万5000円/4WD:199万5000円
・「M」   2WD:192万1500円/4WD:218万4000円
・「G」   2WD:218万7150円/4WD:244万9650円 ★今週の試乗車

パッケージング&スタイル

アウトランダーをベースに、オーバーハングをカット


Cd値は短い全長やボディ形状からすると優秀な0.33

プラットフォームは一回り大きいアウトランダー(全長4640mm)がベース。何と2670mmのホイールベースには手を付けず、前後オーバーハング(特にリア)だけをカットして、全長を345mmも短縮。結果、ボディサイズは全長4295mm×全幅1770mm×全高1615mmと、日産デュアリス(全長4315×全幅1780×全高1615mm、WB:2630mm)に極めて近くなった。室内側の事情で言えば、アウトランダーにあるサードシートがない分、短くなった感じだ。

 

ボディカラーには写真の「カワセミブルーメタリック」など計8色を用意

そのデザインは、ギャランフォルティスやアウトランダーの新グレード「ローデスト」と同じジェットファイターグリルを採用したもの。ボディサイドには何となくメルセデス・ベンツBクラス風のキャラクターラインを刻む。三菱らしい「ガンダム」感はあるが、初代や2代目のイメージを引きずる世代としては、「RVR」という車名にうまくリンクしない感じはある。

インテリア&ラゲッジスペース

「G」なら上級モデルに遜色ない質感と装備


試乗車はパドルシフト等を標準装備する「G」

インテリアは手堅くブラック基調で、ソフトパッドを多用するなど、質感はまずまず。試乗した最上級グレードの「G」なら、レザーステアリング、オートエアコン、クルーズコントロール、そして意外にも三菱では初というエンジン始動ボタン(ステアリングの左側にあり、少々操作しにくい)も標準装備になる。

 

またステアリングコラム固定型の、つまりステアリングと一緒に回らないパドルシフトも、「G」に標準装備、「M」でオプション設定される。アウトランダーなど上級モデルと同じマグネシウム合金製のようで、冷んやりした触感や快い剛性感がある。パドルシフトにも各社いろいろあるが、最も使いやすい形状・操作ロジックを持つタイプの一つだ。

 

全グレード共通のシートは一見地味だが、座り心地は良好。運転席の座面高はラチェット式レバーで調整可能なので、チルト&テレスコ(いずれの調整幅も40mm)が可能なステアリングと合わせて、ドライビングポジションも自由に選べる。またエアバッグは運転席と助手席の正面に加えて、運転席にはドライバーの下肢を保護するニーエアバッグも標準装備する。サイド&カーテンは8万4000円のオプション。

見やすい燃費情報。純正HDDナビ付なら「ETACS」も操作可

速度計と回転計の間にある液晶パネルには、各種情報のほか、平均燃費を大きめの数字でデジタルで表示する。面白いのは、その下に瞬間燃費を示すデジタル式のバーグラフがあり、瞬間燃費が平均燃費を上回ると、その部分のバーだけグリーンになること。こういう工夫があると、普段はあまり意味が感じられない瞬間燃費計も生きてくるというものだ。

 

また、メーカーオプションのHDDナビ「MMCS」装着車では、車両情報画面に過去3時間にわたる平均燃費と平均車速のグラフを表示できる。走行状況と燃費の関係が一目で分かる優れたグラフィックだが、HDDナビの価格が33万6000円~(グレードやBluetooth機能の追加等で異なる)と高いのが残念。もう少し安価だといいのだが。

なお、RVRは車両の電装システムをカスタマイズできる電装系制御システム「ETACS(Electronic Time and Alarm Control System)」を全車に標準装備するが、通常は販売店で端末につないで設定する必要がある。しかしこのMMCS装着車なら、ユーザー自身が自由に設定可能だ。ETACSの機能は主に、 ヘッドライト消灯機能やACC電源オートカット機能のカスタマイズ、電子制御ウインカーの3回点滅機能のオン/オフ、イモビライザーやセキュリティアラームの設定など。

Cセグ並みに広く、居心地のいい後席

乗降時にドア開口部の狭さ(特に足もと)、サイドシルの高さが少し気になる後席。座るとフロアトンネルに少し出っ張りがあるし、何となく前席やリアウインドウが近い感じもあるが、空間自体はアウトランダーベースだけに十分に広く、シートクッションも厚みがあって座り心地がいい。少なくともCセグメントカー(VWゴルフクラス)並みの居住性はある。これくらいの広さの方が前後で会話もしやすいので、4人家族のファミリカーにはちょうどいいかも。サイドウインドウは一番下まで下がる。

地味ながら面白い工夫は、リアシート背もたれのロック機構。背もたれの角度は、やや立った状態と、リラックスして座れる少し寝た角度の2段階から選べるが、素速く起こした時は少し寝た角度まで倒れる仕組みになっている。ロック時の音がガチャンと大きいのに最初はびっくりするが、仕組みを知れば納得できる。

スペアタイヤレス+床下収納ボックスが標準仕様

通常時のトランク容量は419リッター。SUVにしては小さめだが、Cセグメントのハッチバックよりは大きいから十分だろう。ちなみに7人乗り仕様があるアウトランダーの場合、5名乗車時の荷室容量は774リッターもある。

さらにアームレスト部のトランクスルーに加えて、前述の通り背もたれをシングルアクションで倒し、荷室を簡単に拡大出来る。この場合の奥行きは、カタログ値によると1510mmだ。

 

床下は標準仕様ではパンク修理キット+カーゴフロアボックス(床下収納)となるが、試乗車はオプションのスペアタイヤ装着仕様だった(1万500円高)。

基本性能&ドライブフィール

CVTはかなり低回転指向

試乗したのは最上級グレード「G」の2WD。全車共通の1.8リッター直4「4B10型」(139ps、17.5kgm)は、2リッターの「4B11型」や2.4リッター「4B12型」を小排気量化したもの。端的に言えば、パワーは排気量なりだが、燃費はその分いいというエンジンだ。

とはいえ、車重はこのFFの場合1360kg、4WDでも70kg増しと軽いから、かったるさはない。元気よく加速する時こそエンジン回転を2000回転以上に押し上げるが、常用するのは1200~2000回転。特に40~60km/h程度の巡航では、エンジン的に限界と思われる低さの1200回転を維持する。そのせいか、2000回転以下での加速時にガサついたエンジンノイズが出るのは惜しいが(気にならない時もある)、エンジンが完全に暖まる頃には出なくなる。100km/h巡航はCVTらしく約1800回転と低い。

 

それ以外は特に気になることもなく、軽快に、そつなく走る。三菱では初採用というコラムアシスト式電動パワステの操舵感もよく、最小回転半径は5.3メートルで小回りも効くし、乗り心地も悪くない。逆に言えば、低回転指向のエンジン以外、これといって特徴がないとも言える。

ワインディングでは、アウトランダーより腰高感があって特にスポーティではないが、8割くらいまでのペースなら問題なし。FF車の場合、ASC(=ESP)はオプションだが、現実にお世話になることはまずない。リアサスはアウトランダー譲りのマルチリンクで、タイヤも普通のサマー(試乗車はヨコハマ・アスペクの215/60R17)だから、かなり余力がある。

新採用「スーパーワイドHIDヘッドライト」はめっぽう明るい

夜間、山道を走ると実感できるのが、上級グレードに用意された「スーパーワイドHIDヘッドライト」がめっぽう明るいこと。プロジェクター式HIDヘッドランプから下方向に出る光を、リフレクターで反射させて、斜め左右を照らすものだが、その照射範囲はまさに「スーパーワイド」。斜め横のガードレールをはっきり照らし出すほどで、こんなに横方向が明るいヘッドライトは初めて。フォグランプの比ではない。また非照射範囲もはっきりしているので、対向車や先行車はまぶしくないはずだ。フォルティスやランエボ等に採用された固定式AFSも、車速や操舵などに応じて左右の補助灯が点いたり消えたりして面白いが、これも確かに悪くない。メーカーによると光量は通常のHIDに比べて約1.4倍だという。できれば全車標準が望ましかった。

10・15モード燃費は15.2km/L。試乗燃費は8.5km/L

10・15モード燃費は、試乗したFF車で15.2km/L、4WD車で15.0km/L。日本車では珍しい減速エネルギー回生システム(高効率発電制御)こそ採用するものの、7速DCTみたいな飛び道具がない割には、頑張った数字と思われる。JC08モード燃費は13.8km/Lだ。

参考までに、トータルで約250km走った今回の試乗燃費は、一般道・高速道路の混じったいつもの試乗区間(約90km)で8.5km/L。名古屋近郊の一般道をエコランした区間(約60km)では11.5km/Lだった。街乗りでは9km/L前後で推移しやすく、10km/L台に乗せるのは難しい。

ここがイイ

上級グレードなら装備もいい

完成度の高さは、さすがに昨今のクルマ。大きな不満はないから、たぶん誰が買っても満足度は高いはず。「SUV」の形をしたクルマとしては、まずまずの燃費だし、スタイリングも大きな特徴こそないが、綺麗にまとまっている。「ジェットファイターグリル」も、国産メーカーの中では今、最もわかりやすくブランドとしてのアイデンティティが表現できている部分。もちろん好みは別れると思うが。

試乗車の場合は、特に装備が充実していた。スーパーワイドHIDヘッドライト、ボタンスターター、パドルシフト、ETACSの操作もできる地デジ付HDDナビなど。メーカーオプションのナビはUSBがつながったし、停止すれば最近の三菱車同様、自動でテレビが表示される(ただしNAVI画面の場合はやはり無理)。パドルが使いやすいこと(疑似6速モードのシフトチェンジも素速い)や、「スーパーワイドHIDヘッドライトがあればAFSはいらないんじゃないか」と思わせるあたりも気に入った。

ここがダメ

これぞといった特徴がない

時にがさつさを感じてしまうエンジン音。風切り音も120km/hあたりから気になった。また全体にバランスよく出来ていて、装備もよく考えられているが、強烈な特徴が表に出てこないのは残念。なにかひとつ、ここは絶対にすごい、というポイントを意図的に作って欲しかった。

また、フェンダー上にある例のミラーは、特にサイドブラインドモニター等の対策はないようなので、レス仕様とするのは事実上不可能。デュアリスなどは小さめに作られているが、これは視認性を重視してか、かなり出っ張っている(実際見やすい)。気にしない人には全く気にならないのだろうけれど、気にする人には大きなマイナス要因となるのではないか。何か工夫が欲しかった。

総合評価

SUVこそ「新しいタイプ」のクルマ

このところ、急激にクルマが変わってきている。このところといっても、ここ15年くらいの長期スパンの話だが、それでもここ15年で「新しいタイプ」のクルマが次々に生まれているのは、その前の時代との大きな違いだ。

新しいといえば、EVがそうだが、例えばハイブリッド車のように日本ではヒットしすぎて、その新しさが意識されにくいものもある。先日、メルセデスのクリーンディーゼル車「E350 ブルーテック」に乗ったが、これも次世代自動車、新しい乗り物と定義付けられている。

パワーユニットは電気、ハイブリッド、クリーンディーゼルというあたりが新しいものだが、コンセプトとしてはSUVこそが新しいタイプのクルマだと思う。いつも書いている通り、オンからオフまでどこでも走れ、かつ4輪を制御しやすい4輪駆動車は、乗り物としては理想の姿。それにセダンの快適性やスポーツカー並みの操安性が加わった今どきのSUVは、クルマが本来あるべき姿といってもいい。

逆に、今ヒットしているCR-Zはパワートレインこそ新しいが、事実上2人しか乗れず、オフロードも走れない、用途の限られる乗り物に過ぎない。ホンダでいえば、かつてのHR-Vこそ新しい乗り物であり、HR-Vのハイブリッド(HR-Z?)が出たら、それこそが21世紀らしい新しい乗り物ではないか。

 

ただ、CR-Zが意外にヒットしているように、クルマ好きはある意味、保守的だ。昔からの乗り物(スポーツカー)に、新しいパワートレインが載ったことには喝采はするが、SUVを好むというクルマ好きは少ない。現状のSUVはクルマ好きではない人たちに支えられている思える。あるクルマ好きではない友人は、ジムニー、HR-V、デュアリスと乗り継いでいるか、彼などその典型だ。見てくれのいい生活の道具として、遊びの足として、コンパクトSUVは彼にとって理想のクルマという。さらにクルマオタクに見えないこともメリット、だそう。たぶんコンパクトSUVでパワートレインが次世代になったら、彼は迷わず買い換えるだろう。モーターデイズもSUVを高く評価してきているが、反面、一台も買ったことはない。これは我々が古いクルマ好きであることを立証しているのかもしれない……。

次世代パワートレインに期待

欧州でもコンパクトなSUVは人気があるようだが、エンジンはディーゼルが主流。RVRにも欧州ではアイドルストップ機能付き1.8リッター直噴DOHCディーゼルターボが載るようだ。これぞ、新しい乗り物という感じなのだが、日本ではそうはいかない。今でもSUVは強そうな大型のものが好まれ、ディーゼルエンジンは見向きもされない。大きくて環境に比較的優しくないSUVが、実際にもイメージの点でもマジョリティだ。そしてそういった大型SUVで過去に一世を風靡した三菱が、今の時代に向けて精魂込めて開発したのがRVRなのだろう。エンジンこそ日本ではガソリンだが、それでもここまでやれるというほど、燃費も走りも向上している。

「新しいクルマ」の一台として、RVRは本当によく出来ている。全く不満なく、燃費もいいが、やはりガソリン車。となると欧州のディーゼル車をなんとか日本で売り出すとかいった、何かパフォーマンスが欲しいところ。別の次世代パワートレインが載ったなら、21世紀の乗り物として素晴らしいものになるだろう。プジョー・シトロエングループとの資本提携話は破談になってしまったようだが、三菱にはぜひがんばってもらいたいもの。一足飛びにEVの時代が来るのはまだ難しい以上、かつてディーゼル車で一世を風靡した三菱にこそ、クリーンなディーゼルを発売してもらいたいと思う。


試乗車スペック
三菱 RVR G
(1.8リッター直4・CVT・2WD・218万7150円)

●初年度登録:2010年2月●形式:DBA-GA3W ●全長4295mm×全幅1770mm×全高1615mm ●ホイールベース:2670mm ●最小回転半径:5.3m ●車重(車検証記載値):1360kg( 830+530 ) ●乗車定員:5名

●エンジン型式:4B10 ● 1798cc・直列4気筒DOHC・4バルブ・横置 ●ボア×ストローク:86.0×77.4mm ●圧縮比:10.5 ● 139ps(102kW)/6000rpm、17.5kgm (172Nm)/4200rpm ●カム駆動:タイミングチェーン ●使用燃料/容量:レギュラーガソリン/63L

●10・15モード燃費:15.2km/L ●JC08モード燃費:13.8km/L

●駆動方式:前輪駆動(FF) ●サスペンション形式:前 マクファーソンストラット/後 マルチリンク ●タイヤ:215/60R17( Yokohama Aspec )

●試乗車価格:255万4650円 ( 含むオプション:HDDナビゲーションシステム+6スピーカー<地デジ、DVDプレーヤー、リアビューカメラ等含む> 33万6000円、スペアタイヤ 1万500円、ETC 2万1000円 )●試乗距離:250km ●試乗日:2010年3月 ●車両協力:中部三菱自動車販売株式会社

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
 

最近の試乗記一覧