Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > メルセデス・ベンツ S300h

新車試乗記 第775回 メルセデス・ベンツ S300h Mercedes-Benz S300h

(2.2L 直4ターボディーゼル+モーター・7速AT・998万円~)

1000万円で買える最良の選択?
メルセデスの旗艦が
ディーゼルハイブリッドで登場!

2015年12月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

国内初のディーゼルハイブリッド車


メルセデス・ベンツ S300h

メルセデス・ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」。その現行モデルである6代目「W222型」は2013年から発売されているが、今回試乗したのは2015年8月27日に日本で発売された「S300h」。2.2L直4ディーゼルターボエンジン(最高出力204ps、最大トルク500Nm)に、電気モーター(27ps、250Nm)を組み合わせた、クリーンディーゼルのハイブリッド車だ。乗用車としては国内初のディーゼルハイブリッド車になる。

 

発進は主にモーターで行い、通常はディーゼルエンジンで走ることで、高い静粛性、パワー、燃費性能を両立した、というのがS300hの売り。JC08モード燃費は19.5~20.7km/Lで、このクラスのセダンとしては群を抜く数値を実現している。もちろん、エコカー減税の100%免税対象。

「ハイブリッド」から「h」へ


2.2L 直4 BlueTEC ディーゼルターボエンジン

なお、Sクラスには、3.5L V6ガソリンエンジンのハイブリッド車「Sハイブリッド(欧州名S400ハイブリッド)もあったが、S300hの投入に伴い、そちらの日本名も、末尾に「h」が付く「S400h」に改称された。

また、3.0L V6ツインターボエンジンのプラグインハイブリッド車(PHEV)である「S550プラグインハイブリッド」(2014年11月発売)の方は、車名末尾に「e」が付く「S550e」に改称されている。つまりハイブリッド車なら「h」、PHEVなら「e」、純ディーゼルエンジン車なら「d」という、シンプルなルールになった。

・外部リンク
メルセデス・ベンツ日本>ニュースリリース>「S 300 h」を追加(2015年8月27日、PDFファイル)

 

価格帯&グレード展開

Sクラスのエントリーモデル


メルセデス・ベンツ S300h エクスクルーシブ

S300hの998万円から、AMGの3000万円台まで、ラインナップが超幅広いSクラスにあって、S300hはエントリーモデルという立ち位置。ただし標準車だけでなく、快適装備を豊富に備えた「S300h エクスクルーシブ」やロングホイールベース版の「S300h long」も含めて考えると、ガソリンハイブリッドのS400hとの価格差はそれほど大きくない。慣れ親しんだガソリンを取るか、トルクフルで経済的なディーゼルを取るか、お好みでどうぞ、という設定。

 

メルセデス・ベンツ S300h long

なお、S550eは前述の通り、3.0L V6ガソリンツインターボのPHEVだが、そこから上は全て純エンジン車で、S550は4.7LのV8ツインターボ、S63は5.5LのV8ツインターボ、S600やS65は6.0L V12ツインターボになる。

2015年11月現在、Sクラス(セダン)のラインナップは以下の通り。

・S300h / 同 Exclusive / 同 long
 998万円 / 1270万円 / 1340万円
・S400h / 同 Exclusive
 1112万円 / 1330万円
・S550e long 1622万円
・S550 long  1622万円
・S600 long  2295万円
・Mercedes-AMG S63 long 2458万円
・Mercedes-AMG S63 4MATIC long 2458万円
・Mercedes-AMG S65 long 3264万円
・Mercedes-Maybach S550 2200万円
・Mercedes-Maybach S550 4MATIC 2200万円
・Mercedes-Maybach S600 2600万円

 

パッケージング&スタイル

大きいけれど、スマートに見える


写真(試乗車)はAMGライン装着車。AMGスタイリングパッケージや19インチホイールを装備する

その堂々たるサイズは、まさにSクラスならでは。試乗車は標準ホイールベース車だが、全長は5mを優に超え、全幅は1.9m、ホイールベースは3mを越える。さらに「long」ともなると、ホイールベースは130mm伸びて3165mmになる。

しかし実車を前にすると、いい意味でそれほど大きく見えない、というのが現行Sクラスのいいところ。どことなくスポーティで、控えめな印象すら受ける。スリーポインテッドスターが中央にドンと配置されるグリルではなく、昔ながらの格子グリルが上品で、いい感じ。また、最小回転半径は標準車で5.5m、longでも5.7mしかないのが、さすがメルセデス。小回りは本当に得意だ。

 

なお、約500個に及ぶという内外装のライト(外装に最大186個、内装に約300個)は、すべてLED化され、いわゆるフルLEDになった。しかも無駄な消費電力を抑えるため、状況によって光量を低減する機能も付いているという。高級車でも、いや高級車だからこそ、電気の無駄遣いはクールじゃない、ということか。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
メルセデス・ベンツ Cクラス(2014~) 4690~4715 1810 1435 2840 5.1
トヨタ クラウン (2012~) 4895 1800 1450~1460 2850 5.2
レクサス LS600h/600hL (2007~) 5090~5210 1875 1465~1475 2970~3090 5.7~5.9
BMW 7シリーズ (2015~) 5110~5250 1900 1480~1485 3070~3210 5.8~6.0
ジャガー XJ(2010~) 5135~5260 1900 1455 3030~3155 5.8~6.0
メルセデス・ベンツ S 300h/300h long (2015~) 5120~5280 1900~1915 1495 3035~3165 5.5~5.7
メルセデス・マイバッハ Sクラス(2015~) 5460 1900 1495 3365 6.0~6.1
 

インテリア&ラゲッジスペース

豪華で緻密、装備も満載


メーターとダッシュに12.3インチ大型TFTカラーインストゥルメントパネルをダブルで採用。

ある意味、エクステリアより迫力を感じてしまうのがインパネ。運転席正面とダッシュセンターに、堂々と配置された2つの巨大な液晶ディスプレイ、そこかしこに張り巡らされたウッドパネルなどに圧倒される。二昔ほど前のSクラスには、内装にやや大ざっぱな印象があったが、現行モデルの作りは緻密かつ機能的で、ハイテク・豪華装備も満載。試乗車の価格は約1150万円だが、もっと高そうに見える。

なお、内装のLEDによる間接照明「アンビエントライト」は、赤、青、紫など、7色から選ぶことができる。

 

おなじみの電子制御式シフト「ダイレクトセレクト」。慣れてしまえば安全で便利

COMANDコントローラーも熟成されてきた。上面にはタッチパッドも備える(使う必要はほとんどないが)
 

S300hの後席は3人掛け。longならより豪華な「ショーファーパッケージ」(こちらも3人掛け)も選択可

フル電動シートは調整範囲、ホールド性など申し分なし
 

荷室容量は490L(Longは510L)。荷室奥にはリチウムイオン電池が搭載されている(はず)

SクラスはMercedes-AMG S63とS65を除き、全車ランフラットタイヤ(MOExtendes)が標準。ゆえにスペアタイヤやパンク修理キットはない
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
メルセデス・ベンツ 名古屋南・名古屋北

最近の試乗記