Published by DAYS since 1997 from Nagoya, Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > 日産 セレナ J

日産 セレナ J新車試乗記(第82回)

Nissan Serena J

(2リッター直4・CVT・189万5000円)



1999年07月09日

 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

日産セレナはエルグランド、ラルゴの下に位置する5ナンバーミニバンだ(今回ラルゴは消滅したが)。1991年に登場した先代はキャブオーバータイプの後輪駆動で、衝突安全性を確保すべく短いノーズを持ったモデルだったが、さすがに8年を経て商品力は大きく低下していた。

今回の新型は、FF(前輪駆動)ベース、つまりホンダのステップワゴンと同じレイアウトを採用。これによって、低床&フラットフロア化を進め、居住性や使い勝手を向上させていのが特徴だ。

開発コンセプトは「しっかり・快適1BOX」とし、今までの1BOXとは一線を画する、高いボディ剛性と走行性能、快適性を目指している。ベースは現行サニーで話題となった「新世代M&Sクラスプラットフォーム」を1BOX専用に改良したもの。ボディ前半以外はオールニューとのことだ。

また、ボディ剛性を高めながら、両側スライドドアを採用したことも見所のひとつ。両側スライドドアの“全車標準装備”は、軽自動車を除く1BOXタイプミニバンでは、日本初とのこと。なお、先代に設定されていたバン(商用車)はこれを期に消滅し、商用部門はマツダの新型ボンゴのOEM供給となっている。

価格帯&グレード展開

200万円前後で展開し、ライバルと勝負

ガソリン車は「B」の174万9000円から、「ハイウェイスター Gパック」の249万9000円、ディーゼル車は「J」の216万5000円から、「ハイウェイスター Gパック」の276万9000円。4WDは25万円高(Bには設定なし)。

日産の計算では前モデルに比較して7万円程度の値下げになっているという。実際のところ試乗した「J」(189万5000円)にオーディオはないが、カーショップでつければ安いものだし、カーナビも好みでつければいいと思えば、特に不満はない。

ただJ-V パック」にはキーレスエントリー、スライドドアパワーウインドウ、ステレオがつくので、売れ筋はこちらだろう(204万9000円)。CVTなどの装備を考えると、ステップワゴンにも十分対抗しうる価格だ。なお、カタログには価格が明記されている。記憶が正しければ、日産車では初めてのケースのはずだ。

パッケージング&スタイル

ボクシーなスタイルで個性を出そうとするも、かっこよさとは無縁

ボディサイズは全長4520mm×全幅1695mm×全高1825mm。全長はノアとステップワゴンの中間の数値だ。ホイールベースは2695mmで、先代よりも40mmマイナスとなっているが、キャブオーバー(床下搭載の縦置きエンジン)からFF(最前部に横置き)となったのだから、ホイールベースが短くなるのは当然で、むしろ室内空間は段違いに広くなっている。

デザインはギョロリとした大きなヘッドランプが特徴だ。ウインドウグラフィックスがリアにかけて狭くなっているので、斜め前方から眺めると異様なほど顔がでかく見える。2頭身のようで、これはこれでかなりユーモラス。

総じてステップワゴンもノアもそうだが、効率のいいパッケージをとればかっこよさと無縁になるのは残念なところ。メルセデスのVクラスのようなカッコよさを期待していたのだが。先代で人気のあった「ハイウエイスター」は、今回ちょっとハズした感じ。はじめからもう少し派手なエアロをつけないと、往年の人気は獲得できないだろう。このあたりはサードパーティのエアロメーカーに余地を残したというところか。

室内は広い。文句なく広い。隅々まで角張らせて広げた印象だ

全幅に変更はない。にもかかわらず広くなったように思えるのは、95mmもアップして1300mmとなった室内高のおかげだ。そのカラクリはもちろんFFベースの新プラットフォームの採用にあり、しかも後方にやや傾斜したフラットな床面となっている。

ウォークスルーは2列目シートのアレンジ次第で、3列目シートまで可能だ。これに配慮してコラムシフトとなっているが、パーキングブレーキは足踏み式ではなく、運転席左側のフロア式を採用している。プラットフォームの関係だろうが、ここは残念なところ。

傾斜の強いAピラーに合わせて奥行きの増したインパネは、センターにモニタースペースを設けてある。乗用車的に洗練されたデザインで、圧迫感もなく、好印象。両側スライドドアの窓は、「J」では手動式ながらも開閉可能で、斜め前方の視界が効く三角窓の採用も嬉しいところ。このあたりの使い勝手はノア、ステップワゴンよりも確実に勝っている。

ドライビングポジションはノア、ステップワゴンより低いが、やはり1BOX感覚。ペダルも上から踏み下ろす印象となり、足に力が入りやすいからか、無意識にペダルを奥まで踏み込んでしまう。高速巡航を考えれば、ペダルはもう少し重くしたほうがいいだろう。

フロアも高いため、この手のクルマの必須であるステップが設けられている。170cmぐらいの人ならとりあえず、それを利用しないで乗り込める高さだ。

シートアレンジは162パターン

新型セレナは全車2-3-3の8人乗り。実のところ、2列目シートは、中央部が大きく張り出し、左右席の座り心地を重視したものとなっているので、実際には2人しかまともに座れないのだが。

この2列目シートは独立して800mm以上ものロングスライドが可能で、脱着も出来るのが特徴だ。シートは1脚23kgで、脱着作業自体は簡単確実だが、出し入れがさすがにちょいとしんどい。

3列目シートも、2列目シートと同じレール上をスライドする。それなら掛け心地の良い2列目シートを外すより、3列目シートの方を脱着式としてもよかったはず。恐らく3列目シート(ベンチタイプの一体式)は重いから、そうしなかったのだろう。

とにかくシートアレンジの多彩さは群を抜いており、162パターンもあるらしい。要は3列目のチップアップにある。座面を上に跳ね上げることで薄くなるので、これを前方に寄せればラゲッジが大きくなり、後方に寄せれば2列目がいっぱいに下げられる。

ただ、2/3列目シートの回転対座は、2列目シートを一旦外して付け替えなくてはならないのが、つらいところ。できれは1列目シートの回転機構が欲しかった。せっかく2列目の背面にテーブルがあるのだから。フルフラットもあまり平らではない。寝るなら2列目を外してマットを敷き、床で寝た方が快適だろう。

最も使い勝手がいいのは2列目を一つ、常時外しておくこと。これで5人までが快適に座れ、室内はグッと広く感じられる上、ウォークスルーも快適だ。

基本性能&ドライブフィール

走りは軽快。CVTがクルマの性格にぴたりと合っている

エンジン&ギアボックスは、2リッター直4ガソリン(最高出力145ps/6000rpm、最大トルク19.0kgm/4800rpm)がハイパーCVTを搭載し、2WDはLEV仕様となっている。また2.5リッター直噴ターボディーゼル(150ps/4000rpm、28.5kgm/1800rpm)もあり、こちらは4ATと組み合わせられる。

特筆すべきは2リッタークラスの4WD車にもCVTを採用した点で、これは世界初とのことだ。新開発「オートコントロール4WD」は、滑った分だけ後輪に駆動力を伝えるタイプで、従来のビスカス式よりも重量が半分に抑えられている。

試乗したのは2リッターガソリン・FFの「J」。ノアが130ps、ステップワゴンがマイチェンで135psになったのに対し、新型セレナはクラストップの145psだが、この中で車重が一番重いのがセレナだ。

クリープ用にトルコンを備えたCVTにぎごちなさはなく、エンジンの吹け上がりはとても軽快。アクセルが軽く、気を抜くとたちまち4000回転を超えるほどで、乗用車とさほど変わらない加速力を披露する。往々にしてCVTには、アクセルを踏むと先にエンジン回転だけが上昇し、その後スピードが追いついてゆく感覚があるが、新型セレナのCVTには急加速時以外にそれがなく、しかも静か。実によくできている。

足回りはもちろん4輪独立で、前がマクファーソンストラット、後がトレーリングアーム式マルチリンク。コーナリングではロールが大きく、接地感も不足ぎみだが、FFらしく安定感はあり、乗用車ライクな走りができる。ファミリードライブではこれで十分だ。乗り心地は硬くなく、かといってふわふわもせずと、大きな不満はないが、上質とはいえない。あくまでワンボックスワゴンとしては不満なしというところ。

高速も静かで150km/h巡航ですら楽々。直進性もいいが、ちょっと横風には弱い。全体的にタイヤの接地感が乏しい感じで。もう少しどっしりして欲しいところ。

ここがイイ

やはり左右のスライドドアが便利。これは特に運転者にとって便利な装備だ。車外に出てから後部の荷物を下ろしたいことは多いが、ボディを一周しなくてもよくなった。

またスライドドアの窓がほぼ全開するのはうれしいところ。窓を開けて爽快なアウトドアドライブが楽しめるし、停車してからも車内のちょっとした物のやりとりができる。このあたりは乗用車とすれば至極当然の装備がやっと付いたという感じだ。

ここがダメ

アイドリングでちょっと振動が気になった。個体差であればいいが。また乗り心地は運転席ではなかなかいいが、リアシートではかなり落ちる。CVTにはスポーツモードとLモードがあるが、その間にもう一つギア(というかプログラム)が欲しいところ。Lモードはエンブレが強すぎて使いにくい感じがした。

総合評価

ボディの重さを感じさせない元気な走り、ショックのないCVT、シートアレンジの多彩さ、充実した装備、そして手頃な大きさ、価格の安さ。これらを備えたセレナは、ほぼ完璧なファミリーミニバンといえる。子供が中学生くらいまでなら、このクルマが一台あることで、そのファミリーの生活は大きく変わるだろう。「クルマってこんなに便利で楽しいんだ」と必ず子供の記憶に残るはずだ。とにかくファミリーならセダンを売り払って、一刻も早くこのクルマに替えることをおすすめしたい。ぼやぼやしていると子供はどんどん大きくなってしまうのだ。

ただ、子供がスポーツカーなどの狭いクルマに全く興味をなくす弊害があることも覚えておきたいところ。この先、「エンスー」はもう育たないかもしれない。

公式サイトhttp://www.nissan.co.jp/SERENA/

 
 
 
 
 

最近の試乗記一覧