Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > トヨタ シエンタ ハイブリッド G

新車試乗記 第767回 トヨタ シエンタ ハイブリッド G Toyota Sienta Hybrid G

(1.5L 直4+モーター・232万9855円~)

12年ぶりにFMCした
トヨタ最小3列ミニバンは
チャレンジする“トヨタ”だった!

2015年08月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

トヨタ最小の3列シートミニバン


新型シエンタ
(photo:Toyota)

2015年7月9日に発売された2代目シエンタは、現行トヨタ車で最小の3列シートミニバン。新型は純ガソリン車に加えて、アクア譲りのパワートレインを持つハイブリッド車の新設定や、異彩を放つ個性的なデザインが特徴になっている。プラットフォームは前半がアクア(ヴィッツ系)ベースで、センターから後ろは新設計。開発コンセプトは「ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン」だ。

 

ハイブリッド車では駆動用のニッケル水素電池を、2列目の足元フロア下に搭載している(photo:Toyota)

広告キャッチコピーは「How do you use, Today? ~今日をどう使う?~」、「すべてをスポーツに」など。広告キャラクターにはコロンビア代表サッカー選手のハメス・ロドリゲス、そしてオリンピック招致活動で印象的だった滝川クリステルを起用し、ミニバンにも関わらず「スポーツ」なイメージを訴求している。

トヨタ全チャンネルで販売。月販目標は7000台


名古屋での発表会が行われた中部経済産業局(中区三の丸)の様子

生産はトヨタ自動車東日本(株)の宮城大衡工場。現行カローラと同じラインで生産されるという。

販売チャンネルは、初代はカローラ店とネッツ店だったが(途中からはカローラ店のみ)、新型はトヨタ店、トヨペット店を含む全4チャンネルになった。販売目標は12年前の初代登場時と同じ月間7000台。

なお、基本的には国内向けだが、日本仕様と同じ右ハンドル車が香港に少量輸出される。

【外部リンク】

初代シエンタについて

2003年にデビューした初代シエンタは、ホンダ モビリオ、日産 キューブキュービックに対抗して登場。車名の由来はスペイン語の「7」(sieste)と英語の「楽しませる」(entertain)で、コンパクトながら7人乗れることをアピール。プラットフォームは前半がラウム(ヴィッツ系)、リアサスがスパシオ(カローラ系)、フロアはほぼ新設計と、当時から凝ったものだった。

2010年には同じ7人乗り(ただしリアドアはヒンジ式)のパッソセッテ(2008年発売、2012年販売終了)に役割を譲る形で生産・販売をいったん終了したが、2011年にはマイナーチェンジと共に異例の復活を遂げ、結果的に12年間フルモデルチェンジなしで販売された長寿モデルになった。

 
【過去の新車試乗記】
 

価格帯&グレード展開

ガソリン車は168万9709円~。ハイブリッド車は222万6763円~


「フレックストーン」と呼ばれるカラースキームの一例。グリーンマイカメタリックとブラウンパールの組み合わせ
(photo:Toyota)

パワートレインは1.5Lの純ガソリン車と1.5Lのハイブリッド車の2種類。

純ガソリンのFF車は、新世代1.5Lエンジン「2NR-FKE」(109ps、136Nm)とCVT(無段変速機)の組み合わせ。4WD車は従来型1.5Lの1NZ-FEを継続する。ガソリン車(FF)のJC08モード燃費は20.2~20.6km/L。価格は168万9709円~で、上級グレードの「G」が198万0327円~。

ハイブリッド車は、アクア譲りの1.5Lハイブリッド(システム出力100ps)を搭載。JC08モード燃費は27.2km/L。価格は222万6763円~、上級グレードの「G」が232万9855円。

6人乗りと7人乗りを用意


「ウェルキャブ」も充実。車いす仕様車はガソリン車がベースで、最大3名+車いす1名仕様や5人乗り仕様などがある
(photo:Toyota)

乗車定員は、従来の7人乗りに加えて、6人乗りが新設定された。ハイブリッド車を含むFF車は6人か7人かを選択可能で、4WD車はすべて6人乗りになる。6人乗りのセカンドシートは中央にアームレストとドリンクホルダーが備わるもので、7人乗りのセカンドシートは中央席ヘッドレスト付のベンチタイプになる。乗車定員による価格差はない。

TSSCは全車オプション


内装(トリム)色はフロマージュ(写真)とブラックの2種類
(photo:Toyota)

先進安全装備については、現行カローラ、オーリス、ヴィッツに続き、Toyota Safety Sense C(TSSC)を全車にオプション設定。レーザーレーダーと単眼カメラにより、約10~80km/hの速度域で作動する自動ブレーキ、車線逸脱時に警告を行うレーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)、先行車発進告知機能を備える。オプション価格はガソリン車のGやハイブリッド車なら5万4000円、それ以外は9万1800円。

 

パッケージング&スタイル

キーワードは“アクティブ&ファン”


新規開発色のエアーイエローがテーマカラー

新型シエンタで衝撃的なのが外観デザイン。“アクティブ & ファン”をキーワードに、トレッキングシューズをイメージしてデザインしたというエクステリアは、コンサバだった初代シエンタとは正反対。また、巨大なメッキグリルが定番の国内向けトヨタ製ミニバンとも真逆の、欧州車風になっている。はっきり言えばシトロエンのバッジがついていてもおかしくない。実車を前にすると造形に破綻がなく、質感も高いことが分かる。

特に試乗車のボディカラーは、テーマカラーでもある青みがかかった「エアーイエロー」で、街中では目立ちまくり。コンパクトミニバンでこんなにジロジロ見られるのも珍しい。

ボディサイズ(先代比)は、全長4235mm(+115)×全幅1695mm(同)×全高1675mm(+5)、ホイールベース2750mm(+50)。全長とホイールベースは、現行フリードより少し大きくなった。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
初代トヨタ シエンタ (2003~2015) 4100~4120 1695 1670~1680 2700 5.2~5.5
ホンダ フリード (2008~) 4215 1695 1715~1745 2740 5.2
2代目トヨタ シエンタ (2015~) 4235 1695 1675 2750 5.2~5.8
2代目トヨタ ウイッシュ (2009~) 4590~4600 1695~1745 1590~1600 2750 5.2~5.5
トヨタ アイシス (2004~) 4635~4640 1695~1710 1640~1670 2785 5.4~5.5
トヨタ プリウス α (2011~) 4615~4645 1775 1575~1600 2780 5.5~5.8
 

インテリア&ラゲッジスペース

内装デザインも見ごたえあり


試乗車はブラック内装。オレンジのアクセントが効いている

インパネの造形、色使いの面白さ、質感の高さなど、内装も見どころ満載。どことなくフランス車(ルノー?)を思わせるエモーショナルな造形が面白く、ダッシュボードも硬質樹脂でありながら、独特のシボや表面処理でスラッシュ成形っぽく見える。ドアトリムには、ちょっと化繊っぽいが、サラサラした手触りのファブリックを貼る。上級グレード「G」に装備されるオートエアコン操作ダイアルの質感も妙に高い。

また、初代シエンタはトヨタが当時好んで使ったセンターメーターだったが、新型はメーター位置こそドライバー正面に移しながら、ステアリングの上から見る方法を採用している。これが意外に視認性がよく、デザイン的にもまとまっている。外観デザインがいいクルマは、内装デザインもいいという好例。

 

グラブボックス内は某メーカーのカバン風にオレンジ。中が見やすい。

ドリンクホルダーの質感も高い(エアコンの冷風が当たらないのは残念だが)。スタートスイッチがちょっと遠い
 

6~7人乗車が無理なく可能


最近のトヨタ車はシートがいい。左足フットルームはやや狭め

試乗車はハイブリッドの7人乗りで、セカンドシートは一般的な3人掛けのベンチシートになる。中央席用ヘッドレストがあるが、ルームミラーの視界を遮るので、普段は取り外しておくのがいい。

セカンドシートの足もとフロアは、その下にバッテリーがあるとは思えないほど低く、出っ張りもない。スライドドア部の乗り込み高さは先代より55mm低く(FF車で330mm)、スライドドアの開口幅は50mm拡大されたという。とても乗り降りしやすい。

初代から劇的に進化したのがサードシート。初代はエマージェンシー的なものだったが、新型は大人でも快適に過ごせるものになった。不満と言えば、セカンドーシートの背もたれが眼前に立ちはだかることくらいか。フリードの6人乗り(キャプテンシート)だと真ん中が空いていて、視界の点では優れる。

 

サードシートは足もとスペースもあり、意外に快適。サイドの小窓もいい感じ

試乗車は7人乗り仕様。セカンドシートは前後スライド、リクライニング、タンブル格納が可能
 

荷室もいろいろアレンジできちゃう


サードシート使用時の荷室は最小限。フロアの上にある袋は三角表示板

サードシート使用時の荷室スペースはミニマムだが、そのサードシートはセカンドシートの座面下にすっぽり格納できる。これが新型シエンタの見せどころで、知らない人が格納時だけ見たら、5人乗りだと勘違いしそう。ちなみにフリードのサードシートは、現行ステップワゴンのような床下収納ではなく、サイド跳ね上げ式になる。

また、シエンタのセカンドシートは背もたれを水平に畳めるほか、座面ごと前に跳ね上げるタンブル格納も出来る(これは下にサードシートを格納するためでもある)。フリードはセンタータンクレイアウトのおかげでパッケージングの点では有利な立場にあったが、今回はトヨタが一気に巻き返してきた、という感じ。

 

サードシートを格納した状態で、セカンドシートをタンブルしたところ

同じくサードシートを格納した状態で、セカンドシートの背もたれを倒したところ
 

荷室のフロアボードを外したところには、パンク修理キットを搭載する

ハイブリッド車では、エンジンルームから追い出された鉛バッテリーが荷室床下に配置される
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記