Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル フォレスター 2.0XT アイサイト

新車試乗記 第685回 スバル フォレスター 2.0XT アイサイト Subaru Forester 2.0XT EyeSight

(2.0L 水平対向4気筒ターボ・CVT・293万6850円)

4代目フォレスター、
そのトップグレードは
トップ・オブ・SUVだった!?

2013年02月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

4代目はさらにSUVらしさを追求


歴代フォレスター。初代(左端)から今回の4代目まで

フォレスターは、インプレッサベースのSUV。初代は1997年に登場し、今やスバルにとってレガシィとインプレッサに並ぶ3本柱の一つとなっている。

2012年11月13日に発売された4代目も、プラットフォームは現行インプレッサがベース。スタイリング面ではよりSUVらしさを追求し、悪路走破性についてはエンジン、トランスミッション、VDC等を統合制御する新制御システム「X-MODE」の採用で強化。さらに運転支援システム「アイサイト」も採用し、安全性能を高めている。

直噴ターボエンジン「DIT」や、悪路走破用に「X-MODE」を採用


新型スバル フォレスター

伝統の水平対向4気筒エンジンは、先代フォレスターの後期型(2010年~)を皮切りに、現行レガシィや現行インプレッサにも採用された新世代のFB20型(自然吸気)を引き続き搭載。

上級グレードの「2.0XT」には、従来のEJ20型ターボに代えて、新世代の直噴ターボエンジン「DIT」(FA20型)を搭載。最高出力280ps、最大トルク35.7kgmを達成している。

販売目標は月間2000台で、発表から約1ヵ月後までの受注台数は、その約4倍の8149台。販売実績は11月が3113台(登録車ランキングで15位)、12月が3109台(11位)、1月が3012台(15位)と目標の1.5倍ペースで推移中。

 

写真は自然吸気の2.0i-L EyeSight。ボディカラーは全8色で、写真はヴェネチアン・レッドパール
(photo:富士重工業)

■過去の新車試乗記 【スバル フォレスター関連】
3代目スバル フォレスター 2.0XS (2008年1月更新)
2代目(後期型)スバル フォレスター 2.0XS (2005年5月更新)
2代目スバル フォレスター STi バージョン(2004年3月更新)
2代目スバル フォレスター(2002年3月更新)
初代スバル フォレスター T/tb(1997年4月更新)

 

価格帯&グレード展開

アイサイト装着車は250万9500円~。ターボの「2.0XT」は283万1850円~


2.0自然吸気エンジン(FB20型)

価格はNA(自然吸気)の「2.0i」が208万9500円から、販売を牽引するアイサイト装着車は250万9500円から、ターボの「2.0XT」が283万1850円から。駆動方式は全車AWDで、変速機にはリニアトロニック(CVT)のほか、NAモデルに6速MTを用意している。

スバルによると、初期受注ではアイサイト装着車が全体の86.6%、ターボエンジンを搭載した2.0XTが全体の38.6%を占めたとのこと。

 

2.0ターボエンジン(FA20型)
(photo:富士重工業)

【2.0リッター自然吸気】
■2.0i      208万9500円(6MT/CVT)
■2.0-L      240万4500円(6MT/CVT)
■2.0i-L EyeSight   250万9500円(CVT)
■2.0i-S EyeSight   277万2000円(CVT)

【2.0リッター直噴ターボ】
■2.0XT      283万1850円(CVT)
■2.0XT EyeSight 293万6850円(CVT) ※今回の試乗車

 

パッケージング&スタイル

スタイリッシュなデザインに力強さをプラス


試乗車のボディカラーは一番人気のサテンホワイト・パール(3万1500円高)

初代と2代目フォレスターのデザインは、SUVにしてはコンパクトで、背が低めで、ボクシーだったが、3代目では一転してやや大きく、背が高く、スタイリッシュになった。新しい4代目のデザインもその延長線上にあるが、印象としては男性的でSUVらしさを強めたものに変身。スバルによると、新型のポイントは、Aピラーの付け根が200mm前進したこと、腰から下の「厚み」、そしてタイヤまわりの「踏ん張り感」とのこと。

サイズ拡大は最小限


左フロントの補助ミラーは、ドアミラーにビルトインされてスッキリ

ボディサイズは先代より少し大きくなったが、全幅は1795mmとグローバル向けSUVにしては小さめ。キャビン容積の割に、無駄な張り出しがなく、よく見るとフェンダーアーチのプレスラインは凹面になっている。最小回転半径は先代と同じ5.3メートルで、このクラスでは最も小回りが効くモデルの一つ。

 

先代ターボ車にあったボンネットのインテークは廃止。冷却風はフロントグリルから導入する

最低地上高は220mm。Cd値は0.33で、このクラスのSUVとしてはかなり優秀
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
VW ティグアン 4430 1810-1865 1710 2605 5.7
スバル XV 4450 1780 1550 2640 5.3
マツダ CX-5 4540 1840 1705 2700 5.5
先代(3代目)スバル フォレスター 4560 1780 1675 2615 5.3
新型スバル フォレスター 4595 1795 1695 2640 5.3
 

インテリア&ラゲッジスペース

操作・表示系を機能的に配置。使い勝手を細かく改善


インパネは最近のスバル車に共通する水平基調。Aピラーは前進したが、スバルが伝統的にこだわる視界の良さは確保されている

現行インプレッサと共通のデザインテイストでまとめられたインパネまわり。ダッシュボードはソフトな素材で覆われ、その中央に「マルチファンクションディスプレイ」を配置。ステアリングには、走行モードの切り替えやアイサイト関係など、各種ボタンが手際よく配置されている。

ただ、ナビに関しては、トヨタの通信サービスG-BOOKに対応する高性能SDメモリーナビをメーカーオプションで用意するに留まる。フルセグ地デジの感度が良いのには感心したが、車両との連携は濃くない。

前席アイポイントは先代より40mm上昇。乗降性については、サイドシルの高さを低くして改善。また、ドアでサイドシルを覆い、足が触れても服が汚れにくい構造になった。室内および荷室の広さは、写真でも分かるように十分。不満はないと思う。

 

頭上には運転支援システム「EyeSight」のステレオカメラがある。サンバイザーは内側に延長できる

2.0XTは電動コンビシート(ファブリック×合皮)を標準装備。上位グレードにはシートヒーターが付く
 

5人乗車時の荷室容量は505リッター。後席背もたれを倒すと段差が残るが、意外に違和感なく寝ることができる

後席はややホールド性に乏しいが、広さは不足なし。背もたれの角度はストラップを引いて若干調整できる
 

床下には小物収納スペースが設けられている

床下のさらに下にはテンパースペアタイヤを搭載
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記