Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ボルボ V40 D4

新車試乗記 第769回 ボルボ V40 D4 Volvo V40 D4

(2.0L 直4ディーゼルターボ・8速AT・349万円~)

パワートレイン大再編!
新開発ディーゼル「D4」の
実力をチェック!

2015年09月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

新開発2.0Lディーゼルエンジン「D4」を5車種に導入

2015年7月23日、ボルボ・カー・ジャパンは、販売主力モデルのV40、V40 クロスカントリー、S60、V60、XC60の5車種に、新開発2.0L 4気筒クリーンディーゼルエンジン「D4」を搭載して発売した。日本向けボルボとしては初の“クリーン”ディーゼル車だ。

今回の「D4」エンジン(D4204T)は、中国の吉利(ジーリー)傘下となったボルボが独自に開発したもの。ボルボは現在、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを基本設計が同じ4気筒に統一するというモジュラー戦略を推進中であり、今回のD4はそのディーゼル版の第一弾。例えばD4と新世代の2.0L 直4ガソリンターボ「T5」はほぼ共通のアルミブロックを採用するほか、部品の25%が共通で、50%が類似品、残りの25%が専用品になるという。

デンソー製の直噴システム、アイシンAW製8ATを採用


2.0L 直4ディーゼルターボエンジン「Drive-E D4」。欧州にあるD2、D3はシングルターボだが、これはシーケンシャルツインターボを使う
(photo:Volvo Car Group)

「D4」には、ボルグワーナー製の2ステージターボチャージャー(いわゆるシーケンシャルツインターボ)に加えて、2500bar(気圧)の最高噴射圧と1サイクルあたり2~9回の高精度な燃料噴射を可能にしたデンソー製の高圧インジェクターを備えたコモンレール直噴システム「i-ART (intelligent-Accuracy Refinement Technology)」を採用。クラストップレベルの最高出力190ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮しながら、ユーロ6および日本のポスト新長期排ガス規制をクリアしている。

併せて、D4搭載車やT5搭載車には、アイシンAW製のFF用8速ATも採用された。日本の大手サプライヤーによる最新技術が投入されているのも、今回登場した新世代ボルボで注目すべきポイント。

【外部リンク】
■アイシンAW>製品ラインナップ
■アイシンAW>製品ラインナップ>高容量FF8速オートマチックトランスミッション(AWF8F35)

 
【過去の新車試乗記】
 

価格帯&グレード展開

「T3」は324万円~、「D4」は349万円~


ボルボ V40 (2015年モデル)
(photo:VCJ)

現行V40のパワートレインは今回から完全に新世代に切り替わった。以前は1.6L 直4ガソリンターボの旧「T4」(180ps、240Nm)、2.0L 直5ガソリンターボの旧「T5」(213ps、300Nm)の2種類だったが、昨年の2014年末には2.0L 直4ガソリンターボの新「T5」が導入され、今年7月には「D4」、9月1日には新開発の1.5L 直4ガソリンターボ「T3」が加わり、エンジンは計3種類になった。ちなみにS60/V60には、2.0L直4ガソリンターボの新「T4」(190ps、300Nm)もある。これらの新世代エンジンは全てボアピッチなどが同じアルミブロックを共有する。

同時にトランスミッションも刷新された。V40は従来、全て6速DCT(デュアル クラッチ トランスミッション)だったが、新しいT3はアイシンAW製の6速ATに、D4とT5は同社製の8速ATになった。

装備については、HDDナビや地デジ等は下位グレードでオプション(21万円)、SEやT5では標準になる。他にレザーシート(SEに設定、21万円)、パノラマ・ガラスルーフ(19万円)、歩行者エアバッグ(6万2000円)など。ラインナップは以下の通り。

 

V40 T5 R-Design
(photo:VCC)
■V40
  • T3  324万円  1.5L ガソリン(152ps、250Nm)+6AT
  • T3 SE  374万円  1.5L ガソリン(152ps、250Nm)+6AT
  • D4  349万円   2.0L ディーゼル(190ps、400Nm)+8AT
  • D4 SE  399万円  2.0L ディーゼル(190ps、400Nm)+8AT
  • T5 R-DESIGN  440万円  2.0L ガソリン(245ps、350m)+8AT
 

ボルボ V40 Cross Country (2015年モデル)
(photo:VCJ)
■V40 Cross Country
  • T3  339万円  1.5L ガソリン(152ps、250Nm)+6AT
  • D4  364万円  2.0Lディーゼル(190ps、400Nm)+8AT
  • D4 SE  414万円  2.0L ディーゼル(190ps、400Nm)+8AT
  • T5 AWD SE  419万円  2.0L ガソリン(245ps、350m)+8AT
 

パッケージング&スタイル

外観は従来モデルやガソリン車とほぼ同じ

外観については2年前のデビュー時から目立った変更はなく、ガソリン車との違いもほとんどなし。なのでディーゼルかどうかを見極めるには、テールゲートのバッジを見るか、エンジン音を聞くのが手っ取り早い。

ボディサイズは全長4370mm×全幅1800mm×全高1440mで、ゴルフ7より少し大きく、アウディ A3やレクサス CT200hとほぼ同じ、プリウスやアクセラスポーツより少し小さい、というもの。見た目は明らかにハッチバック車だが、ボルボでは「V(versatility=多用途、多機能)」を名乗るモデルに相応しく、「プレミアム・ショートワゴン」と呼んでいる。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
VW ゴルフ 7(2013~) 4265 1800 1460 2635 5.2
マツダ CX-3 XD(2014~) 4275 1765 1550 2570 5.3
アウディ A3(2013~) 4325 1785 1435~1465 2635 5.1
レクサス CT200h(2011~) 4320~4350 1765 1450~1460 2600 5.0~5.2
ボルボ V40(2013~) 4370 1800 1440 2645 5.2~5.7
トヨタ プリウス (2009~2015) 4460 1745 1490 2700 5.3
マツダ アクセラ スポーツ(2013~) 4460 1795 1470 2700 5.3
ボルボ V60 4635 1865 1480 2775 5.5~5.8
 

インテリア&ラゲッジスペース

インテリアも相変わらず


7インチワイドディスプレイは標準装備。SEやT5ならHDDナビ本体も標準装備になる

内装デザインも従来モデルやガソリン車とほぼ同じ。フリーフローティングセンタースタックと呼ばれる板状センターコンソール(裏側が空洞になっている)も今や見慣れたものだ。D4の場合、エンジン回転計が5000rpm台までしか刻まれていないが、アナログ風メーターが実は液晶パネルゆえ、それはイグニッションをオンにしないと分からない。

 

おなじみフリーフローティングセンタースタック

ナビゲーションシステムのほか、3種類あるグラフィックから好みのものを選べる液晶メーター、オーディオ、空調操作パネルなど、ボルボ独自のインターフェイスは、SENSUS(センサス)と呼ばれる。コントローラーやショートカットキー、ステアリングスイッチ、音声操作などを駆使して操作するものだが、ナビの目的地設定はなかなか難しい。慣れればOKなのだろうか。

 

後席は足もとこそ広いが、天井は低め、背もたれは立ち気味で、姿勢を正して座る感じになる

レザー・パッケージ(21万円)装着車の場合、シートヒーターが備わり、助手席も電動になる
 

後方視界を遮る後席ヘッドレストは、レバー操作で90度折り畳むことができる

オプションのパノラマ・ガラスルーフ(19万円)は、完全遮光タイプの電動シェイド付き
 

上げ底状態なら、倒した背もたれと荷室フロアがフラットにつながる

フロアボードを外せば天地が稼げる。床下にはパンク修理キット
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
クリエイトグループ

ボルボ 最新の試乗記10件

最近の試乗記