Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

新車試乗記 第723回 ホンダ ヴェゼル ハイブリッド Honda Vezel Hybrid

(1.5L 直4+モーター・7速DCT・FF・235万円)


21世紀の都市型SUVは
プレリュードの再来なのか?
いや、HR-Vのリベンジだった!

2014年03月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

スシャリペティ風のクロスオーバーSUV


東京モーターショー2013に出展された時のホンダ ヴェゼル(参考出品車)

2013年11月に開幕した東京モーターショーでお披露目され、12月20日に発売された新型車ヴェゼル(Vezel)は、3代目フィットがベースの小型クロスオーバーSUV。

「センタータンクレイアウト」を採用するプラットフォームはフィット譲りだが、内外装デザインは全く異なり、ボディサイズは二回りほど大きい。ホンダによれば、1980年代に一世を風靡した“スペシャリティモデル”を意識しつつ、SUV、クーペ、ミニバンの要素を融合した全く新しいジャンルのクルマとのこと。車名ヴェゼルは、カットした宝石の小さな面「Bezel」と「Vehicle」を合わせた造語で、宝石の輝きのように「多面的な魅力と価値を持つクルマ」を意味するという。

 

ハイブリッド車には、現行フィットハイブリッドの1.5リッターアトキンソンサイクルエンジン(110ps、13.7kgm)よりもパワーを重視した1.5リッター直噴エンジン(132ps、15.9kgm)に7速DCTを組み合わせた「スポーツ ハイブリッド i-DCD」を採用。モーターと合わせたシステム出力は、フィットハイブリッドの137psから152psに向上している。また、ホンダのハイブリッド車では初の4WDを設定した。JC08モード燃費は、プラグインハイブリッドなどを除くSUVで国内最高の24.2~27.0km/L(4WDは21.6~23.2km/L)を達成している。

また、純エンジン車には、フィットの上級グレードと同じ1.5リッター直4・直噴エンジン(131ps、15.8kgm)とCVT(無段変速機)を採用。こちらにもFFと4WDがあり、JC08モード燃費はFFで19.2~20.6km/L、4WDで19.0km/Lとなっている。

販売目標は月間4000台


2014年12月に開催された名古屋モーターショーに出展されたヴェゼル ハイブリッド

国内向けは、フィットと同じ埼玉製作所の寄居工場で生産。販売目標は月間4000台。累計受注台数は2014年1月31日時点で、目標の8倍以上になる3万3000台を超えた。

ただ、2月10日にはフィットとヴェゼルの両ハイブリッド車に、7速DCTの1速ギアに関するリコール届出があった。販売実績(自販連発表)は、2013年12月:2207台(25位)、2014年1月:6235台(9位)、2月:4257台(22位)となっている。

なお、ヴェゼルはフィット同様、世界中で販売されるグローバルカー。国内からの輸出はなく、海外分は北米、欧州、アジアで生産が行われる。

■過去のニュース
モーターデイズ>ホンダ、新型ヴェゼルを発表(2013年12月)

■過去の新車試乗記
ホンダ フィット ハイブリッド (2013年11月)

■外部リンク
ホンダ公式HP>フィット、VEZELのリコール (2014年2月10日届出)

 

価格帯&グレード展開

純エンジン車が187万円~、ハイブリッドが219万円~


ボディカラーは全8色。写真はハイブリッド専用色のミスティグリーン・パール

1.5リッター直4の純エンジン車(CVT)と1.5リッター直4+モーターのハイブリッド車(7速DCT)があり、それぞれにFFと4WDを設定。価格はガソリン車が187万円~、ハイブリッド車が219万円~。純エンジン車とハイブリッド車は装備が異なるので単純には言えないが、「ハイブリッド代」はだいたい30万円くらいだ。

FFの21万円高(装備差を含む)になる4WD車には、現行CR-V譲りの新開発「リアルタイムAWD」を採用。ホンダ独自の電子制御多板クラッチ式4WDで、完全メカ式のビスカス式や従来のデュアルポンプ式4WDに比べて、制御自由度が高く、走破性が高まっている。

「あんしんパッケージ」は上位グレードに標準装備


エントリーグレードを除いて、最近のホンダ新型車に多い片側2灯LEDヘッドライト(ロービーム)を標準装備

低速域で自動ブレーキを作動させるシティブレーキアクティブシステムや、前席サイド&カーテンエアバッグをセットにした「あんしんパッケージ」は、エントリーグレード(ハイブリッド標準車やガソリン車のG)を除いて標準装備。

プローブデータ機能(インターナビ装着車から収集した交通情報や蓄積データを活用して案内等を行う機能)で定評があるHonda インターナビは全車オプションだが、通信費が3年間無料になるサービス「リンクアップフリー」が付いている。

 

Honda インターナビは、メーカーオプション。フリックなどスマホライクな操作が可能

【ガソリンエンジン車】
・1.5L 直4・直噴DOHC(132ps、15.9kgm)・CVT

■G、X、S(FF)   187万~212万円
■G(4WD)       208万円

【ハイブリッド車】
・1.5L 直4・直噴DOHC(131ps、15.8kgm)・7速DCT

■標準グレード、X、Z(FF)        219万~250万円 ※今回の試乗車
■標準グレード、X、X Lパッケージ(4WD) 240万~268万円

 

パッケージング&スタイル

SUVとクーペのクロスオーバー


試乗車のボディカラーはホワイトオーキッド・パール

「Dynamic Cross Solid」なるデザインコンセプトは、いまいち意味不明だが、要はSUVのような力強いロアボディとクーペ風のアッパーボディを組み合わせたもの。ホンダ自身はヴェゼルを、1980年代に一世を風靡した“スペシャリティ”の再現としており、全高はSUVにしては低めで、ルーフはBMWのX6みたいに後ろでスラント。フロントフェンダーの造形もかなりクーペっぽい。

もっとも、ホンダには北米で以前販売していた大型クロスオーバーSUV「アキュラ ZDX」(2009年~。2013年に販売終了)というモデルがあり、ヴェゼルのスタイリングはそれの小型バージョン風にも見える。

大きく見えて、意外にコンパクト

 

リアドアのアウターハンドルは、流行りのCピラー内蔵式で、2ドアクーペ風に見せる

全長4.3メートル、全幅1770mmのボディサイズは、フィットより二回りは大きく、ホイールベースは80mmも長い。全高を除けばゴルフ7と同じくらい。SUVにしてはロー&ワイドゆえ、遠くから見ると実寸以上に大きく立派に見える。国内でのライバル車は、日産ジューク、デュアリスあたりだが、スバル XV ハイブリッド、ゴルフ7、MINI クロスオーバー、マツダ CX-5あたりとも競合するかも。

 

アキュラ ZDX (2009年)
(photo:Honda)

アキュラ ZDX (2009年)
(photo:Honda)

最低地上高は185mm(FF)/170mm(4WD)。フィット(135/150mm)より20~50mm高い
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転半径(m)
ホンダ フィット ハイブリッド(2013~) 3955 1695 1525 2530 4.9~5.2
トヨタ アクア (2011~) 3995 1695 1445 2550 4.8~5.7
日産 ジューク (2010~) 4135 1765 1565 2530 5.3
VW ゴルフ 7(2013~) 4265 1800 1460 2635 5.2
ホンダ ヴェゼル (2013~) 4295 1770 1605 2610 5.3
スバル XV ハイブリッド(2013~) 4450 1780 1550 2640 5.3
トヨタ プリウス (2009~) 4460 1745 1490 2700 5.3
マツダ CX-5(2012-) 4540 1840 1705 2700 5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

前席はスペシャリティ風。後席と荷室はフィット並みに実用的


タッチパネル式のオートエアコンは全車標準。助手席側ダッシュ前には、横長の吹き出し口、その名も「ワイドフローエアコン」を配置

アイポイントは一般的なセダンより約100mm、フィットより約60mm高いそうだが、内装もやはりスペシャリティ風。センタークラスターは運転席を向いて斜めになり、運転席と助手席の間に架かる「ハイデッキセンターコンソール」はS2000風でもある。

また、ドアトリムをソフトなクロス張りにしたり、センターコンソールの表皮をソフトパッドにするなど、触感にも配慮。また、国内向けホンダ車ではエリシオンの改良型以来という電動パーキングブレーキ(オートブレーキホールド機能付)も採用されている。フィットベースであることを窺わせるものは、ほぼ皆無。

一方で後席は、外観から想像されるより広々。ホイールベースは現行フィットより80mmも長く、ゴルフ並みにあるので、フットルームもヘッドルームも十分。そして荷室も広い。駆動用バッテリーの存在を感じさせないパッケージングは見事。

 

サイドウインドウは小さめだが、後席の広さは不満なし。つま先は前席下に入り、若干のリクライニング調整も可能。チップアップ(座面の跳ね上げ)もできる

前席下には燃料タンクがあるが、ドライビングポジションは自然。チルト/テレスコ、ラチェット式シートリフターは全車標準

ハイデッキセンターコンソールの中は、収納スペース(LED照明やHDMI端子付き)。後方には大型のドリンクホルダーが備わる
 

荷室容量は404リッターで、Cセグワゴン並み。後席使用時でもゴルフバッグを3個積めるとのこと

後席をダイブダウンすればフラットに。荷室高は約83センチで、前輪を外したスポーツ自転車を立てた状態で2台積める

ハイブリッドの荷室フロア後端には、ちょっとした床下収納スペース。そこから前には駆動用バッテリーが収まる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
Honda Cars 東海・岐阜中央

最近の試乗記