Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > ジャガー XE

新車試乗記 第773回 ジャガー XE Jaguar XE

(2.0L 直4ガソリンターボ・8速AT・477万円~)

アルミボディに身を包み、
ジャガーが再び
Dセグに挑む!

2015年10月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

アルミ製モノコックの最小・最軽量ジャガーサルーン


ジャガー XE (写真はXE S)
(photo:JLR)

「XE」は、ジャガーが新たにDセグメントに投入する新型4ドアセダン。2014年9月8日にロンドン・アールズコートでデビューし、同年10月にパリ・モーターショーで詳細を発表。日本でもほぼ同時に予約受付が始まり、デリバリー自体は2015年9月頃から本格的に始まっている。

 

XEのアルミモノコックボディ
(photo:JLR)

間接的にはXタイプ(2001~2009年)の後継モデルだが、Xタイプがフォード傘下において、フォード モンデオとFF(前輪駆動)ベースのプラットフォームを共有したのに対し、XEは現在タタ傘下にあるジャガー・ランドローバーが独自開発した軽量モノコックボディ(重量比で75%以上にアルミ合金を使用)のFRモデルに進化。ジャガーの4ドアセダンで史上最軽量を謳う。

その軽量ボディは、ジャガー・ランドローバーが新開発したアルミ合金製の軽量モジュール車体構造によるもの。このモジュールはXEを皮切りに、2015年9月のフランクフルトショーで発表されたジャガー初のSUV「F-Pace」、そして2016年モデルの次期XFにも採用される。

日本向けジャガーで初のディーゼル車も


新開発の2.0Lディーゼルターボ「インジニウム」エンジン。日本には2016年から導入予定
(photo:JLR)

ガソリンエンジンについては、現行ジャガー(XF、XJ)やランドローバー(イヴォークなど)にも採用されているフォード由来の2.0L直噴ターボエンジンや、Fタイプ等と同じ自製の3.0L V6スーパーチャージャーエンジンを採用する。

注目は新開発のディーゼル。ジャガー・ランドローバーが開発した2.0L「Ingenium(インジニウム) 」ディーゼルターボは、尿素SCRでNoxを還元してユーロ6をクリアするもので、日本でも2016年から導入される予定。日本向けジャガーでは初のディーゼル車になる。

さらにガソリンエンジンについても、ディーゼルのインジニウムと基本設計を共有するガソリン版を開発中で、そちらは2016年に生産が始まる予定。

 

ジャガー F-PACE。2013年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「C-X17」の市販版で、2015年の同ショーで発表された
(photo:JLR)

XEの生産(ボディ製造・最終組立)は、英国ウェストミッドランズ州ソリハルにあるジャガー・ランドローバー工場内の新施設で行われる。また、新世代「インジニウム」エンジンは、同州ウルヴァーハンプトンの新エンジン工場で生産される。

【外部リンク】
ジャガー>F-Pace
ジャガー>XF

 

価格帯&グレード展開

477万円からスタート


初期導入モデルのXE ファースト エディション
(photo:JLR)

2015年6月に受注が始まった日本向けカタログモデルは、ガソリン車が4グレード、ディーゼル車が3グレードの計7グレード。ミッションは全てZF製の8速ATになる(欧州仕様には一部に6MTもある)。

ガソリン車は、2.0L直4ターボの200ps版(PureとPrestige)、240ps版(Portfolio)、そして340psの3.0L V6スーパーチャージャー(S)の3種類。なお、初期導入車は、Prestigeがベースの「First Edition」(558万8000円、限定400台)、そしてファブリックシートのPureをベースにした「Advantage Edition」(488万円、限定200台)が主力になる。

ディーゼルの2.0L 直4ターボモデルは、2016年1月に上陸する予定。

 

■2.0L 直4ガソリン・ターボ・8AT
・Pure (200ps、320Nm) 477万円
・Advantage Edition ( ↑ )  488万円 ※限定200台
・Prestige ( ↑ )  515万円
・First Edition ( ↑ )  558万8000円 ※限定400台
・Portfolio (240ps、340Nm) 642万円

■3.0L V6ガソリン・スーパーチャージャー・8AT
・S (340ps、450Nm)  769万円

■2.0L 直4ディーゼル・ターボ・8AT
・Pure (180ps ※) 497万円
・Prestige ( ↑ ) 535万円
・R-Sport ( ↑ ) 549万円
 ※欧州仕様

 

パッケージング&スタイル

軽量アルミボディの4ドアクーペスタイル


フロントは“J”の字を描く「Jブレード」ランニング・ライトがポイント

XEのデザインを手がけたのは、フォード出身の英国人で1999年からジャガーのデザインディレクターを務めるイアン・カラム。外観はロングノーズ、ロングホイールベース、ショートデッキ、ロー&ワイドの4ドアクーペ風。個性やインパクトは控えめながら、滑らかな線と面で構成されたスタイルは無駄がなくて美しい。Cd値はジャガー史上最高の0.26とのこと。

前述の通り、ボディは75%以上がアルミニウム合金製。XJやFタイプのような“オールアルミ”ではないが、いわゆるハイブリッドボディ(アルミ・スチールの混成)のライバル車よりアルミ使用率は段違いで高い。

大きさはライバル車と互角

ボディサイズは、全長4680mm×全幅1850mm×全高1415mm、ホイールベース2835mm。3シリーズより一回り大きく、ISやCクラスと比べると全長は同等ながら、全幅は40mmほどワイド。ドイツで先日発表された次期A4(B9型)とは、ほぼ同等。

ちなみに2016年モデルの次期XFは、全長がほぼ5m(4954mm)、全幅はほぼ2m(1987mm)と、XEより一回り以上大きい。その上には、フラッグシップのXJがある。

 

こちらは次期XF
(photo:JLR)
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最小回転
半径(m)
BMW 3シリーズ(2012~) 4625 1800 1440 2810 5.4
レクサス IS(2013~) 4665 1810 1430~1460 2800 5.2
ジャガー XE (2015~) 4680 1850 1415 2835 5.5
メルセデス・ベンツ Cクラス(W205型、2014~) 4690~4715 1810 1435 2840 5.1
アウディ A4 (B8型、2008~) 4705~4730 1825 1420~1440 2810 5.5
アウディ A4 (B9型、2016~) 4730 1840 1430 2820
日産 スカイライン (2014~) 4790~4800 1820 1450 2850 5.6~5.7
トヨタ クラウン (2012~) 4895 1800 1450~1460 2850 5.2
ジャガー XF(2016~) 4954 1987 1457 2960 5.8
ジャガー XJ(2010~) 5135~5260 1900 1455 3030~3155 5.8~6.0
 

インテリア&ラゲッジスペース

英国製スーツのように


大きく弧を描いたダッシュボードの深いえぐれが印象的。センターコンソールにはロータリー式ドライブセレクターが陣取る

イアン・カラム自身、スポーティなスタイリングをタイトなパッケージングで実現した、と説明するように、XEのキャビンは広さよりスタイリング、そしてクルマとの一体感を重視したもの。室内幅は「ひょっとして軽自動車並み?」と思えるタイトで、左右ドアからダッシュボードにかけては、深くえぐれた形状が弧を描いて前席を囲み、そのタイト感をいっそう強調する。天井もクーペのように低い。

しかし少なくとも前席に関しては、不思議と圧迫感はそれほどない。ファッション誌風に言えば、まるで英国製スーツのように乗員の体にフィットする。

 

8インチ・タッチスクリーンは全車標準。試乗車には前後左右のカメラによる「サラウンドカメラシステム(360度ビュー)」も装備

フロントシートはチルト/テレスコも含めて全て電動で調整可
 

座ってしまえば意外に快適

後席は天井が低く、特に側頭部には若干の圧迫感がある。ただし厚みのある座面クッションが太ももをしっかり支え、フットルームも広く(前席下に足首から先がすっぽり入る)、背もたれの角度も適切なので、座り心地は悪くない。一つ気になるのは、乗り込む際に頭をかなり意識して屈めないと、ルーフに当たってしまうこと。

 

トランク容積は450L(スペアタイヤあり)/455L(同なし)。トランクスルーはジャガー初の3分割(40:20:40)

アルミホイール付の応急スペアタイヤを搭載。その下に補機用バッテリーが収まる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

最近の試乗記