Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル XV ハイブリッド 2.0i-L

新車試乗記 第705回 スバル XV ハイブリッド 2.0i-L Subaru XV Hybrid 2.0i-L

(2.0L F4+モーター・4WD・267万7500円)

水平対向エンジンに
モーターをドッキング。
スバル初のハイブリッド登場!

2013年08月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

スバル初のハイブリッド車


スバル XV ハイブリッド
(photo:富士重工業)

XVは、インプレッサがベースのクロスオーバーSUV。現行モデルは2代目で、通常のガソリン車は2012年10月に発売されている。今回試乗したのは、そのハイブリッド版の「XV ハイブリッド」。スバル初のハイブリッド車として、2013年6月24日に発売された。

ハイブリッドシステムは、スバルが独自で開発したもので、ベース車の2リッター水平対向4気筒エンジン、CVT(無段変速機)、4WDシステムはほぼそのままに、駆動用モーターやニッケル水素バッテリーなどを追加したもの。モーター出力は13.6ps(10kW)と小さいが、モーターだけでの発進・走行(EV走行)が可能で、JC08モード燃費はベース車(15.8km/L)を約27%上回る20.0km/Lを達成している。

専用開発のアイサイト装着車も用意


エンジン、CVT、4WDシステムはほぼそのまま。モーターはCVTの後端にあり、荷室床下にニッケル水素電池を搭載する
(photo:富士重工業)

XV ハイブリッドでは燃費だけでなく、XVのトップグレードとして乗り心地、静粛性、ハンドリング性能も追求されている。スバル独自のシンメトリカルAWDレイアウト(パワートレインの構造が左右対称)は、ハイブリッドでも踏襲されている。

また、ステレオカメラで前方を監視し、警告やブレーキ制御などを行うアイサイトも用意。XV ハイブリッド用のアイサイトは新開発のECOクルーズコントロールを備え、全車速追従機能付クルーズコントロール使用時にEV走行を積極的に利用する制御を行う。

販売計画台数(月間)はインプレッサの2200台、XV(純ガソリン車)の1000台に対して、550台。受注は発売2週間で目標の10倍を超える5580台となり、増産体制にはなったようだが、8月現時点で注文しても納期は来年3月になるとのこと。

■過去の新車試乗記
スバル XV 2.0i-L アイサイト (2012年12月更新)

価格帯&グレード展開

ガソリン車の約30万円アップで、249万9000円から


今回試乗したXV ハイブリッド。デカールはもちろん非売品で、ルーフレールは全車オプション

ガソリン車同様、エンジンは全て2リッター水平対向4気筒NA(150ps、20.0kgm)で、ミッションはリニアトロニックCVT(無段変速機)、駆動方式はスバル独自の電子制御4WD(アクティブトルクスプリットAWD)になる。

グレード設定もガソリン車と同じで、標準の「2.0i」、HIDロービームや電動アルカンターラシートを備えた「2.0i-L」、さらにアイサイトを装着した「2.0i-L アイサイト」の3段階。価格はガソリン車より約30万円高い249万9000円からスタートする。初期受注の9割以上をアイサイト装着車が占める。

■XV ハイブリッド 2.0i      249万9000円
■XV ハイブリッド 2.0i-L     267万7500円 ※今回の試乗車

■XV ハイブリッド 2.0i-L EyeSight  278万2500円

 

パッケージング&スタイル

人気のワケは、カッコよさ

外観はガソリン車とほぼ同じ。ガソリン車の販売も好調なXVだが、最大の要因は間違いなくこのスタイリング。最低地上高をインプレッサ比で55mm高い200mmとし、大径タイヤ(225/55R17)と樹脂製クラッディングを装着したスタイルはなかなか精悍で、スバル車と言わず、最近の日本車の中でも出色の出来。いわゆる戦隊物のカッコ良さ。

ライト類やアルミホイールはハイブリッド専用


ルーフレールは全車オプション。装着車は全高が+45mmの1595mmになる

ボディカラーは全9色で、ガソリン車にあるディープチェリー・パールの代わりに、ハイブリッド専用色のプラズマグリーン・パール(試乗車)が加わる。他にハイブリッド専用となる部分は、クリアブルーのインナーレンズとホワイトバルブを組み合わせたフロントのポジションランプ、アウターレンズをクリア化して赤く光る部分をフロントのポジションランプと同じU字型に変更したリアコンビランプ、空力性能に配慮したという専用デザインのアルミホイールなど。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最低地上高
(mm)
最小回転半径
(m)
VW ゴルフ 7 (2013-) 4265 1800 1460 2635 140 5.2
スバル インプレッサ スポーツ(2011-) 4415 1740 1465 2645 145 5.3
スバル XV シリーズ(2012-) 4450 1780 1550 2640 200 5.3
BMW X1(2010-) 4485-4505 1800 1545 2760 195 5.3-5.5
スバル フォレスター(2012-) 4595 1795 1695 2640 220 5.3
スバル レガシィ アウトバック(2009-) 4790 1820 1605 2745 200 5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

ハイブリッド専用メーターやシート地、エネルギーモニターなどを採用


ブルーメーターが目を引くハイブリッドのインパネ。オーディオ・ナビは全車オプション

インパネはガソリン車をベースに、メーターをハイブリッド専用のブルー基調としたほか、ダッシュボード中央の情報ディスプレイに、ハイブリッド車でお約束のエネルギーフロー画面を追加。細かいところでは、ステアリング中央の六連星バッジも明るいブルー基調としている。

また、XVのトップグレードにふさわしく、質感もアップ。シフトレバーにピアノブラック調パネルやシフトブーツを採用したほか、パドルシフトを全車標準化。上級グレード(2.0i-L)では、専用カラー(シルバーとあるが、むしろライトグレー)のアルカンターラ&トリコット地シート(ガソリン車と違って助手席も電動)が採用されている。

 

ダッシュ中央のディスプレイにはエネルギーフロー画面のほか、燃費・車両情報、AWDシステムやVDCの作動状況などを表示できる

ガソリン車のメーターは黒の盤面+白レタリングだが、ハイブリッドはブルー基調。「READY」「EV」といった表示も追加

「2.0i-L」では8ウェイ電動シートを運転席と助手席に装備。座面の角度を大きく動かせるのがイイ
 

荷室容量はガソリン車と大差なし。床下に駆動用バッテリーを搭載


後席は空間、座り心地ともに不満なし。ドリンクホルダー付のアームレストも備わる

今回あらためてXVで思ったのは、フロアが通常より高い分、降りる時に地面が少し遠く感じられること。足腰が弱った高齢者や小柄な人はちょっと不便かも。ただ、ドア開口部が広く、サイドシルも低めなので、足が引っかかるようなことはない。

駆動用バッテリーをどこかに積まなくてはいけないハイブリッド車にあって、荷室容量はガソリン車と大差ないレベルを確保。バッテリーはニッケル水素(パナソニック製)だが、XV ハイブリッドの場合、電池の搭載量が少ないせいもあり(容量は5.5Ah)、見た目はほとんどガソリン車と変わらない。

 

床が約3センチ上がり、荷室容量(後席使用時)はガソリン車の380リッターに対して344リッターに微減

床下には駆動用バッテリーやPCU、インバーター等が収まる。パンク修理キットは助手席下に引っ越し

後席は、背もたれを倒すだけのシングルフォールディングで格納可能。ほぼ水平に倒れる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記