Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > 新車試乗記 > スバル XV 2.0i-L アイサイト

新車試乗記 第679回 スバル XV 2.0i-L アイサイト Subaru XV 2.0i-L EyeSight

(2.0L 水平対向4気筒・CVT・246万7500円)

アイサイトを得た
アーバンSUVは、
アンゼン性能で勝負する!


  

2012年12月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 

キャラクター&開発コンセプト

4代目インプレッサがベースのクロスオーバーSUV


新型スバル XV 2.0i-L EyeSight
(photo:富士重工業)

スバルの「XV」は、インプレッサがベースのクロスオーバーSUV。3代目インプレッサ(2007~2011年)がベースの初代XVは、2010年6月に登場。今回とりあげる2代目は、2011年末に発売された4代目インプレッサがベースで、2012年9月25日に発表、10月5日に発売された。

海外専用車のトライベッカを除けば、XVはスバルにとって、アウトバック、フォレスターに続く3番目のクロスオーバーSUV。車名「XV」の由来は、X(クロスオーバー)+V(ヴィークル)とストレートで、商品コンセプトは「アーバン・アドベンチャー」。あくまでも都市型クロスオーバーSUVという位置づけになる。

なお、富士重工業のプレスリリース等では「インプレッサ XV」と表記されているが、カタログや広告媒体等では単に「XV」と表記されるため、ここでは後者で統一する。

生産はこれまで通り群馬製作所(群馬県太田市)。販売目標はインプレッサの月間2200台に対して、1000台だが、発表後1ヶ月間の受注台数(10月28日まで)は、その約4倍の4277台となるなど出足は好調。

価格帯&グレード展開

アイサイト装着車は246万7500円


中間グレードの「2.0i-L」。ボディカラーは人気のサテンホワイト・パール
(photo:富士重工業)

全車2リッター自然吸気の水平対向4気筒エンジン、CVT、AWDの組み合わせで、装備・仕様によって、3グレードを設定。初期受注の一番人気はアイサイト(実質、10万5000円)を標準装備する「2.0i-L アイサイト」で、全体の82.3%を占める。オーディオ、ルーフレール(4万2000円)、サイド&カーテンエアバッグ(6万3000円)は全車オプション。

■2.0i        219万4500円
■2.0i-L       236万2500円
■2.0i-L EyeSight  246万7500円 ★今回の試乗車

ボディカラーは全9色と豊富。初期受注の一番人気はサテンホワイト・パール(26.7%)で、2番目が試乗車のタンジェリンオレンジ・パール(16.5%)、3番目がデザートカーキ(13.5%)。日本車では珍しく、個性的な色が上位に入っている。

パッケージング&スタイル

最低地上高をアップし、大径タイヤ&クラッディングを装着

インプレッサ スポーツをベースに、最低地上高を55mm増やして200mmとし、225/55R17の大径タイヤと専用アルミホイールを装着。さらに専用バンパーと黒い樹脂製「クラッディング」を装着した、というのが新型XVの成り立ち。中でもブラック仕上げのアルミホイールが妙にカッコいい。なお、新型インプレッサとXVは、2012年度のグッドデザイン賞を受賞している。

 

ボディサイズは、全長4450mm×全幅1780mm×全高1550mm。最低地上高が200mmもあるのに、機械式立体駐車場に入るのがポイント。ただしオプションのルーフレールを装着すると全高が1595mmになるので、アーバンライフを送る方は要注意。

 
 
    全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) WB(mm) 最低地上高
(mm)
最小回転半径
(m)
MINI クーパーS
クロスオーバー ALL4
4120 1790 1550 2595 5.8
スバル インプレッサ スポーツ 4415 1740 1465 2645 145 5.3
スバル XV 4450 1780 1550 2640 200 5.3
BMW X1 4485 1800 1545 2760 195 5.3
スバル フォレスター(新型) 4595 1795 1695 2640 220 5.3
スバル レガシィ アウトバック 4790 1820 1605 2745 200 5.5
 

インテリア&ラゲッジスペース

質感、空間、装備、特に問題なし


試乗車のHDDナビは販売店オプションで、オーディオ用のステアリングスイッチが無いのが少し不便

インテリアは基本的に現行インプレッサと同じもの。新型フォレスターもそうだが、黒基調のソフトパッド樹脂にメタル調の加飾パネルを組み合わせたインパネは、デザイン的には特に変哲ないが、質感は従来スバル車と比べてグッと高まっている印象。

上級グレードでは、ダッシュボード中央に多機能情報カラーディスプレイのMFD(マルチ ファンクション ディスプレイ)を配置。ここには各種燃費情報の他、アイサイトによる各種警告、AWDシステムやVDCの作動画面、全車速追従機能付クルーズコントロールの設定画面などが表示される。

 

ステアリングのスポーク部にはアイサイトの操作スイッチが備わる。情報ディスプレイ操作ボタンはステアリング左下

室内空間は、後席を含めて全く不足なし。乗降性に関しては、最低地上高が高まった分、シート座面も高まったため、降りる時には少し地面が遠くなった印象だが、これは無意識に一般的なハッチバック車のような感覚で降りようとするせいかも。サイドシル自体は低いので、ほとんど人は自然に乗り降りできると思う。

 

パーキングブレーキは手動式。シフトレバー後方にS(スポーツ)ボタンが備わる

マルチファンクションディスプレイは全車標準
 

後席の座り心地はよく、足元は広々。アームレストにドリンクホルダーを配置

「2.0i-L」グレードは運転席のみ8ウエイの電動。チルト/テレスコも可
 

荷室は380リッターの大容量。背もたれを畳んだ時の奥行きは約1.7メートルで、大人でも斜めになれば横になれる

スペアタイヤはなく、床下にはパンク修理キット、ジャッキ等の工具、小物収納スペース
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • mixiチェック
 
 
 
名古屋スバル自動車

最近の試乗記