Published by DAYS since 1997 from Nagoya,Japan. 名古屋から全国に発信する新車試乗記や不定期コラム、クルマ情報サイト

ホーム > MOTOR DAYS ピックアップニュース > スズキがインドネシアで多目的車「APV」を生産開始

スズキがインドネシアで多目的車「APV」を生産開始

カテゴリ:クルマ関連ニュース / 2004年07月23日

 
 

スズキはインドネシアの子会社「インドモービル・スズキ・インターナショナル社」(ISI社)で、多目的車「APV」を2004年8月から生産開始し、9月からインドネシア国内で販売すると7月23日に発表した。年間7万台を生産し、インドネシア国内をはじめ、アセアン諸国など世界各国に輸出する予定の世界戦略車だ。

「APV」は、主にファミリー層をターゲットにした7~8人乗りのミニバンや商用バン、ピックアップトラックをバリエーションに持つ多目的車。従来の現地生産車キャリーバン/ピックアップ(普通車サイズであり、日本の軽自動車とは異なる)に代わるモデルと見られ、プラットフォームやデザインは新規開発。部品の調達率はアセアン域内で約7割として生産コストを抑え、低価格を実現したという。

全長4155mm×全幅1655mm(バン仕様)とコンパクトなサイズながら、8人乗車が可能。日本ではファミリーカーのスライドドア化が進むが、APVは逆に「乗用車感覚を追求」してスイングタイプのドアを採用する。

最低地上高が175mmと高めなのは「未舗装路での走行や洪水などの水害等」を想定したため。エアインテークも高い位置に配置した。気温の高い地域に合わせて、エアコンの性能やラジエーターの耐熱性も高めたという。エンジンは1.5/1.6リッターの16バルブSOHC直列4気筒を搭載する。

http://www.suzuki.co.jp/